TOP > iPhone > title - 2016年上半期で導入したアプリベスト15選

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

2016年上半期で導入したアプリベスト15選

2016071100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
2016年になってから早くも半年が過ぎてしまいました。この半年間は、自分の中でもかなりチャレンジングに様々なアプリを試してみました。その中でも現在も現役で使っており、これはオススメできるというアプリを15セレクトしてみました。


  
【 2016年上半期で導入したアプリベスト15選 】  

 1.画像系アプリ

 2.ライフログ系

 3.ツール系







checkmark.png  1.画像系

Instaflash Pro
このアプリを使用してからというものの、標準の写真アプリやその他の写真アプリで写真の調節を行わなくなってしまいました。これ一本さえあれば、他のアプリはいらないというぐらい、すごいやつなのです。ほぼ思い通りの写真に仕上がるので、他のレタッチ系アプリは使わなくなってしまいました。このアプリについては、近いうちに取り上げようかな?





Phonto
このアプリは、文字入れアプリとして以前紹介しました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

依然として、文字入れアプリとしては、非常に使い勝手がよく、かなりの頻度で使っています。情報管理のアイキャッチをこれで作成することもあります。とにかく収録されている日本語フォントが多く、それだけでも十分魅力的なのですが、文字調整なども柔軟で、手放せないアプリですね。




PERSTEXT
こちらも文字入れアプリになります。ついこの間導入したばかりなのですが、何というかカッコいい文字入れをしたければ、これでOK!という感じです。例えば、こんな感じで文字を入れることができるのです。

2016071101.png

ただし、ちょっと高度なことをしようとすると、課金しなくてはいけないのが、玉にきず。




バッチリサイズ2
あとで触れますが、Olympus PEN Lite E-PL6を買ってからというもの、高画質な写真をどんどんiPhoneに取り込むことが多く、容量を圧迫しがちでした。そこで、以前から使っていたバッチリサイズをアップデートして2の方を入れることに。
2の方は、なんとアプリ上で写真を消すことができるようになったのでした。これで、リサイズした後に、いちいち元サイズの写真を探さずに済むようになりました。神アップデートですね。
バッチリ+サイズ、バッチ+リサイズの掛詞だったのね!今気づいた!





Create
作図アプリです。なかなかできることが多く、まだ使いこなしているという段階ではありませんが、図形の部品を組み合わせたりすることで、かなり表現できます。
ぱっと、転用可能な図形を作図するのにとても助かっています。





Ol.Share
FlashAirをOlympus PEN Lite E-PL6に入れることで、いつでも写真をiPhoneに入れることができるようになりました。自分の中では、FlashAir公式のアプリより使い勝手が良いので、オリンパス公式の方のアプリを使っています。
これの何が良いって、リサイズして転送してくれるのですよ。





InstantX
夜景や花火を撮影したりするためのアプリです。シャッター速度を何秒も開放下感じで撮影してくれるので、きちんと固定すればキレイに撮れます。このアプリの優れているところは、開放時間を指定できるところなんですよね。
ライトアートなんかで遊ぶこともできますよ。



ライトアートって何?という人は、こちらの動画を観てみると分かります。





MSQRD
こんな感じの写真や動画を撮影できるおバカ系アプリです。これをリアルタイムに合成してくれるのですから、なかなか高性能ですよね?飲み会の席などでやったら、けっこうウケます。

2016071102.jpg





Camera Plus
このアプリは、Bluetoothで2つのデバイスをつなげて、遠隔操作で撮影できるアプリです。集合写真などを撮影するのに最適ですよ!これは、何気にスゴ技アプリだと思います。








checkmark.png 2.ライフログ系

Day One2
先日、情報管理LOGで全自動日記の記事で取り上げたばかりのアプリです。この全自動日記は、まったく自分の手間がかからず、自動で日記(ログ)が蓄積されていくので、快適ですよ!

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

というわけで、Day One2のUIは、なかなか見やすくて美しいうえに、けっこう高機能なので、IFTTTとの全自動化とも併せてオススメですよ。









checkmark.png 3.ツール系

Hand Flowy
Workflowyというアウトラインツールを見違えるほどに使い勝手良くするためのアプリです。Workflowyは便利なんだけど、iPhoneやiPadでやるには、ちょっと操作性が悪いので、そういうもどかしさをほぼ払拭してくれます。アドオンも追加できるので、自分仕様にカスタマイズできるのも好感触。







Tap2 Search
こちらも先日、情報管理LOGで取り上げたアプリです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

このアプリは、文字選択さえできれば、どこからでも画面遷移なしで検索できてしまうアプリです。Web閲覧中だろうが、文字打ち中だろうが、いつでも検索をサクッとできるので、手放せなくなりました。こういう小粒だけど、パンチの効いたの好きだな。





myThings
Yahoo!版IFTTTとでも言うべき様々なサービスを連携させることができる自動化アプリです。少し前までは、食わず嫌いをしていたのですが、実際使ってみると案外良かったという…。IFTTTでカバーできない日本系のサービスなどがあるので、そういうのを利用するのに使っています。これ、IFTTTと同じようにWebアプリ化しないかな?








checkmark.png 4.SNS・コミュニケーション系

Nuzzle
Twitterで話題になっているリンクなどを分かりやすくまとめてくれるアプリです。下手なキュレーションアプリを使うよりもずっといいかも。自分がフォローしている人が、どんなことを話題にしているのか見逃さなくなりました。





Push7
これは、どちらかというとサイト運営社やブログをやっている人向けのサービスです。サイトの更新などをスマホなどに通知してくれるアプリです。これ便利なんですよ!ぜひ、様々なサイトでも実装してくれないかな?
ちなみに、情報管理LOGでは、実装していますので、ぜひ登録してみて感触をつかんでみてください。

Push7 | Webサイト運営者のための、Webプッシュ通知サービス
Push7 | Webサイト運営者のための、Webプッシュ通知サービス










eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 アプリが手になじむまで

どんどんアプリを入れ替えていく人がいますが、私は実はそれほどでもないです。実際に入れてみて、自分の手や感覚が慣れるまで使ってみるのです。一定の期間継続して使ってみて、それで合わなければ「自分には合わなかった」と消すようにしています。結局は、ツールなので、どんなに「便利です!」と謳っていても、自分の手になじまなければ意味がないのです。
とはいえ、この半年ぐらいは、一番最初にも書きましたが、色々チャレンジングにアプリを試してみました。おかげでかなりの数を入れましたが、結局残ったのは、上に書いたアプリぐらいでした。


上で紹介したHandy Flowyは、アウトラインエディタと呼ばれるものなのですが、その考え方や活用の仕方について分かりやすく書いてある本が、この「アウトライン・プロセッシング入門」です。目から鱗が、ポロポロ落ちますよ。



そして、その続刊がとうとう出ました!
アウトライナー実践入門」です。これは、さらにアウトライナーを実際にどのように使うべきかという実践的な面をだけではなく、その理論的な裏付けなども書かれています。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/639-96d6f0b7
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG