TOP > 整理術 > title - デスクトップをアイコン3つにする方法

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

デスクトップをアイコン3つにする方法

2009021101


みなさんのデスクトップは、スッキリしていますか?

よくデスクトップの上が、アイコンだらけになっている人を見かけます。仕事が散乱して探しにくいだけでなく、デスクトップを再描画するたびにメモリを食うなど、良いことはあまりありません。実際の机の上と同じように、必要最低限のものがあるだけの方が、気持ちよく仕事ができるというものです。

そこで提唱したいのは、デスクトップアイコンを3つにすることです。

その3つのアイコンは、
 ・コンピュータ
 ・ゴミ箱
 ・Boxフォルダ(一時保管箱で名称は任意に)
たったこれだけです。
では、どのようにデスクトップからアイコンを一掃するかを説明します。


デスクトップアイコンを3つにする方法】

 1.データ類は、他のドライブへコピーして削除
 2.よく使うアプリのショートカットは、クイック起動に登録して削除
 3.あまり使わないアプリのショートカットは、Boxフォルダへ
 4.カスタマイズソフトを用いてIEのアイコンを非表示



1.データ類は、他のドライブへコピーして削除
20090201103
まず、デスクトップの上に散らばっているアイコンのうち、データ類があれば、全てデスクトップ以外の場所にコピーしてしまいます。パテ-ションを切っているのであれば、DドライブなどC以外のドライブに入れます。それらの整理法もありますが、今回はデスクトップを整理するのが目的なので割愛します。また、いらないデータ類は、即ゴミ箱行きにします。


2.よく使うアプリのショートカットは、クイック起動に登録して削除
2009021102

次にアプリ関連のショートカットを片付けていきます。ソフトをインストールすると自動的にできてしまったりするので、放っておくといつの間にかアイコンだらけになってしまいます。
そこで、そのうちよく使うアプリに関しては、クイック起動に登録しましょう。ただし、本当によく使うアプリだけにしてください。登録したらそれもデスクトップから消してしまいましょう。


3.あまり使わないアプリのショートカットは、Boxフォルダへ
では、あまり使わないアプリのショートカットは、どうすべきかというとBoxフォルダに入れてしまいます。このBoxフォルダとは、一時保管箱的に使うフォルダです。どうしても移動するのが難しいデータやダウンロードしたファイルなどは、全てこのBoxフォルダに入れてしまいます。このBoxフォルダの中身は、定期的に点検して、移動させたり削除したりします。あくまで一時保管です。
さて、あまり使わないアプリのショートカットは、このBoxフォルダに入れるわけですが、ただ入れるのではなく、このBoxフォルダの中に「Shortcut」というフォルダを作成し、その中に入れておきます。そうすることで、データとの区別を図ります。
このShortcutは、あとで活用しますが、今回は活用法については割愛します。後日、これについては書きます。


4.カスタマイズソフトを用いてIEのアイコンを非表示
ここまでくれば、あともう一歩です。
この時点でデスクトップには、以下のアイコンしか残されていないはずです。
 ・コンピュータ
 ・ごみ箱
 ・インターネットエクスプローラ(以下IE)
 ・Boxフォルダ

もしも、これ以外のフォルダがあるならば、もう一度1~3に戻って削除してください。
IE自体は、OSからは削除できないので、アイコンを非表示にするには、デスクトップの設定からIEを非表示にします(XPのみ)。ただし、Vistaの場合は、カスタマイズソフトなどを使用して非表示にします。メーカー製のPCは、IEが標準で表示されているので、面倒なのです。

Windowsスマートチューニング

さて、デスクトップはスッキリしましたか?
さらに数を減らすこともできますが、逆に使い勝手が悪くなるような気がするので、3つでも十分かと思います。きれいに片付くと気持ちいいですよね?

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/64-06d650d1
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG