TOP > iPhone > title - はてなブックマークアプリに「まわりの話題」が追加!これでTwitterの話題に乗り遅れないぞ!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

はてなブックマークアプリに「まわりの話題」が追加!これでTwitterの話題に乗り遅れないぞ!

2016072000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今朝のアプリの更新ではてブのアプリに「みんなの話題」という項目が追加されました。今回は、この「みんなの話題」について、レポートします。

  
【 はてなブックマークアプリに「まわりの話題」が追加!これでTwitterの話題に乗り遅れないぞ! 】  

 1.「みんなの話題」って何?

 2.Twitterとの連携の仕方

 3.実際に使ってみた感じ







checkmark.png 1.「みんなの話題」って何?

今朝のアプリの更新ではてなブックマークアプリに「みんなの話題」という項目が追加されました。

まわりの話題(アプリ向け) - はてなブックマークヘルプ
まわりの話題(アプリ向け) - はてなブックマークヘルプ




これは、アプリのみの機能としてリリースされたものです。



この「みんなの話題」というのは、何かというと自分がTwitterでフォローしている人たちが、言及しているURLをピックアップするというものです。
先日、情報管理LOGで取り上げたNuzzelというアプリなんかも同じ機能を提供していますね。



Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

ただ単にURLを羅列するだけではなく、どうやらはてブで盛り上がっているURLに関しては、除外してあるようです。そのため、自分のフォローしている人たちで盛り上がりを見せているものの、まだはてブのホッテントリ入りしていないという話題を見つけることができるのです。いち早く情報をキャッチできるということですね。






checkmark.png 2.Twitterとの連携の仕方

さて、はてブのアプリでTwitterと連携して「みんなの話題」を活用する方法についてです。

アップデートして、はてブのアプリを立ち上げると、上の右側のタブに「みんなの話題」という項目があります。それをタップしてみましょう。
まだ、Twitterと連携していない場合は、このように何も表示されません。
※すでにTwitterと連携の設定をしている場合は、すでに表示されているはずなので、この項目は飛ばしてください。
「Twitter連携して機能を利用する」をタップしましょう。

2016072001.png



「使ってみる」をタップ。

2016072002.png



「連携する」をタップ。

2016072003.png



「連携」をタップ。

2016072004.png



規約をきちんと読んで「Twitter認証画面にすすむ」をタップ。

2016072005.png



ログイン画面になるので、自分のTwitterアカウントを入力しましょう。
ここらへん、アプリで認証にすれば良いのに!

2016072006.png



サクッと認証しますので、「次へ」。

2016072007.png



すると、先ほどの「みんなの話題」にTwitterのフォローしている人たちが言及しているURLが表示されました。

2016072008.png





checkmark.png 3.実際に使ってみた感じ

確かにはてブがほとんど付いていない話題ばかりが並んでいます。
この記事の場合、まだ2ユーザーぐらいしかついていません。

2016072009.png



他の記事は…

2016072010.png



でも、0はてブの投稿は、見つけられませんでした。
もしかしたら、0はてブは、除外してあるのかもしれません。
つまり、これからもしかしたら話題になるかもしれないぞ?というのをピックアップされているのかもしれないですね。

ちなみに、上で取り上げたNuzzelでは、このように表示されています。
取り上げられている記事もけっこう違います。
こちらは、キュレーション方法が違うためでもありますが、0はてブもけっこうあります。

2016072011.png



あとは、使う人の好みの問題ですね。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 はてブの話題の広がり方の問題を克服する?

はてブは、ホッテントリ入りすると幾何級数的に閲覧数が増えます。はてブが付けば付くほど、さらにはてブがつくという循環に入るためです。この特長を生かしたのが、互助会問題でした。
はてなとしては、きっと歯がゆい想いがあったのではないかと思います。

この人が人を呼ぶという効果は、良い面もあるのですが、どうしても話題が偏りがちになってしまったり、良質な記事が見過ごされ、互助会で上がってきた単なる話題作りのための記事ばかり目にするということも起こってきます。

そこで、今回上がってきたのが「みんなの話題」という機能だったのではないでしょうか。この機能によって、話題の幅全体を広げてみるという施策なのかな?と思っています。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/648-cb925031
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG