TOP > 子育て > title - 夏休みにこれを読ませたい!小学生の学力向上に役立つオススメ本(低~中学年)

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

夏休みにこれを読ませたい!小学生の学力向上に役立つオススメ本(低~中学年)

2016072100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
現在小学3年生になる子どもがいるのですが、親が驚くほどの本を読みまくっています。月に何十冊読んでいるんだろう?という感じ。
子どもが読んでいた中でも「これは、学力向上に効果があった」という本(や漫画)のシリーズを挙げます。ぜひ、夏休みなどの機会に読ませると良いかも。


  
【 夏休みにこれを読ませたい!小学生の学力向上に役立つオススメ本 】  

 1.日本の歴史(小学館)

 2.ドラえもんの学習シリーズ

 3.科学のふしぎ なぜ?どうして?







checkmark.png 1.日本の歴史(小学館)

ビリギャルこと「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を読んで、社会の歴史の点数を上げるために「日本の歴史」を繰り返し読ませたという一節がありました。



自分は、小中学生の時は、なんだかあまり歴史に興味が持てず、無理矢理暗記して乗り切った印象しかありませんでした(高校で歴史に目覚めた)。でも、できるならば、歴史のダイナミズムや面白さを感じてもらいたいと思い、このビリギャル戦法を使うことにしました。

でも、さすがにこんな全巻を一気に与えても、子どもの心が折れてしまうのは目に見えています。



そこで考えたのが、「学研の科学と学習」作戦です。
たぶん、今の40代の皆さんだったら分かる人が多いのでは無いかと思いますが、毎月届く「学研の科学(や学習)」とその付録にワクワクして待っていた人も多いかと思います。
これを取り入れて、事前に全巻購入しておいてそれを隠しておき、子どもに「毎月1日に1冊あげます」と約束しました。すると、自然に毎月1日をすごく楽しみにするようになりました。大河ドラマに出てくる人物達に自分の知っている名前が出てくるのも嬉しくなってくる要因のようでした。
ちなみに、「ビリギャル」でも書いていましたが、この「日本の歴史」ってバカにできないほど、コラムや内容が充実しているんですよね。これを通読したら、相当歴史の知識が身につくこと間違いないです。少なくとも歴史の大まかな流れをおえることができるので、それだけでも十分価値はありますね。
あと、「日本の歴史」は、小学館がオススメです!





checkmark.png 2.ドラえもんの学習シリーズ

うちの子どもが、小学2年生の時に逆上がりに苦戦していたときに、何らかのヒントになればというつもりで奥さんが読ませたのが、この「てつぼう とびばこができる―ドラえもんの体育おもしろ攻略」でした。


これと、YouTubeの逆上がり動画を組み合わせてやったら、ものすごくあっさりできてしまいました。す、すげぇ。ドラえもん(とYouTube)。しずかちゃんの頭身がちょっと気持ち悪いことになっているのは、目をつぶりましょう。

ちなみに、YouTubeはこういうのを参考にさせました。







もう一つが、読書感想文です。
このドラえもんの学習シリーズの中では、傑作だと思っています。
読書感想文っていきなり書けって言われても辛いですよね?独特の作文技法が必要になる感じありますよね。それを、しっかりと要点を押さえて書いてあるのが、「読書感想文が書ける」です。

これ、スゴ本ですから!

これを読んだ直後に、うちの子どもが影響を受けて、宿題でもないのに勝手に読書感想文を書いてしまうレベルです。しかも、きちんと形になっているのに、驚かされました。









checkmark.png 3.科学のふしぎ なぜ?どうして?


2年生までは生活科で、3年生から理科が始まります。
理科で大切な事って「なんでだろう?」「どうしてそうなるんだろう?」と不思議に思ったり、感じたりする心だと思うのですよね。
そこで、オススメなのが、この本です。
2年生からあるので、早めに読ませても良いかもしれないですね。何といっても、ちょっとした知識を親に自慢したくなってしまうという仕掛けがすごいです。
自慢してきたら、どんどん褒めてあげたら、あとは何もしなくても自分で探っていく感じになっていきますよ。











 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 楽しませることが一番の学力向上につながるかも?

少なくとも小学低学年~中学年ぐらいまでは、嫌々やらせても全く意味ないなとつくづく感じます。嫌々ながらでもやるかもしれませんが、その「イヤ!」という気持ちが積もれば、結果的にはそれを積極的に学ぼうとは思わなくなってしまいます。
それよりも、「何だかよく分からないけど楽しい」という気分を盛り上げていく方がうまくいくような気がしています。
というわけで、今回紹介した本は、「邪道っぽい」と思われるかもしれませんが、全然アリですよ!!





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/649-e158146c
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG