TOP > 手帳 > title - 手帳をデジタル化する(その2)

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

手帳をデジタル化する(その2)

手帳をデジタル化する」の続編です。
前回のエントリで書き漏らしていたことがあったので、補足のエントリ-。

前回の重複しますが、復習として

手帳をデジタル化する方法
  1.文字は、基本的に全て紙copi Liteにテキスト化
    *短い文書やフレーズの場合、タイトルだけでも終わってもよい
  2.最後に検索しやすいようにタグ付けする
    *タグは、[ ]でくくる
    *紙copi Liteは、ALT + 1で定型文を呼び出せるので、そこにタグ登録しておく
  3.絵や図などテキスト化できないものは、デジカメで撮影
  4.デジカメデータは、Picasaで管理タグ付け

ここから補足です。

  5.スケジュールに関するものは、Googleカレンダーにすぐに登録
  6.ToDoとして分類できるものは、Linoに登録


基本的にスケジュールは、Googleカレンダーで日々チェックしているので、5番の作業はとても重要なのです。

また、6番のLinoですが、これはオンライン付箋サービスです。他にも様々なToDo管理サービスを試してみましたが、自分的には一番しっくりきているので使っています。
Linoについては、また違うエントリーで説明しますが、Googleカレンダーとの連携も図れるので、期日付きのToDoに関しては、Linoに登録するようにしています。


手帳をデジタル化する3つのコツ(修正版)

  1.手帳にメモしたことは、必ずその日のうちにデジタル化する
    ・アイデア、メモ関連は、全て紙copiへ
    ・図や絵などは、デジカメでPicasaへ
    ・スケジュールは、Googleカレンダー
    ・ToDoは、Lino
  2.補足を入れはじめたらきりがないので、基本は手帳に書いてあるままを打ち込む
  3.タグは、検索のしやすさを考慮しておく

ちょっと増えてしまいましたが、概ねこんな感じです。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/7-fd90ac94
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG