TOP > その他 > title - 恐怖を克服できるかも!エクスポージャーとは何か?

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

恐怖を克服できるかも!エクスポージャーとは何か?

2016101400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。

皆さんは、苦手なものや、恐怖を感じるモノやコトはありますか?

私は、割とある方だと思っているのですが、それを克服できるかもしれない方法があるのです。
それが、今回紹介するエクスポージャーという方法です。実際、私はいくつかそれで、苦手意識の克服をしたり、対象に対して恐怖を感じなくすることに成功してきました。
今回は、恐怖を克服できるかもしれない「エクスポージャー」についてです。


  
【 恐怖を克服できるかも!エクスポージャーとは何か? 】  

 1.恐怖を感じるコトやモノ

 2.エクスポージャーとはどういうものか?

 3.私が克服したこと

 4.エクスポージャーを学ぶための本







checkmark.png 1.恐怖を感じるコトやモノ


「蜘蛛を見ると叫んでしまう」
「高いところが、無理」
「ある人を見ると、寒気がする」
「手が汚れるのが嫌だ」


…などなど、誰しも恐怖や苦手に思うコトやモノがあるのではないでしょうか?

私たちは、どうしてもそれを避けることができないとき、それを恐怖に感じてしまうのではないでしょうか?

これに関しては、今月の月替わりセールでオススメにも書いたこの本が参考になるのではないでしょうか。




今回の記事を書くきっかけとなった記事があります。
佐々木正悟さんの記事です。

恐怖症克服法 – Sasaki Shogo – Medium
恐怖症克服法 – Sasaki Shogo – Medium




こちらの記事では、

”彼らがやるのは、脳に直接刺激を与えることで、恐怖を覚える脳を一時的に麻痺させてしまい、その間にたとえば「汚いもの」を経験させると、恐怖症は一回で、試行を経ることなく、消えてしまうというのです。”

なかなかショッキングな内容ですよね。
こちらの方法に関する裏取りは出来なかったのですが、そういう研究をしている人はいそうですよね。効果があるかは、別として。
若干、人間の尊厳に関わる問題な気もしないでもないですが、もしこの方法が確立して医療機関が細心の注意を払いながらやるならば、PTSDなどで苦しんでいる人には良い話かもしれません。

とはいえ、そうおいそれと普通の人が手出しできる治療法では、なさそうです。
そこで、私も実践している「エクスポージャー」という方法をやることによって、そこまで敷居が高くなくても、恐怖心を減らしたり、消滅させたりすることが出来るかもよ?ということを以下に書いていきます。






checkmark.png 2.エクスポージャーとはどういうものか?

エクスポージャーというのは「曝露反応法」とも呼ばれ、行動療法の一種です。「系統的脱感作療法」という治療法から発達して確立していったものです。

と心理学用語を羅列しても意味が分からないと思いますので、簡単にかなりざっくりと説明すると、

”恐怖に感じる事柄を段階的に経験していくことで、その刺激に慣れてしまい(馴化)、恐怖を感じさせなくしていく”

方法のことです。
※理解が間違っていたら教えてください。

図にすると、こんな感じ。

2016101401.png



普段、私たちが「ギャー」と叫び出したくなるような場面というのは、いきなりこういう状態に晒された状態とも言えます。この差の大きさが、恐怖の源とも言えます。

2016101402.png



これを、上の図のように段階的に「あ、恐怖に感じることはないんだ…。」と安心することによって、不安や恐怖感が少しずつなくなるということなのです。

ちなみに、エクスポージャーは、大別すると「想像エクスポージャー」「現実エクスポージャー」の2つあります。

1.想像エクスポージャー
これは、不安や恐怖感を感じるモノやコトに直接触れたり体験するのではなく、あくまで想像上で追体験するというものです。あとで触れますが、2の「現実エクスポージャー」に入る前に十分やっておくと、より抵抗感が少ないかもしれないです。

<例>
・その場面を思い描いてみる
・その時の音楽やにおいや音、写真などで想起する

など


2.現実エクスポージャー
こちらは、実際にその事柄に触れたり体験することによって、それ自体に慣れていくという方法です。こちらも、いきなり対象となるモノやコトに当たるのではなく、段階的に馴化させていくことで、それ自体に不安を覚えることや恐怖を感じることなど無いということを自覚させていくのです。

<例>
手に粘土がつくのがイヤだという子ども。手に粘土が少しでも付いたら、タオルでごしごしこすったり、水で手が真っ赤になるまで洗うなど。
①手を拭くためのタオルを触らせる
②ほんの少し粘土で汚れたタオルを触らせる
③粘土で汚れたタオルを触らせる
④粘土を触らせ → タオルで拭かせる
⑤粘土を触らせる







checkmark.png 3.私が克服したこと

私が実際にこのエクスポージャー法によって、今までいくつか克服してきたものがあります。こういう記事は、単に知識だけ書いても説得力に欠けるじゃない?というわけで、実例を一つ書いておきます。

皆さんゲジゲジって虫知っていますか?
名前ぐらいは、知っている人多いのではないでしょうか?
私は、この虫(正式には節足動物なんですが)が、もう鳥肌が出るくらい嫌いでした。見たら、叫ぶレベル。

これ以下は、グロ画像が出てきますので、「十分もう理解したから!」という人は、このまま立ち去った方が良いです。

興味のある人だけ下へ↓











はい。これが、ゲジゲジです。
というか、正式名称「ゲジ」というやつです。
一発目なので、小さめの写真にしておきました。

Thereuopoda clunifera
By Daderot - 投稿者自身による作品, CC0, Link






で、これが「オオゲジ」…。カマドウマを補食しているシーンらしい。

Long-legged Centipede (Thereuopoda clunifera) (6747989937).jpg
By Thomas Brown - Long-legged Centipede (Thereuopoda clunifera)
Uploaded by mgiganteus, CC 表示 2.0, Link





と、ここで「ギャー」と叫び出すほどであった私が、この記事を書き、さらにはウィキから写真まで引用していることに「おや?」と思うはずです。
そう、エクスポージャーによって、馴化したのです。

私がやったのは、以下の方法でした。

1.出てきたシーンを思い出す
なるべく詳細にその登場シーンを思い出しました。こいつら、やたら動くのが早くてキモイのです。


2.インターネットで検索する
様々な記事を読んで知識を増やしました。
「あ…可愛いとことあ…全然ない!」


3.画像検索で大量の画像を浴びる
いよいよ画像検索で写真とご対面です。

ゲジ - Google 検索
ゲジ - Google 検索




どれを見てもたまらなく気持ち悪いですね。
でも、これらを1つ1つ丁寧に見ていたら、気づいたらそれほど怖くなくなってきました。


4.動画で見てみる
静止画の次は、やっぱり動画ですよね!
ご丁寧にもYouTubeには、たくさん動画がアップされていました…。



ここで、じっくり見て観察してみました。
自分の中では「これは、あくまで科学的な視点で”観察”しているんだ」と言い聞かせながら。
足の構造やら、胴体の構造、そして歩く仕組みなどを「観察」したのです。
そうすると、学者目線(自分内の)で「観察する」という行為は、けっこう効果がありました。なりきって、観察することによって、それまでと違い、「恐怖の対象」から「観察の対象」へとすり替わっていったのです。


5.実物との対面
まあ、ゲジなんて、そうそう見かけるモノじゃないのですが、偶然にも家の庭にいやがったので、4で実践した「観察者の視点」で観察してやりました。
じっと、動画や静止画と何が違うのか、じっくりと見てみたのです。



…と、ここでもうすでにお気づきかと思いますが、もはや5番では恐怖心が消えていることに気づくはずです。
ここで、注意をしておきますが、だからといって、ゲジを可愛いとか、「飼ってみたい」などとは微塵も思えません。嫌悪感は、やはりあります。しかし、無闇にあった恐怖心は消えたようです。






checkmark.png 4.エクスポージャーを学ぶための本

最後にエクスポージャー法を学ぶための本をいくつか紹介しておきます。どれも、良書なので読んで損はないですよ。特に「認知行動療法って何?」という人は、2番目の本は、入門書としても優れているので、オススメですよ。













eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 自己をコントロールできるという意識

このエクスポージャー法を知ってから、随分と苦手意識をもつモノやコトに対しての向き合い方が変わってきました。この感覚は、単に恐怖心を克服できるという感覚以上に「自己をコントロールできる」という感覚に近いです。
もしも、どうも苦手だなと思うことがあれば、ぜひ試してみてください。

※PTSDなど医療機関が適切と思われる方は、無理をせずに受診をしてカウンセリングの上、試してみてください。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/710-4545309d
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG