TOP > iPhone > title - iOS10のカメラロールが進化しまくっていた件について(Markup編)

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iOS10のカメラロールが進化しまくっていた件について(Markup編)

2016101800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日は、カメラロールにピープルという機能が追加されたよ!ということを中心に書いていきました。今回は、Markupという機能について取り上げていきたいと思います。これも、実に地味な扱いなんですよね。
メッセージとかよりもよほど使う場面多いかな?と思うんですけどね。

  
【 iOS10のカメラロールが進化しまくっていた件について(Markup編) 】  

 1.Markupとはどんな機能か?

 2.線で描く

 3.一部を拡大する

 4.文字を入れる







checkmark.png 1.Markupとはどんな機能か?

iOS10において、様々な標準アプリの機能強化が図られているのですが、その中でもカメラロールは割と大きな変更を加えられているものの一つだと思います。前回は、カメラロールに追加された「ピープル」という機能について見ていきました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


iOS10がらみの報道では、どこもメッセージ機能などコミュニケーション系が取り上げられることが多く見られましたが、自分的にはそういうコミュニケーション系は、すでにLINEやFacebookのMessengerとかを使っているので、今更使わないなあというのが、正直な感想です。便利になっているとは思うけどね。
それよりも、写真がらみの機能強化は、自分的には嬉しいアップデートでした。今回は、カメラロールでほとんど取りざたされることが少ない、「Markup」という機能について見ていきます。

このMarkupで出来ることは、以下の3つです。

・線を描く
・一部を拡大する
・文字を入れる



1つ1つについては、下で詳細を書いていきます。
これって、EvernoteのSkichとかが、やっていた機能ですよね(矢印無いけど)。これを標準で出来るようになるというのは、よいアップデートだと思いました。

Markupへは、以下の手順でやっていきます。
写真を表示して、下の方の編集アイコンをタップ。

2016101801.png



そうすると、編集画面になるのですが、「…」をタップ。

2016101802.png



一番左側にあるのが、「Markup」です。そちらをタップしましょう。

2016101803.png



それで、出てきた画面がMarkupになります。

2016101804.png






checkmark.png 2.線で描く

まずは、線を描いてみましょう。
スタイラスとかあると、よりスラスラ書けるかも。色や線の太さも変えられます。

2016101805.png



さらに、描いたものは、タップすると削除や複製もできるなど、思ったよりも柔軟性があります。今までのカメラロールの写真の修正機能の感じから考えると、ありがたい感じですね。

2016101806.png






checkmark.png 3.一部を拡大する

次に一部を拡大させてみます。

下のまん中のアイコンをタップすると、画像の一部が円状に拡大されます。その円上に青と緑の点があると思います。その青い点の部分をこの図のように動かすと円の大きさが変わります。

2016101807.png



さらに、緑の点を円に添って動かすと、ズームが変わります。上の画像と比較して欲しいのですが、Snowpeakのロゴが拡大されているのが分かるかと思います。

2016101808.png





checkmark.png 4.文字を入れる

最後に次に文字を入れてみます。

「T」のアイコンをタップすると文字入力できるようになります。このように簡単に文字が入れられる!

2016101809.png



さらに、右下のアイコンをタップすると、フォントや文字の大きさ、センタリングや右寄せなどができるようになります。とはいえ、フォントは3種類しかないんだけどね。

2016101810.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 標準アプリでできるということが大事

今回見たMarkupという機能は、もうすでにサードパーティー製のアプリが、かなりしのぎを削っているところです。それぐらい需要が高い機能ではあるわけです。特に文字入れに関しては、それ専用のアプリが、山ほどあります。そして、Markupよりフォントにしても出来ることにしても、かなり高機能な作りになっているものが多いです。
しかし、自分的には標準アプリで対応したということの意義が大きいと思っています。あくまでスムーズにサクッとできるというニーズ案外多いと思います。あとは、矢印を入れられるようになったら、すごい良いんだけどな。

もしも、これ以上高度なことをしてみたいという場合は、情報管理LOG的には以下のアプリをオススメします。

まずは、Phonto。フォント数の集録がすごい!そして、かなり高機能。でも、すごく使いやすいです。



Evernote謹製の注釈アプリ。



パースに添って、文字などを入れられるアプリです。
かなりオシャレな仕上がりになります。




写真に出てきたスノーピーク(Snowpeak)のチタンマグです。保温性もあるし、つい日常使いしてしまってます。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/713-62f2e21e
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG