TOP > Evernote > title - GoogleのOpenIDでEvernoteにログインする方法

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

GoogleのOpenIDでEvernoteにログインする方法

2016111000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Evernoteが、GoogleのOpenIDに対応したので、さっそくやってみました。すごく簡単だったので、皆さんもぜひ試してみてください。
以下にそのやり方について載せておきます。

  
【 GoogleのOpenIDでEvernoteにログインする方法 】  

 1.Google OpenIDとは

 2.EvernoteにOpenIDでログインする(iPhone編)

 3.EvernoteにOpenIDでログインする(PC編)

 4.Chrome Web Clipperでもできるよ!







checkmark.png 1.Google OpenIDとは

Google OpenIDとは、Googleがログインを代行してくれるサービスのことです。
※だいたいあっていると思うけど、違ってたらご指摘ください。

そもそも、OpenIDとは何か?

という話だと思うのですが、以下の図のようにユーザーに変わって、GoogleやYahoo!などOpenIDを提供しているサービスが、「このユーザーは、正確にログインしたよ」という情報をそのサービスにお知らせすることで、ログインを肩代わりするというものです。

2016111000a.png



これをすることによって、ユーザーはサイトやサービス毎にいちいちユーザーIDやパスワードを覚えたりする手間がなくなると共に、Googleのように二重認証などでセキュリティ的にも高いところを経由することで、安全性も高められるというメリットがあります。

サービス提供側もOpenIDを噛ませることによって、自社側でログイン管理にいちいち頭を悩ませずに済むということでWin-Winな関係とも言えます。
※Evernoteは、自社でもログイン管理しているので、単にGoogleとの提携強化の一環だと思いますけど。

逆にOpenIDを提供している元サービスのログインを破られたら、目も当てられないけどね。でも、そのために二重認証などをやっているわけで、それを信じるしかない!




checkmark.png 2.EvernoteにOpenIDでログインする

では、さっそくOpenIDでログインしてみましょう。

まずは、iPhoneでやってみます。
一度、ログアウトしておいて、もう一度ログインしてみます。すると、下の方にログインするところがあるので、それをタップ。

2016111001.png



サインインの画面になるのですが、今まで通りのユーザーIDとパスワードの他に「Googleでログイン」という項目があります。それをタップ。

2016111002.png



すると、Safariが立ち上がり、Googleの認証画面になります。「許可」をタップ。もしも、Googleアカウントにログインしていない場合は、ここでGoogleにログインとなります。

2016111003.png



あっけなく、ログインされました。あまりの簡単さに「これでいいのか?」と戸惑うぐらいです。

2016111004.png




checkmark.png 3.EvernoteにOpenIDでログインする(PC編)

では、PCでもやってみましょう。
まずは、全てのユーザーをログアウトさせます。そうすると、すぐにログインの画面が出てきます。懐かしいな!

2016111005.png




ログイン画面の右側をよく見てみると、「Googleでログイン」という項目があるのが分かります。それをクリック!

2016111006.png



すると別ウィンドウが開いて、Googleへのログインを促されます。メルアドを入力。

2016111007.png



さらに、Googleのパスワードを入力。

2016111008.png



私は、Googleのアカウントを二重認証にしているので、「確認コードの入力」を求められました。

2016111009.png



これは、Google Authenticatorというアプリを使用して、確認コードを取得します。二重認証している人なら、たぶん持ってますよね?






「Evernoteが次の許可をリクエスしています」と出るので、「許可」をクリックしたらログイン完了です!これも、実にあっけなく終了しました。

2016111010.png




checkmark.png 4.Chrome Web Clipperでもできるよ!

実は、ChromeのWeb Clipperでも同じくOpenIDでログインできるのです。盤石ですね。

こちらの手順も全く同じです。
ログイン画面を出すと、「Googleでログイン」とあるので、それをクリック。

2016111011.png




あとは、基本的にPC編と同じなのですが、最後にこうやって「許可」しておけば、サクッと使えるようになります。

2016111012.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 実に簡単なのでアリかも

今回は、新しくEvernoteがGoogleのOpenIDに対応したというのを体験してみましたが、恐ろしく簡単にログインできてしまいました。むしろ、これでいいんじゃないか?という気になってきます。
しかも、Googleの方がセキュリティ的高そうだしね。

と考えていたら、Evernoteのセキュリティを一気に高める方法を考えついたので、明日の記事で書きますね。乞うご期待!


まだEvernoteのアカウントを持っていないという人は、以下のリンクから作成してみてください。お互いにEvernoteポイントが貯まります。まさに、Win-Win。

Evernote_signin.png





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/730-985cdea0
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG