TOP > アプリ > title - LINE Out・Googleハングアウト・Skype Out・Viberなどの通話アプリの料金について徹底比較

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

LINE Out・Googleハングアウト・Skype Out・Viberなどの通話アプリの料金について徹底比較

2016112600a.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
通話アプリ大好き人間です。
さて、最近は様々なアプリで無料通話が出来るようになってきました。そこで、実際のところ料金はどれぐらい違うのかを、代表的なアプリ同士で比較してみました。また、通話アプリ同士の違いや注意点などもまとめてみました。


  
【 LINE Out・Googleハングアウト・Skype Out・Viberなどの  
  通話アプリの料金について調べてみた 】  


 1.通話料の比較

 2.注意事項

 3.使い分けが賢い







checkmark.png 1.通話料の比較

最近では、様々な通話アプリやアプリそのものに通話機能が付いたモノが増えてきましたよね。そこで、各通話アプリの料金を比較してみました。(2016年11月26日現在)

まずは、こちらの表をご覧ください。

固定/1分 携帯/1分 留意点
LINE Out 3円(2円) 14円(6円) LINE Out Freeという広告を見て無料通話をすることもできる(最大3分)。回数制限もあり。
(固定3分/回、携帯1分/回)
月額プランは( )の値段
Google
ハングアウト
3.33円(3セント) 9.99円(9セント) チャージ時の円ドルレートによって変わる。
Skype Out 2.26円 10.81円 月額プランもある。
別途、固定4.82円/回、携帯8.75円/回かかる
Viber 0円 0円 通話回数に制限無し。
最大通話時間10分。
いつ終了するか分からない
SMARTalk 16円 16円 050で始まる電話番号を月額無料で持てる
楽天でんわ 20円 20円 楽天ポイントが貯まる
FaceTime × ※0円 iPhone同士でないと通話できない。
Facebook
Messenger
× ※0円 Facebookでつながっていないと使用不可。


これで、ほぼ今回の記事は、終了みたいなもんです。ハイ!終わり終わり~!
では、面白くないので、以下でもう少し掘り下げてみたいと思います。





checkmark.png 2.注意事項


1.一番安いのは…
ダントツでViberになります。固定も携帯も無料って凄すぎですよね。ただし、最大通話時間が10分となっています。でも、簡単な要件だったら10分もあれば十分ですよね?また、現在はトライアルとして国内通話を無料にしているだけらしいので、いずれ有料になる日も来るかもしれません。


2.基本的に通話アプリ同士だったら無料
上の表は、あくまでアプリを通して、一般の固定電話や携帯電話に通話したときの料金です。しかし、同じアプリを入れていて、お互いにアカウントを知っていれば、基本的に無料で通話できます(青いアプリね)。また、FaceTimeやFacebook Messengerは、固定電話への通話は、できません。


3.固定電話にかけるならば
Viberが0円でダントツですが、有料の中で考えるならば、一瞬Skype Outが安そうに見えますね。しかし、1回あたり接続料として4.82円とられてしまいます。そう考えるとあまり安くはない印象です。その他の選択肢としては、LINE Outが安いです。LINE Outは、「LINE Out Free」というものと「LINE Out」という2つの通話方法があり、LINE Out Freeは、30秒程度の広告を見たら3分間無料で通話できるというものです。広告を黙ってみてまで…という気持ちもないわけではないです。我慢できるならば、アリです。

2016112601.png


しかし、LINE Out自体もコールクレジットを購入するタイプで3円ならば、十分安いと思います。ちなみに、月額プランもあるのですが、よほどかけまくる人ではない限りオススメはできません。
アプリだと固定電話にかけることができない場合があります。後述。


4.携帯電話にかけるならば
携帯電話にかけるならば、Googleハングアウトがオススメです。一度クレジットカードを登録しておけば、気が向いたときに簡単にチャージできます。ドルでの精算になるので、円安の時にチャージをしておくというのが、賢い使い方です。私は、1ドル80円台ぐらいの時にサクッと数千円分チャージしておきました。なので、上で載せている金額よりもかなり安くなっています。


5.固定電話にかからない場合がある
通話アプリで固定電話にかけたときにつながらないときがあります。確かに呼び出し音は鳴っているので、一瞬つながるかな?と思うのですが、永遠につながらないのです。それは、相手側が(たぶん)IP電話を使っている場合ですね。最初は、それに気づかずに無駄な時間を過ごしました。そういう場合は、おとなしく楽天でんわで通話します。


6.緊急電話にかけられない
110番や119番に通話アプリからは基本的にかけられません。かけることができるのは、楽天でんわだけです。要するにIP網ではダメってことですね。


7.DoCoMoは、基本非通知です
アプリでDoCoMoに通話する場合は、基本相手側からは非通知になります。ナゾの番号か、または「非通知」と表示されてしまうのです。こればっかりは、どうにもならないんですよね。なんとかしてくれ、DoCoMoよ。
また、SMARTalkや楽天でんわは、電話番号が表示されます。
FaceTimeやFacebook Messengerは、相手に通知が出ます(そういう設定にしていれば)。


8.通話品質は?
LINE Outなどは、出始めの頃はそれはひどい音質でしたが、現在ではかなり改善されています。他のアプリもそれほど、音質的にひどいというところ減ってきました。基本的にアプリでの通話(青とピンクのアプリ)は、インターネットを介しての通話になるので、どうしてもその回線品質に影響されてしまいます。アプリのレビューで通話品質について色々文句を言っている人を見かけますが、まずはご自分のネットの回線を疑ってみるのもありだと思います。あえて言うならば、Googleハングアウトが自分的には良いと感じています。





checkmark.png 3.使い分けが賢い

長々と説明してきましたが、自分的にはどれか一つのアプリに絞るというようなことはしていません。上にも書きましたが、アプリ同士が無料の場合は、アプリでかけることもあるし、そうでない場合は、他のアプリでかけることもあります。

また、最近は同じキャリア同士は無料だったりするので、そういう場合は普通に電話することも多いです。

自分の中の使用頻度としては、

<固定電話>
Viber > LINE Out > 楽天でんわ > その他

<携帯電話>
FaceTime > キャリア > LINE Out > Googleハングアウト >その他

という感じです。
実は、ここでは紹介しませんでしたが、かなりマニアックなアプリにMobileVOIPというアプリがあるのですが、これは恐ろしいほど安いです。これを含めたら、使用頻度の順番が少し変わります。

気になる人は、こちらを参照してみてください。

【格安】海外IP電話サービスCheapVoipの話題まとめ 厳選12話! - マネー報道 MoneyReport
【格安】海外IP電話サービスCheapVoipの話題まとめ 厳選12話! - マネー報道 MoneyReport









 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 コミュニケーションに関わる金額は無料に近づく

以前も書いたかもしれませんが、ビル・ゲイツ氏がある本の中で「コミュニケーションに関わる金額は、いずれ無料に近づく」(うろ覚え)と予言していました。まさに慧眼とも言うべきですね。これを1990年代に書いているのだから、どれだけ未来を見通しているんだと思うわけです。
どちらにしても、いずれコミュニケーションに関わる負担が無料になるのは、喜ばしいことですね。













関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/744-e862aa71
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG