TOP > iPhone > title - 人は、iPhoneが失われるとどのようになってしまうのか?

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

人は、iPhoneが失われるとどのようになってしまうのか?

2017010600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
年末に私のiPhoneの画面が、ひょんなことから木っ端微塵になってしまったという記事を書きました。すぐに修理に出したのですが、その後どうなったのかというレポートです。
「人は〜」と主語が大きめですみません。
しかし、この季節同様の悲しみに襲われている人がいるかもしれないし、これからそうなるかもしれない人々のためにも、レポートいたします。

  
【 人は、iPhoneが失われるとどのようになってしまうのか? 】  

 1.iPhoneの画面が割れてしまった事件

 2.そして修理へ

 3.失われし4日間

 4.結論







checkmark.png 1.iPhoneの画面が割れてしまった事件


12月の中頃、忘年会の帰り道。iPhoneを見ようとしてポケットから取り出した時に、それは起こりました。

「ポロリ」

まさにそのような表現が正しい感じで、手からすり抜けアスファルトに向けて

「コツン」

とiPhoneが落ちてしまったのです。
私は、割と頻繁にiPhoneを落としてしまう人なので、いつものごとく拾い上げると、画面がバキバキになったiPhoneが…。しかし、私はけっこう酔っていたので、

「これは、悪い夢に違いない」

とすぐにポケットにしまい、そのまま帰路へ。そして、爆睡。
次の日に目覚めて、改めてiPhoneを見てみると、それは昨日見たままの画面がバッキバキに割れた状態ではないですか!

夢だけど、夢じゃなかったー!!

気絶しそうになりそうなのを堪え、きちんと作動することを確認しました(不幸中の幸いですね)。
すぐにでも修理に出したかったのですが、今の仕事が一段落する前に出すと色々と支障をきたしてしまいそうだったので、渋々その状態でしばらく使うことにしました。

2017010601.jpg




checkmark.png 2.そして修理へ

残念ながらすぐにApple Storeに持ち込める環境ではなかったので、12月23日にある程度仕事の区切りがついた段階でAppleに修理を依頼しました。この辺りは、以前の記事を参照していただけたら、ありがたいです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

エクスプレス交換サービスというサービスがあることをあとで知ったり、その料金がイマイチ分かりにくかったりしたので、今回はあえて見送ることに。どうやら、料金が、ほとんどかからず新品と交換してもらえるらしい。でも、サポートの話だと1万ぐらいかかるらしいとのことなんだよなあ…。誰か、後学のためにも正確なところを教えて欲しいです。

iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート
iPhone エクスプレス交換 - Apple サポート




とりあえず、できることはしなくてはいけません。
12月24日の朝にiPhoneをiTunes経由でバックアップしました。できることは、したつもりでしたが、あとで色々と後悔することになるとは、この時は思いもよりませんでした。

24日の午前中に宅配業者が’iPhoneをピックアップして、私のiPhoneは旅に出て行きました。

2017010602.png




checkmark.png 3.失われし4日間

これからは、私のiPhoneを失ってからのレポートになります。

◻︎ 24日(土)
ふとした時に、手を伸ばすのですが、もちろんそこにはiPhoneはありません。

「あぁ、今修理中だったんだ…。」

と、早くもiPhoneロスな症状が出始めました。
そのため、自分が愛用しているiPad mini4をiPhone代わりにすべく、いじり始めました。

 ☑︎ iMessageは、使える!
 ☑︎ メールは、Gmailなので問題なし!
 ☑︎ Facebookでつながっているメンバーには、Facebook Messengerで連絡をもらうことに
 ☑︎ Googleハングアウトでつながっている人も問題なし!


だいたいOKかと思われたのですが、そういえばLINEは?
以前、かなり前にiPad miniにLINEを入れていたのを思い出し、アクセスしてみます。
普通に送られてきたメッセージを読むことができました。ホッと胸をなでおろしたのもつかの間、こちらからメッセージを送ることができないことが判明しました。どうやら、LINE for iPadは、終了宣告されているらしく、新しいLINEアプリをダウンロードせよとのこと。面倒になって、明日に持ち越すことに。


◻︎ 25日(日)
クリスマス当日。
子どもが、サンタさんからのプレゼントで大喜びしています。
さて、iPhoneで撮影…あ、ない。と、昨日と同じ感じになっている自分に気づきます。仕方がないので、iPad miniで撮影する。この日は、家族サービスに忙しく、あまりiPhoneを意識する時間が少なかったかもしれません。それと、思ったよりも、iPad miniだけでなんとかなっている自分に気付き始めました。仕事上のメールや個人的なメッセージなども、ほぼなんとかなっている感じ。しかし、LINEが使えないことは、かなり痛い感じになってきました。重要なメッセージが届いても、読むことはできても返信ができず、かなり困りました。


◻︎ 26日(月)
ここからが、本番という感じになってきました。仕事関係のメールなどもバンバンやってきます。メールに関しては、全く問題がないのですが、電話も困ったことになってきました。事前に考えられる範囲には、お知らせしていたのですが、どうやら想定以上に電話があった模様。とはいえ、知る手段がないので、あとで着信履歴で知ることになるのですが。

LINEの件は、どうにもならず、できる限りの方法で、「今はムリ」という連絡をしました。しかし、LINEのみでしか繋がりのない人は、一体どうすれば良いか皆目見当がつきません。どうやら、LINEを二重認証にしているため、iPhoneがないと新たにWindowsでもiPad miniでもムリな模様。事前になんとか接続しておけばよかった…と激しく後悔しました。皆さんLINEだけは、気をつけた方が良いですよ!

電話に関しては、SMARTalkで電話することができることを思い出し、速攻インストールして試してみました。電話帳に関しては、Google連絡先と同期しているので、この部分に関しては、全く問題ありませんでした。恐る恐る電話をしてみると、繋がりました!iPad miniが、巨大な電話に変身です。しかし、SMARTalkは、IP電話なので、相手側には非通知でしか繋がらないのです。それでも、奇跡的に電話に出てくれて、事情を説明しました。このあたり、2030年のオリンピックに向けて、改善してほしい部分の一つですね。なんとかならんのか??
固定電話へは、Viberで対応しました。相手に対する通知さえ必要なければ、もはやIP電話だけでもなんとかなりそうな感じです。





◻︎ 27日(火)
宅配業者のオンライン追跡サービスで、向こうの修理工場を出たことを確認しました。それと、同時にAppleからメールが来ました。どうやら、私のiPhoneは、致命的だったらしく、新品に交換とのことでした。嬉しいやら悲しいやらですね。
この日で年内の仕事は、粗方終わらせることができたので、ホッと胸をなでおろしつつ、緊急の案件がいくつか入ったので、急いで対応しようとした時に、やはり電話がない…。結果的にiPhoneは、電話なんだという非常に当たり前の事実に思い至りました。これに関しては、他の手段でなんとかなりました。

この時点でiPad miniで電話ができないことと、LINEができないということ以外は、特に不都合がなく感じ始めました。むしろ、画面が大きいので、見やすいことに少しメリットを見いだし始めていました。しかし、それは、Wi-Fiが使える環境だけで、Wi-Fiなしの環境ではどうにもならないことが多かったです。

次回、iPad miniを買うことがあるならば、SIM対応のものにして、通信料金の安いところと契約しようと心に決めました。



◻︎ 28日(水)
宅配業者のオンライン追跡サービスで確認すると、もう少しで到着するみたいで安心しました。残務の整理をしつつ、気づいいたら夕方に。そういえば、iPhoneが無いことを気にしていなかったことに気づきました。
帰宅すると、ちゃんとiPhoneが届いており、感動の再会をしました!(といっても、新品ですが)

2017010603.jpg




checkmark.png 4.結論

さて、ほぼ丸4日間iPhone無しの生活を体験したわけですが、総括すると、ぶっちゃけそれほど困らなかったような気がします。というのも、ほぼiPad miniで代用できたからです。最初は、不安とiPhoneロスになっていましたが、いざ失われてみると、「なんとか今の環境でなんとかしよう!」という変な前向きさが出て来たというのもあります。
以下に「困ったこと」と「困らなかったこと」をまとめてみました。

1.困ったこと
LINEだけは、最後までどうしようもなかったです。しかし、これも事前にきんとiPad mini側で認証しておけば、問題なかったとも言えるので、準備をどれだけきちんと進められるかにかかっているのかな?と思いました。

あと、電話ですね。
iPhoneは、電話であるというシンプルかつ強力な事実に思い至りました。ただし、これも(相手が)非通知さえ気にしなければ、何とかなりそうな気がします。

二重認証に関しては、今回は特に必要としなかったので問題になりませんでしたが、万が一、二重認証が必要な事態が発生すれば、きっと途方に暮れたことと思います。一応、各サービスそれぞれ、そのような場合を想定して、若干逃げ道のようなものがあるのを発見できたのは収穫でしたが、面倒極まりない感じです。

Wi-Fi環境が、厳しいところでの使用は難しいと思いました。
いつも4Gで接続されているiPhoneのアドバンテージですね。
また、公衆無線LANもセキュリティが確保されていない場所では、ネットには繋がるものの、そういう通信環境では使えないアプリも多く困りました。スターバックスのWi-Fiは、セキュリティ的にはどうかと思うものの、通過できるアプリが多かったということも報告しておきます。



2.困らなかったこと
アプリの面では、ほとんど困りませんでした。
iPhoneに入れていたアプリで無かったものをダウンロードしたら、ほとんど使えた上に、画面の大きさが逆に心地よかったりしました。もしかしたら、次のiPhoneは、Plusにするかもとさえ思いました。

むしろ、これに電話がついたら最高?ぐらいな感じに、後半思えてきました。
音声SIMを入れて、Apple WatchとBluetoothのヘッドセットを装備したら、軽量かつ最強な仕事兵器になりそうな気すらします。



また、写真に関しては、全てGoogleフォトにバックアップされているので、iPhoneがなくなるまでの写真も普通に見ることができたし、iPhoneが帰って来てからもすぐに、iPhoneなしの時の写真が同期されました。このあたりのオンラインストレージは、実に最高としか言いようがありません。






eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 困らなかったといえば嘘だけど、意外と大丈夫だった

結論は、上で述べましたが、意外に何とかなるもんだなと思えたのは確かです。iOSで共通しているからというのもそうだし、代替手段も案外あるもんだと思えたのも収穫でした。iPhone無しの生活が始まる前は絶望的な気持ちになっていたのが、後半にはまだまだいける!ぐらいにはなっていました。

実は、iPhoneが帰って来てから大変だったのです。
新品になりバックアップから復帰したら、すぐに全て元どおりだと思っていたのが甘かったです。というわけで、近日中にiPhone帰還編を書きたいと思います。





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/777-864a883c
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG