TOP > Webサービス > title - MilanoteがWorkflowyに近づくためにどうすれば良いか?

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

MilanoteがWorkflowyに近づくためにどうすれば良いか?

2017021000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
2回にわたって、Milanoteについて取り上げてきました。

Milanoteは、Evernoteというよりも視覚的なWorkflowyでは?
Milanoteを使ってみての使用感と感想

前回指摘したようにMilanoteは、どちらかというとWorkflowy寄りな思考を強化するためのツールという印象です。そこで、今回は、Milanoteの「ここが惜しい」という点と、こうすればもっと思考ツールとしてWorkflowyに近づけるのではないか?という点について書いてみます。

  
【 MilanoteがWorkflowyに近づくためにどうすれば良いか? 】  

 1.ツールとしての有望さ

 2.惜しいと思うポイント

 3.改善案を提案するよ







checkmark.png 1.ツールとしての有望さ

この数回にわたって、Milanoteについて取り上げてきましたが、少しずつ魅力は伝わってきたでしょうか?

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | EmbedlyBookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


こういうワンボードタイプの掲示板というか、ホワイトボード的なサービスというのは、割と他にもあったりします。

例えば、Linoのような付箋ボードみたいなのや

lino - 付箋と写真を共有しよう!
lino - 付箋と写真を共有しよう!




Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


こういうホワイトボード的なサービスなどです。

RealtimeBoard | Online Whiteboard for Visual Collaboration
RealtimeBoard | Online Whiteboard for Visual Collaboration


Team WhiteBoarding with Twiddla - Painless Team Collaboration for the Web
Team WhiteBoarding with Twiddla - Painless Team Collaboration for the Web


Whiteboard Fox - ホワイトボードファックス - 簡単なオンラインホワイトボード
Whiteboard Fox - ホワイトボードファックス - 簡単なオンラインホワイトボード



しかし、これらのサービスと決定的に違うのは、より視覚的に思考を整理することに特化しようとしていることと、やはり何度も書いていますが、階層化されるという部分ではないかと思うのです。




checkmark.png 2.惜しいと思うポイント

とはいえ、まだまだこれからという感じのサービスなので、色々惜しいと思ってしまうポイントがあります。

1.ボードの大きさ
たぶん、ディスプレイに収まるぐらいの大きさという配慮なのでしょうが、どうにもこのサイズでは、様々に配置しているうちに、収まりきらなくなってしまいます。無限にとまでは言いませんが、思考を広げるためにも、もっと大きくても良いのではないか?と思ってしまいます。

追記:どうやらオブジェクトを動かしていくと、どんどんボードの大きさが拡がっていくことが判明しました!


2.ズームイン、ズームアウト
Workflowy的なズームではなく、ボード全体を俯瞰しやすくするために虫眼鏡機能をつけてもらえれば、良いですね。Ctrlキー+マウスのスクロールボタンとかで、ズームインやズームアウトできると、思考を俯瞰しやすくなるかな?と思います。例えるならば、Preziのような感じ?

プレゼンソフト | オンラインプレゼンツール | Prezi
プレゼンソフト | オンラインプレゼンツール | Prezi





3.ボード間でオブジェクトのやり取り
ボードAとボードBで同じオブジェクトを使いたいということや、ボードAで入力したけれど、ボードBに移動したいということがあります(その逆も)。ボード間で自由にやり取りができたら、もっと柔軟に思考を広げることができます。というか、同じものを何度も打つのめんどい。

ちなみに、ボードA(親)→ボードB(子)へのオブジェクトの移動は、Boardにドラッグ&ドロップでできます。

この動画の38秒あたりが、それです。



追記:パンくずリストにオブジェクトをドラッグ&ドロップすれば、移動できることが判明!


4.オブジェクトにボードへのリンクを貼りたい
ボードを階層化するときに、Boardを使用して、子のボードにリンクを貼ることができます。しかし、オブジェクト自体にボードへのリンクを貼ることはできません。でも、関連する内容を深めたいときに、テキストボックス自体にボードへのリンクを貼ることができたら、その関連性が分かりやすくなるのに!と思わないでもないです。


5.Boardの階層を上下したい
現在のMilanoteは、Boardの階層に関しては、常にワンウェイです。

ボードA(親)→ボードB(子)

という階層になった場合、その関係性を動かすことは今のところできません。
Workflowyの場合だと

トピックスA → トピックスB

となっていても、項目の前後や上下を自由に行き来できるので、

トピックスB → トピックスA

などと主従を変えることは難しくありません。




checkmark.png 3.改善案を提案するよ

1.Unsortedをどこのボードでも使えるようにする
現在、「Unsorted」は、上の動画のように、ボードAからボードBにオブジェクトを移動したときの仮置き場だったり、単にそのボード内で位置が決まらないときの仮置き場だったりします。もしも、これがUnsortedに入れたら、どのボードでもオブジェクト使用できるようになったら、かなり柔軟な運用ができそうです。

2017021001.png



2.レイヤー表示&レイヤー機能
Milanoteは、ボードが幾重にも重なったいわばレイヤー状態のようです。まだ、階層が浅かったり、それぞれの関係が分かりやすい状態ならば、頭の中で構造を把握しておくことも可能です。しかし、どんどん枝上に分岐していくと、どのボードに何を入れたのか、把握しづらくなってくることが予想されます。
そこで、このMilanote全体のボードの位置関係が分かるレイヤー表示っぽい機能があれば良いのに!と思ってしまいました。

また、もしもそれが可能になれば、画像ソフトでよくあるようにレイヤーの上下を入れ替えたり、レイヤーの追加や削除なども、そこでできると

全体を俯瞰 ←→ 部分を編集

というやりとりが、かなり自在にできるようになるのではないでしょうか?


3.プレゼンモード
上でズームイン&ズームアウトの話を書きましたが、編集段階でそれが使えなくても、プレゼンモードみたいな編集とは別モードの時は、個別のオブジェクトにフォーカスできるようになると、良いですね。そのモードの切替をショートカットでできるとなお良いですが。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 要望しておきたいと思います

今回は、Milanoteへの無茶ぶりというか、「こうだったら、理想のツールになるのに!」という妄想を書き連ねてしまいました。でも、こうやって、ユーザーサイドと開発者が共にツールを良い方向に向かわせていきたいという、共通の目的があれば、自然とツールって使い勝手が良くなっていくものなんですよね。
というわけで、ここで書いたことを開発者様に要望として、出しておきたいと思います。もちろん、全てが実行可能だとは思っていませんが。少なくともMilanoteの開発者さんは、門戸を開放しているように思えるので、対話の糸口にはなりそうです。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/807-bff8aaf7
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG