TOP > Webサービス > title - Kindle Unlimitedに登録して思ったこと

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Kindle Unlimitedに登録して思ったこと

2017022000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
始まった当初は、やや敬遠していた電子書籍読み放題サービスであるKindle Unlimitedですが、とうとうその魅力に抗えずに契約してしまいました。今回は、遅まきながらも、なぜKindle Unlimited登録したのか?や登録して思ったことなど書いていきます。

  
【 Kindle Unlimitedに登録して思ったこと 】  

 1.Kindle Unlimitedとは、どんなサービスか?

 2.なぜ、Kindle Unlimitedにしたの?

 3.実際に契約してどうだったのか?







checkmark.png  1.Kindle Unlimitedとは、どんなサービスか?

Kindle Unlimitedというのは、Amazonが始めた電子書籍読み放題サービスです。

2017022001.png


現在、日本語対応の作品約176,970点が、Kindleの読み放題に登録されているようです(この点数は、かなり変化があります)(※2017年2月20日現在)。

ジャンル冊数
文学・評論 (18,809)18,809
人文・思想 (14,910)14,910
社会・政治 (6,726)6,726
ノンフィクション (2,331)2,331
歴史・地理 (5,640)5,640
ビジネス・経済 (8,404)8,404
投資・金融・会社経営 (3,418)3,418
科学・テクノロジー (6,017)6,017
医学・薬学 (1,428)1,428
コンピュータ・IT (2,553)2,553
アート・建築・デザイン (6,830)6,830
趣味・実用 (7,696)7,696
スポーツ・アウトドア (2,760)2,760
資格・検定・就職 (445)445
暮らし・健康・子育て (5,927)5,927
旅行ガイド・マップ (2,397)2,397
語学・辞事典・年鑑 (2,170)2,170
教育・学参・受験 (3,706)3,706
絵本・児童書 (2,643)2,643
コミック (29,172)29,172
ライトノベル (2,309)2,309
ボーイズラブ (3,643)3,643
ティーンズラブ (1,131)1,131
タレント写真集 (5,330)5,330
エンターテイメント (2,155)2,155
楽譜・スコア・音楽書 (365)365
雑誌 (6,116)6,116
アダルト (21,939)21,939
合計176,970


Kindle Unlimitedに登録されている作品は、このように表示されています。

2017022002.png


このサービスの特徴は、以下のようになっています。

1.月額980円で、1ヶ月のお試しあり
1ヶ月980円という値段が安いか高いかは、感じ方次第かと思いますが、他の読み放題サービスと単純に値段だけ見てみると高いですね。下記の表は、昨年8月段階でまとめたものですので、現在の情報が変更になっている場合もあります。
あと、1ヶ月の無料のお試し期間があるので、実際に使い心地を検証してみるのもよいかもしれないです。

サービス名月額対象補足対応
Yahoo!ブックストア月額432円2万冊ほぼオールジャンルWin、Mac、iPhone、iPad、Android
dマガジン月額400円130誌雑誌のみiPhone、iPad、Android
ブックパス月額562円22000冊ほぼオールジャンルiPhone、iPad、Android(auのみ)、Win
yomel.jp月額324円?多くはないiPhone、iPad、Android
月額780円3500冊コミックWin、iPad、Android
月額1480円13000冊コミックWin、iPad、Android
ひかりTVブック月額486円405誌雑誌Win、Mac、iPhone、iPad、Android
BOOK☆WALKER月額499円約300冊以上BL系Win、iPhone、iPad、Android
ビューン月額480円130誌以上雑誌、古いマンガiOS

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



2.一度にダウンロードできる冊数は10冊まで
自分的には、今のところ特に問題には感じていません。たぶん、書籍のみのダウンロードしかしていないためだからだと思います。しかし、もしもコミックスもとなると、やや心許ない冊数ですね。そもそも、書籍とコミックスでは、読む速度に違いがありすぎるので、この10冊制限も場合分けしてもらいたいところかもしれないです。



3.冊数が超えてしまった場合は、それ以上ダウンロードできない
そして、10冊までダウンロードしてしまうと、それ以前にダウンロードしてものを削除しない限り、新規にダウンロードできません。
私は、もともとiPad miniのKindleに必要最低限の冊数しかダウンロードせず、読み終わったら比較的すぐに削除してしまうので、特にこれも問題には感じていませんね。





checkmark.png 2.なぜ、Kindle Unlimitedにしたの?

私は、当初はKindle Unlimitedに関しては、かなり懐疑的でこういう記事を書いたり、Tweetしていました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | EmbedlyBookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




しかし、Kindleで本を買うたびに、Kindle Unlimited対応の本が目につくようになり、

1冊ずつ買うよりも、圧倒的に安く済むのでは?

と思うようになったのです。

実際、月に購入するKindle本が、ばかにならない値段になってきたのも事実だったので、Kindle Unlimitedと併用したら書籍購入費を抑えられるだろうという判断から契約しました。





checkmark.png 3.実際に契約してどうだったのか?

自分が、読む傾向の本にKindle Unlimited対応の作品が多かったためか、今のところとても満足しています。今までだったら、買うかどうか迷う場面でも、Kindle Unlimitedならば迷わずにダウンロードしてしまいます。そして、恐るべき速度でガシガシ読んでいます。
おかげで読書が捗る捗る。

気になったら、即ダウンロード

どんどん読む

気に入らなかったら、読み飛ばし or 削除

読了後、削除


のような読書スタイルでやっています。
買った本だと、読み飛ばしたり、即削除みたいな雑な読み方にやや抵抗感があるのですが、そこらへんがライトな感覚でできるようになったことが、新鮮ですね。
端末から削除しても、ダウンロードしたものは、クラウド上には残っているので、再ダウンロードもすぐにできるというのも良いですね。

ちなみに、ここ最近読んだもの(または読んでいるもの)。余裕で980円分は、超えてましたね。











eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 「元を取る」という発想になると辛いかも?

よくこういう「○○放題」なサービスを利用し始めると、「元を取らなきゃ!」的な発想になってしまう人が多いと思います。
もちろん、その気持ちもよく分かるのですが、そこまでして続けるべきものでもないかと思うのですよね。私も特に読むべきものがなくなったなと感じたときには、サクッとやめるつもりです。読みたいものが、増えればまた再開すれば良いだけですしね。
あくまでも自由を得るための方法ぐらいに考えておくのが、精神衛生上にも良さそうです。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/816-eacc637e
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG