FC2ブログ
TOP > その他 > title - リモコンの調子が悪いときに試す3つのこと【改訂版】

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

リモコンの調子が悪いときに試す3つのこと【改訂版】

2019020300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
リモコンを使っているときに、いきなり効きが悪くなることがありますよね?
そんな時は、「電池が無くなったかな?」「リモコン壊れたかな?」「受光器が壊れたかな?」といくつか思い当たるのですが、どれか特定するのが、以外に面倒で時間がかかったりします。そこで、以下の方法を使えば、すぐにいくつかの可能性を消すことができますよ。
※この記事は、過去記事のリライト記事になります。最新版にアップデートしているので、新記事としてアップしました


  
【 リモコンの調子が悪いときに試す3つのこと 】  

 1.デジカメで発光部分を撮す

 2.リモコンがリセットされていないか確認する

 3.それでも動かない場合は受光器側の問題を考える







checkmark.png 1.デジカメで発光部分を撮す

たいていのリモコンは、赤外線で通信をしています。残念ながら赤外線は、人間の目では見ることができませんが、機械の目を通せば見ることができます。しかも、身近なデジカメで見ることができるのです。
今回アップした写真は、かすかな発光しか見られませんが、デジカメの機種によっては、かなり明るく感じるものもあります。

A:光る場合
2019020302.gif


もしも、電池残量があれば、このように発光しているのが分かります。
この場合は、少なくとも電池は、まだあることが分かります。

B:光らない場合
2019020301.jpg


しかし、デジカメで撮影しても、全く発光している様子が見られない場合は、電池残量がないか、リモコンそのものが壊れている可能性があります。その場合は、電池を交換してもう一度撮影してみましょう。それでも、発光しない場合は、リモコンが壊れている可能性が高いです。

しかし、気をつけなくてはいけないのは、

iPhoneのカメラでは写らない

ということです。どうやら、iPhoneのカメラは、可視光にかなり特化されたチューニングされているようで、赤外線が写らないのですよね。
※Androidで検証していませんが、Androidでも写らない機種があるという報告あり。

一番身近なカメラで確認できないのは、非常にもどかしいですよね?しかし、ご安心ください。iPhoneでも確認できる方法があるのです。
それは、

iPhoneのフロントカメラで撮影する

です。
なぜか、iPhoneのフロントカメラ(自撮りする方のカメラね)で撮影するとできるのですよ。今のところ、iPhone8まで確認できています。
※iPhoneXやXRなどの情報をお寄せいただけると嬉しいです!>@yoshinon

通常のiPhoneのカメラで撮影しても写らないけど…

2019020303.jpg



フロントカメラで撮影すると写る!

2019020304.jpg



checkmark.png 2.リモコンがリセットされていないか確認する

デジカメで撮して発光していることが確認できた場合は、今度はリモコンが、リセットされている可能性を考えましょう。
基本的に一つのリモコンで他社製品を操る場合は、リモコン側で操られる側の情報を登録しておく必要があります。これは、各社の説明書に対応表が載せられていると思うので、それを参考に登録し直すとよいですよ。

リモコンのペアリング作業に関しては、各サイトにも載せられています。概ねどこのメーカーでも似た方法でペアリングできますね。

接続・設定方法 | ブラビアリンクガイド | サポート・お問い合わせ | ソニー
接続・設定方法 | ブラビアリンクガイド | サポート・お問い合わせ | ソニー



設定方法について(6)│リモコン番号設定操作について│BDレコーダー・プレーヤー/4Kレコーダー│サポート・お問い合わせ:シャープ
設定方法について(6)│リモコン番号設定操作について│BDレコーダー・プレーヤー/4Kレコーダー│サポート・お問い合わせ:シャープ



TVメーカー番号の変更方法【Dシリーズ(DV-DH1000D、DV-DH500D、DV-DH250D、DV-DH160D)】
TVメーカー番号の変更方法【Dシリーズ(DV-DH1000D、DV-DH500D、DV-DH250D、DV-DH160D)】



テレビを操作できるようにリモコンを設定する | BWT620/BWT520 | ディーガ使い方ナビゲーション | ブルーレイディスクレコーダー | お客様サポート | Panasonic
テレビを操作できるようにリモコンを設定する | BWT620/BWT520 | ディーガ使い方ナビゲーション | ブルーレイディスクレコーダー | お客様サポート | Panasonic







checkmark.png 3.それでも動かない場合は受光器側の問題を考える

ここまで来て反応しない場合は、リモコン側の問題とは考えづらくなります。その場合は、受光器側の問題を考えましょう。

 □本体の電源は入っているか?(コンセントは抜けていないか?)

 □受光器部分が遮られていないか?

 □受光器部分が汚れていないか?


もしも、この3つもOKだった場合は、受光器の異常か本体の故障の可能性が高いです。

リモコンは、そんなに簡単に壊れないので、電池関係か設定のリセットが調べるポイントになります。デジカメで撮影するというのは、意外に知られていないと思うので、ぜひ試してみてください。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iPhoneのカメラに思うこと

iPhoneに限らず、ここ最近のスマホのカメラの進化はすさまじいものがあります。前回の「情報管理LOGが、2019年1月に注目した記事」でも、少し紹介しましたが、最近のiPhoneやスマホのカメラというのは、画像処理エンジンが進化しまくっていて、果たしてそれが現実を写し取ったものか?というのは、少々疑問が残る感じになってきています。
今回のリモコンの赤外線の件では、iPhoneの標準のカメラは、相当可視光に特化した作りをしてきているという表れでもあります。逆に言うと、フロントカメラは、そこまででもないということですが。少なくともデジカメにしても、iPhoneのカメラにしても、私たちの眼とは違う眼を持っていると思った方が良いのかもしれません。


Nature Remo mini 家電コントロ-ラ- REMO2W1
Nature, Inc.
売り上げランキング: 480

Canon コンパクトデジタルカメラ Power Shot SX620HS ブラック 光学25倍ズーム PSSX620HS(BK)
キヤノン (2016-05-26)
売り上げランキング: 8,073

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/83-5e38e7de
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG