TOP > アプリ > title - シームレスにiPhone&PC間でデータのやりとりするならPushbulletが最高って話

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

シームレスにiPhone&PC間でデータのやりとりするならPushbulletが最高って話

2017030700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
少し前だったら携帯デバイスとPCとのデータのやりとりって、ちょっとした工夫が必要でしたよね。でも、今やほとんど苦労せずにちょっとしたデータならば、iPhone&PC間でやりとりできてしまいます。今回は、私がサクッとデータをやりとりするのに使っているPushbulletについてレポートします。


  
【 シームレスにiPhone&PC間でデータのやりとりするならPushbulletが最高って話 】  

 1.Pushbulletとは何か?

 2.URLを送る

 3.テキストを送る

 4.画像を送る







checkmark.png 1.Pushbulletとは何か?

知っている人にとっては、「今さらPushbullet?」と言われそうだし、知らない人にとっては、「ナニソレ?」となりそうなアプリが、Pushbulletっぽい位置づけだなと思っています。

PC版は、こちら。

Pushbullet - Your devices working better together
Pushbullet - Your devices working better together



PC版で入れておいて欲しいのは、こちらのChrome拡張機能です。

2015021120.png


iPhoneアプリ。



これの特徴は、プッシュで相手に通知させることができ、様々なデータを送れるところです。この「プッシュで~」という部分がすごく大事で、受け手側が何も考えなくても良いところなんですよね。いちいちアプリを事前に立ち上げておく必要もなければ、同一Wi-Fiにつないでおく必要もないのです。入れていない人には、必ずお勧めするアプリの一つですね。

【 関連記事 】
通知センターから決まった相手に定型のメールを送る
CopyCenter2とPushbulletを連携してクリップボードのデータを送る
情報管理LOGが愛用しているChrome拡張機能15選 【後編】





checkmark.png 2.URLを送る

では、まず手始めにURLを送ってみます。Pushbulletの有能さを体験するには、これが手っ取り早いのです。

1.iPhoneからPCへ
では、情報管理LOGのこのページを送ってみましょう。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

iPhoneの共有から

2017030701.png



Pushbulletをタップします。

2017030702.png



すると、URLなどが入った状態になっているので、送り先を指定します。今回は、PCのChromeの拡張機能に送ってみるので、「Chrome」を選択します。
※Windowsの通知に送ることもできます。
そして、「Post」をタップ。

2017030703.png



すると、PCのChromeで勝手にタブが立ち上がり、送ったURLが表示されます。

2017030704.png


動画で見てみると、こんな感じになります。





2.PCからiPhoneへ
PCもChromeで送るのが、一番簡単なので、そこから送ってみます。
送りたいURLのページを開いておいて、拡張機能のPushbulletをクリック。

2017030705.png



この手順でクリックすると…

2017030706.png


このように送られます。iPhoneでも、通知をタップするだけで、あとは何もしなくてもブラウザが立ち上がり、送ったURLが開かれるのです。なんという楽さ!!

2017030707.png

2017030708.png


動画で観てみると、こんな感じ。自動で開かれるのスゴイですよね。







checkmark.png 3.テキストを送る

だいたい仕組みが分かったところで、他のモノも送ってみましょう。
テキストも同じ方法で送れます。

1.iPhoneからPCへ
iPhoneからPCにテキストを送る場合は、やり方が2通りあります。
1つ目は、Pushbullet本体から送る方法です。これは、とても単純でPushbulletを立ち上げ、メッセージ欄にメッセージを入力。
そして、「Send」をクリックすれば良いのです。

2017030709.png



このようにURLと同じようにPushbulletの自分のページが開きます。ちゃんとテキストが送られているのが分かりますね?

2017030710.png




もう一つが、iPhoneの共有Extensionを使う方法です。
例えば、Drafts上で文字を入力して

2017030711.png



「Share」をタップ。

2017030712.png



Pushbulletをタップすると…

2017030713.png



このようにPushbulletにテキストが貼られた状態になっているので、そのまま「Post」をタップ。

2017030714.png



ちゃんと届きました。

2017030715.png




2.PCからiPhoneへ
先ほどと同じくChromeの拡張機能のPushbulletをどこのページでも良いので、クリックします。すると、URLを送る準備ができているので、あえて×をクリックして、消してしまいます。

2017030716.png



そして、送りたいメッセージを入力して、送ると…

2017030717.png



iPhoneの通知にメッセージが表示されます。それをタップすると

2017030718.png



Pushbulletが立ち上がります。

2017030719.png



メッセージをコピーしたければ、長押しすれば簡単にできます。Shareを使えば他のアプリにデータを渡すこともできます。

2017030720.png




checkmark.png 4.画像を送る

URLやテキストまでは、Pushbulletだったらできるだろうなという予想が立つわけですが、画像ではどうでしょうか?
実は、画像も簡単に送ることができます。実はこれ、ちょっとしたやりとりならば、非常に速いので重宝しますよ!


1.iPhoneからPCへ
それでは、この写真を送ってみます。

2017030721.png



共有ExtensionからPushbulletをタップします。

2017030722.png

2017030723.png



そして「Post」。

2017030724.png



すると、Chrome側には、画像がプッシュで表示されます。写真1枚ぐらいだったらこれが一番速い気がします。

2017030725.png




2.ChromeからiPhoneへ
Chromeから送るときは、もっと簡単ですよ!
送りたい画像上で右クリック。

2017030726.png



「Pushbullet」を選択して、サブメニューにあるiPhoneをクリックします。

2017030727.png



すると、iPhoneに瞬時に通知が届くので、それをタップ。

2017030728.png



Pushbullet上に画像が届いているのが分かるはずです。

2017030729.png



その画像を長押しして、「Share」で「Download this file?」と聞かれるので、「Download」をタップすると、カメラロールに保存されます。

2017030730.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 本当に速いのでオススメです

自分の中では、Dropbox経由や他のオンラインストレージ経由で送ったりするよりも、圧倒的に速くて簡単に送ることができるこの方法がオススメなのですよね。
とにかく何も考えなくても、プッシュで送られるというのが、良いですよね。

しかし、気をつけなくてはいけないのは、PushbulletはP2Pで送っているわけではなく、あくまでPushbulletのサービスを介して送っています。したがって、プライベートで漏れて困るものや、パスワードなど重要な情報を送るのは、止めた方が良いです。

とはいえ、簡易的にサクサクやり取りできるこの楽さになれたら、元に戻れませんよ。


いよいよ「アイデア大全」のKindle版が発売されるようです。即購入しようと思います。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/830-762a747e
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG