TOP > ソフト > title - Windowsを便利にする小粒な5つのツール

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Windowsを便利にする小粒な5つのツール

2017032400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、私が日常的に使っている小粒なんだけど、超絶便利なツールの紹介です。自分的には、これがないとやってられないというものを5つご紹介いたします。


  
【 Windowsを便利にする小粒な5つのツール 】  

 1.Clibor

 2.Orchis Launcher

 3.fenrir

 4.everything

 5.紙copi







checkmark.png 1.Clibor

これは、情報管理LOGで何度か紹介しているクリップボード活用ソフトです。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

もはや、このソフトを導入していなかった日々のことを思い出すことさえ難しいというレベルになってしまっています。このソフトは、クリップボードの履歴を最大10000件(!)

2017032401.png



保存しておくことができ、それを簡単に再利用できるのです。
例えば、

ああああ
いいいい
うううう

という文字列を各行コピーしておけば、好きなタイミングでペーストすることができるようになるのです。こんな風にね。

2017032402.gif



さらに、クリップボードの文字列を置換したりすることもできるので、単なるクリップボード管理ソフトの枠を超えていますね。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




checkmark.png 2.Orchis Launcher

画面上のどこからでも起動できるランチャーです。

2017032403.png



これの特徴は、フォルダやプログラムを登録できるだけではなく、様々なWindowsの設定関係も起動できるので、手放せません。
自分は、ファイル閲覧ソフトであるMDIEというソフトの起動や、Windowsをスリープさせるなどに使っています。

【関連記事】
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




checkmark.png 3.fenrir

まだ、fenrir使っているの??

とか言われそうですが、ツールというのは、手になじんでこそツールなのだと思うのです。このソフトは、古参のコマンドラインランチャです。2のOrchis Launcherが、グラフィカルなのに対して、こちらのfenrirは、非常に地味クラシカルな装いです。

2017032404.png



私は、F1キーに起動を割り当てているのですが(ヘルプ読まんし)、超高速起動で文字列だけで、ファイルでもプログラムでも起動できてしまうのです。

2017032405.png



使えば使うほど賢くなってくるので、起動頻度が高いものほど、わずか数文字で起動したりします。

2017032406.png



あと、コマンドという機能を使うと、予め文字列に起動したいプログラムやファイルを割り当てることも可能です。キーボードから手を離さずに、プログラムやファイルをサクサク立ち上げられる快感に慣れると戻れません。

【関連記事】
Windowsをブラインド操作する(ファイル操作編)
fenrirで高速快適ランチャ生活(前編)
fenrirで高速快適ランチャ生活(後編)




checkmark.png 4.everything

こちらもコマンドラインランチャです。というか、ファイル名検索ソフトかな?
こちらも、起動が速い&データベース構築が爆速という素晴らしい一品です。

2017032407.png



私は、行方不明になったファイル探しに使うことが多いかも。
とにかくインデックスの作成が、超早いのでWindows標準の検索の使用頻度が低いです。




checkmark.png 5.紙copi

保存が不要な高機能なメモ帳です。保存が不要なのは、打ち込んだ瞬間に保存してくれるからです。今でこそWindowsがフリーズするような場面というのは、かなり減りましたが、昔はしょっちゅうあって、そのたびに文章が全滅ということも多かったのです。しかし、紙copiに出会ってから、それが一切なくなりました。それ以来、PCでのテキスト関係は、ほぼこれで書くようにしています。
さらに、かなり前からDropbox上に紙copiのフォルダを作成し、テキストをそこに集約しているので、データが失われる危険性がさらに低下しました(世代バックアップも自動でされるしね)。PCでは、紙copi。iPhoneやiPad miniでは、TextForceとかDropboxと連携をとれるアプリで編集するようにしています。そうすることによって、いつでもどこでも書けるようになったのです。

2017032408.png



【関連記事】
私がブログを書く際に使っているツールやサービス(ライティング編)
Textforceと紙copiの連携でどこでも執筆
Dropbox + 紙copiで最強メモバックアップ




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 小粒だけど存在感は大きいです

今回挙げたソフトは、私が使わない日はないというぐらい日常的に愛用しているものです。そして、どれもプログラム的には、小さく軽く、まさに小粒と言っても差し支えないぐらいのものですが、私の中ではなくなると非常に困るレベルのソフトです。
そして、そのどれもが、なかったときの頃のことを想像できなくなってしまうのですよね。あの作業って、このソフトなかったときは、どうやっていたのだっけ??みたいな。

というわけで、皆さんも手になじむツールをぜひ使ってみてください!




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/846-861b2ae7
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG