TOP > アプリ > title - KindleにWebページを送ることができるようになりました

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

KindleにWebページを送ることができるようになりました

2017032600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、Kindleのアップデートによって、WebページをKindleに送ることができるようになりました。今回は、実際に使ってみて、実用性に関して検証してみました。


  
【 KindleにWebページを送ることができるようになりました 】  

 1.KindleのアップデートでWebページの保存が可能に

 2.KindleにWebページを送ってみる

 3.KindleでWebページを読むメリット・デメリット







checkmark.png 1.KindleのアップデートでWebページの保存が可能に

先日のiOS版KindleのアップデートでWebページをKindleに送ることができるようになりました。

2017032601b.png



これは、なかなか期待できるアップデートですね。
私は、Kindleで本や漫画をかなり読んでいるので、その感覚でオフラインでもWebページが読めたら面白いですよね。





checkmark.png 2.KindleにWebページを送ってみる

では、実際にWebページをKindleに送ってみたいと思います。
情報管理LOGのこのページを送ってみます。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


iOS版のChrome(SafariでもOK)の共有Extensionを開きます。
Kindleがなければ、一番右側の「その他」をタップ。

2017032601.png



Kindleが一覧にあるので、それをオンにしてください。

2017032602.png



そうすると、共有ExtensionにKindleが現れます。
「Kindleに送信」をタップ!

2017032603.png



「送信」をタップしましょう。

2017032604.png


では、実際に送られたかどうか確認してみましょう。Kindleアプリを立ち上げます。すると「DOC」というアイコンがあります。これをタップしてダウンロードします。

2017032605.png



ダウンロードされると、アイキャッチ画像が書影になっていることが分かります。

2017032606.png




checkmark.png 3.KindleでWebページを読むメリット・デメリット

では、Kindleに送ったWebページを読んでみましょう。
iPhoneのKindleで表示するとこんな感じです。

2017032607.png



タイトルの下のところにURLが記載されてますね。読み進めるときは、縦スクロールではなく、他のKindle本と同じように横スクロールになります。これが、最初すごく違和感あります…。あくまで本と同じ位置づけっていうことですよね。

以下にメリット(良い点)やデメリットについて挙げてみます。


1.文字の大きさや行間を変えることができる
サクッと簡単に読みやすい文字の大きさや行間にすることができます。

2017032608.png



文字を大きくしてみるとこんな感じ。読みやすい!

2017032609.png



2.背景を変更できる
背景の色を変更できます。黒にしてみるとこんな感じ。暗い中で読むときに良いですね。

2017032610.png



3.辞書やWikipedia、翻訳もできる
通常のKindle本と同じことができるので、例えば、文字を選択すると、このように辞書やWikipedia、翻訳も可能です。もちろん、ハイライトも付けられるし、メモも残せます。Webページの新しい楽しみ方ができそうですね。

2017032612.png



4.動画、アニメーションGIFは再生されない
Webページページなので、当然、YouTubeの埋め込みやアニメーションGIFなども入っていたりするのですが、残念ながら再生されません。
これが、元のページ。

2017032613.png



そして、これがKindleで表示したところ。動画の部分がまるごとなくなっていますね。

2017032614.png



ちなみに、動画だけではなく、Twitterの埋め込みなどの埋め込みタグ系はかなりの部分非表示になっています。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Kindleは、まだまだ改良の余地あり

オフラインでも読む事ができるので、長文のWebページだったら使い勝手はありそうです。とはいえ、ちょっと使い処に悩んでしまうかも。
それと、いつもKindleを使っていて思うのですが、あのUIなんとかならないですかね。冊数が増えれば増えるほど、見づらく探しづらくなるのです。これでは、Webページをサクサク送った日には、ますます見づらくなること必至ですね。
まずは、UIの改良をやってもらいたいです。


2017032615.png



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/848-a8d3905d
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG