TOP > Webサービス > title - Drip(highlite)でクリップしたものを、Evernoteに保存する方法

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Drip(highlite)でクリップしたものを、Evernoteに保存する方法

2017041200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Drip(旧highlite)使っていますか?
ネット上の気になった記事のテキストをクリップできるサービスなのです。しかも、それだけではなく、他の人のクリップも参照できるなど、SNS的な運用もできる素敵なサービスです。
今回は、自分がクリップした記事をEvernoteに保存する方法についてです。
自動で蓄積されるので、手間いらずでいいですよ!


  
【 Drip(highlite)でクリップしたものを、Evernoteに保存する方法 】  

 1.Drip(highlite)が、RSSに対応しました

 2.IFTTTでEvernoteに送る

 3.実際にやってみる







checkmark.png 1.Drip(highlite)が、RSSに対応しました

昨日の記事にも書きましたが、Drip(旧highlite)が、RSSに対応しました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

ちなみに、Dripというのは、Web上の記事を簡単にクリッピングできるサービスです。

drip
drip





アプリもあります。



さらに、以下のような特徴があります。

 1.記事で気になった部分だけをクリップできる
 2.自分のページにストックできる
 3.TwitterやFacebookに投稿できる
 4.関連する他の人のクリップも見られる
 5.他の人をフォローすることができる
 6.「リクリップ」、「お気に入り」というTwitterに似た概念がある
 7.埋め込みタグを取得できる


自分の中の最大のヒットは、7の埋め込みタグの取得ですね。
これによって、記事の引用がめちゃくちゃラクになりました

こんな風に引用できるのです。

森(情報)は、どんどん大きくなっていくけれど、木を伝っていくテナガザル(私)は、迷うこともないし、落ちることもない。そして、木から木へと伝っていくことで、森全体を理解することにつながるのではないか?

Scrapboxは、情報のテナガザルなのかもしれない - 情報管理LOG



このDripが、RSSに対応したということは、かなり夢が広がる展開になってきました。自分的には、Web上で蓄積したものは、Evernoteにも蓄積していきたい派なのです。

DripのRSSを見るのは、超簡単です。

http://drip.ink/users/ユーザー名.rss

と、自分のクリップのURLに「.rss」を付けるだけです。
だから、私のDripのRSSは、

http://drip.ink/users/yoshinon.rss

となります。




checkmark.png 2.IFTTTでEvernoteに送る

ここからが、本日のメインです。

EvernoteにDripでクリッピングした記事をどんどん蓄積できれば、どこからでも確認できるし、何よりも蓄積できるという安心感が生まれますよね。

RSSとEvernoteという組み合わせで考えたら、IFTTTで!
というのは、もはや定番ですよね。

Discover IFTTT and Applets - IFTTT
Discover IFTTT and Applets - IFTTT






では、登録してみたいと思います。

まずは、上記にもあるようにRSSのURLを取得します。Drip上のマイクリップでURLに「.rss」を付けてみます。

2017041201.png



すると、このようにRSSが表示されます。
※昨日、DripのRSSが、かなり改善されてアイコン表示や画像の表示など見やすくなりました!!

2017041202.png



URLをコピーしておきましょう。
次にIFTTTにアクセスします。
右上のアイコンをクリックすると、メニューが出てくるので、「New Applet」をクリック!

2017041203.png



すると、おなじみの「IF~THEN」が出てきます。まずは、「THIS」をクリック。

2017041204.png



何も検索しなくても、RSSのアイコンが一番上にあるので、そのままクリック。

2017041205.png



「New Feed item」を選択します。

2017041206.png



先ほどのURLを入力しましょう。そして、「Create trigger」。

2017041207.png



次に「THEN」を設定していきます。

2017041208.png



「Evernote」を検索して…

2017041209.png



「Create Note」をクリック。

2017041210.png



事前にEvernoteに保存しておきたいノートブックを作っておくと良いかもしれません(お好みで)。私は、「Drip」というノートブックを作っておきました。

2017041211.png



これが、レシピの内容になります。タグは、特に設定しませんでした。

2017041212.png




checkmark.png 3.実際にやってみる

それでは、実際にやってみましょう。

気になる一文をクリップしてみます。

2017041213.png



クリップしたもの。

<紙copi> ・保存の概念がなく、書いた瞬間に保存される ・簡単にWebを取り込むユビキタスキャプチャな感覚 ・テキストが蓄積されていくことによって生じる情報の厚みと価値 ・マーカーを付けるときには、[]と囲う <Scrapbox> ・保存の概念がなく、書いた瞬間に保存される ・テキストベースのWiki ・非常に簡易的に記述できる ・情報同士の結びつきが、新たな価値を作り出す→結びつき自体が価値を生じる ・リンクや画像の表示、文字装飾には、とりあえず、[]を付ける

Scrapboxと紙copiとの意外な接点とは? - 情報管理LOG



さて、Evernoteに入ったでしょうか?
確認してみましょう。
きちんと入っていますね。

2017041214.png


これで、Evernoteにも確実に蓄積できますね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 もちろん、他にも色々できますよ

RSSに対応したということは、IFTTTと連携させれば、それこそ色々できちゃうわけです。例えば、

・Dripにクリップ → Twitterでつぶやく
・Dripにクリップ → メールで自分に送る
・Dripにクリップ → Pocketにそのページ保存
・Dripにクリップ → Googleカレンダーに登録


とかとか…。
実に夢が広がります。

自分が、気になったことが、様々な形で蓄積されていくというのは、いいですね。


【Kindleセールのまとめ】
※期日が迫っているものがあります。
【最大50%OFF】KADOKAWA メディアミックスフェア(4/13まで)
【50%OFF以上】IT書合同キャンペーン(4/13まで)
【50%OFF】新生活のためのビジネス書 特集(4/13まで)
【最大30%ポイント還元】40周年記念 かんき出版ベスト100タイトル(4/13まで)
【30%OFF】新社会人&就職生応援 仕事術フェア(4/13まで)
【120冊半額】春の光文社新書フェア(4/20まで)
【50%OFF以上】学研リレーセール春の超拡大版第2弾(4/20まで)
【30%OFF】はじめての現代新書フェア(4/20まで)
【30%OFF】本屋大賞関連作フェア(4/27まで)
竹書房コミック半額セール(期間不明)
【70%OFF以上】写真集セール(4/30まで)
集英社春マン2017 第4弾(期間不明)
集英社春マン2017 第3弾

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/865-474fa99b
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG