TOP > Webサービス > title - 今、ウワサのMastodonを使ってみた!!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

今、ウワサのMastodonを使ってみた!!

2017041500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ポストTwitterという触れ込みで、急速に拡大しつつあるMastodon(マストドン)を使ってみました。まだ、夜明け前といった様相で、非常に面白いのでご紹介いたします。
まだ、始めたばかりですので、理解が浅い部分もあります。もしも、記事上で間違いなどございましたら、ご指摘願えればと思います。


  
【 今、ウワサのMastodonを使ってみた!! 】  

 1.Mastodonとは何なのか?

 2.登録&設定してみる

 3.MastodonのFAQ







checkmark.png 1.Mastodonとは何なのか?

今、耳の早い人たちの間で急速に拡大しつつあるのが、ポストTwitterという触れ込みで現れたMastodonというサービスです。なんとドイツ在住の24歳の若者が、開発したということで、その点でも盛り上がっています。

外観は、TweetdeckやHootsuiteのような複数のタイムラインが横に並ぶような感じですね。

2017041501a.png



さて、このMastodonですが、非常にTwitterに似ているサービスです。しかし、Twitterとはいくつかの点で決定的に異なっているので、その点を説明していきますね。

1.インスタンス(サーバー)で分散管理されている
Twitterとの一番の大きな違いですね。
Twitterは、Twitter社が1社で全てのタイムラインを管理運営しています。しかし、Mastodonは運営者が各々にインスタンス(サーバー)上で管理運営しているのです。しかも、やろうと思えば、自分でもインスタンスを立てることができるのです。
集中管理か分散管理かの違いですね。

2017041501.png
2017041502.png




2.アカウントは、所属するインスタンス上で作成する
アカウントの作成は、中央というモノが存在しないので、自分が信頼できると思ったインスタンス上で作成することになります。ただし、どこのインスタンスで立てようとも、連合(※後述)タイムラインを見ることも、つぶやくこともできるのです。


3.フォロー&フォロワーは、インスタンスに関係なくできる
インスタンスは、あくまで自分のアカウントの登録先であって、どこのインスタンスに所属していてもフォローしたり、ふぁぼられたりできるのです。


4.ローカルタイムラインと連合タイムライン
ローカルタイムラインというのは、インスタンス上を流れるタイムライン。
連合タイムラインとは、完全に公な場でのタイムラインになります。インスタンスに関係なく流れていきます。このあたりは、Twitterとの決定的な違いなので、分かりづらいですよね。


5.500文字まで投稿できる
Twitterは、少しずつ緩和されてきているとはいえ、140文字という上限は変わっていません。それに対しMastodonは、500文字まで投稿できます。まさにマイクロブログですね。


6.用語の違い
ほんの少し用語に違いがあるので、確認!

tweet (ツイート) → toot (トゥート)
retweet (リツイート) → boost (ブースト)
follow (フォロー) → follow (フォロー)
お気に入り → お気に入り





checkmark.png 2.登録&設定してみる

実際にMastodonへの登録方法です。一般的なWebサービスでしたら、URLを指定して、そこからすぐにサービス登録の説明ができるのですが、Mastodonの場合、どこのインスタンスにするかというのが、けっこう重要な気がします。

一応、自分的にここは良いのではないか?と思ったインスタンスを挙げておきます。

1.mstdn.jp
日本人が多く、すごく安心感があります。でも、急速にユーザーが増えてきているので、やや重い?

mstdn.jp - Mastodon
mstdn.jp - Mastodon





2.mastodon.cloud
かなりメジャーなインスタンス。ユーザー数多いです。安定してるかな?

mastodon.cloud - Mastodon.cloud
mastodon.cloud - Mastodon.cloud






登録自体は、他のWebサービスとあんまり変わりません。
ユーザー名、メルアド、パスワード(新しいパスワードってよく分からないから同じの入れておいた)でできます。
「始める」でOK!

2017041503.png



すると、すぐに登録確認のメールが届きました。

2017041504.png



で、ログイン。

2017041505.png



設定項目を見ていきましょう。
まずは、「ユーザー設定」。
私は、言語を日本語にして、Publicにしました。

2017041506.png



「プロフィールの編集」では、アイコンやヘッダーなども設定できます。

2017041507.png



なんと、二段階認証にも対応しているようです。ほぉ。

2017041508.png





checkmark.png 3.MastodonのFAQ

とりあえず、現段階で私が知り得たことで、これは疑問に思うだろうなということこをFAQとしてまとめてみました。

1.インスタンス毎に登録しないとダメなの?
そんなことはありません。
インスタンスを超えてフォローすることもできます。ただし、ローカルタイムラインは見られないかも。


2.公開設定は?
Twitterと違って、投稿時に公開設定ができます。
これ、Twitterでも採用しないかな?




3.分散管理ということは、一度投稿したものは消すことができないの?
できません。
これが、分散管理のメリットでもあり、デメリットでもあるのです。
まだ、世界中のインスタンスの数が少ないから良いのですが、これから加速度的に数が増えてくれば、本当にずっとネットの海を漂うことになるでしょうね。


4.アプリはないの?
iPhone用は、こちら。



そして、Androidは、こちら。

Tusky - Google Play の Android アプリ
Tusky - Google Play の Android アプリ







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 まだまだ発展途上

登録して使ってみましたが、時々落ちることもありました。(最近、Twitterでは見なくなった)鳥がクジラを運ぶイラストが表示されますが、こちらはマンモスが運ばれていきます。

そして、最近のTwitterではアルゴリズムでタイムラインを制御していますが、Mastodonではそんなことはしていません。そのため、初期のTwitterのように鬼のような速度でタイムラインが流れていく様子が見られます。そういう様子を含め、なんだか楽しいのですよね。「Twitter老人会」などと揶揄されていたりもしますが、アーリーアダプターによる幸せな時間が流れているように思いました。

参加するならば、今かもしれません。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/868-ee00919a
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG