TOP > Webサービス > title - Linoは、すごい(中編)

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Linoは、すごい(中編)

前回の前編に引き続き「Linoは、すごい」の中編です。

4.公開設定ができる
lino02
Linoは、単なる付箋ソフトにとどまらないwebサービスであるということの一つに公開設定ができるということがあります。
単に個人が使う付箋というだけではなく、仲間内にだけ公開したり、または全てに公開することで仕様用途が広がります。私がよく使うのは、仲間内での公開です。仕事の関係での備忘録をお互いに付箋形式で貼り合うのです。また、お互いのアイデアをすりあわせるのにもKJ法的に使えるので有効です。同時に編集してもほぼリアルタイムに相手側に変更点が、表示されるというのもなかなか良い点です。
*現在は、グループキャンバスという形で実装されています。

5.付箋を貼るためのキャンバスをいくつも作成できる
上の共有設定するために、メインキャンバスを使っているのではありません。その共有毎に新しいキャンバスを作成していきます。つまり、付箋を貼る場所を用途毎に用意できるのです。アイデアを貼りためておくためだけのキャンバスやToDo管理のためだけのキャンバス。仕事仲間と共有するためのキャンバス。など用途毎に使い分けができるのです。

6.プライベートな付箋は、隠すことができる
lino04

仕事場で使っているToDo用のキャンバスにプライベートな内容のToDoを貼ることは、さすがにためらわれますよね?そういうときのためにプライベートな付箋を隠す機能がついています。付箋を貼るときに「プライベート」にチェックを入れておくことで、プライベートを表示にしない限り表示しないようにしておくことも可能なのです。これは、意外と便利ですよ。



関連記事

Linoは、すごい(前編)
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/9-9d1f9dd7
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG