TOP > 手帳 > title - Documentsの同期フォルダでアナログ手帳とのハイブリッドが最強に高まった!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Documentsの同期フォルダでアナログ手帳とのハイブリッドが最強に高まった!

https://gyazo.com/fa233c36348e690f3e1e6dbcaac397d5


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、書いたDocumentsについての記事の続編です。
Documentsと手帳との相性は抜群なのですが、ほんの少しだけ不満がありました。しかし、それが完全に消え去り、さらにアナログとデジタルによるハイブリット手帳術が最高に高まりました。今回は、Documentsによる手帳のデジアナ問題の改善についてです。
これが、Documentsの機能改善により、圧倒的にこのデジアナ問題の解決に向かいそうです。

  
【 Documentsの同期フォルダでアナログ手帳とのハイブリッドが最強に高まった! 】  

 1.手帳のデジタル&アナログ管理問題

 2.Documentsの同期フォルダとは

 3.Documentsの同期フォルダで手帳を見られるようにする







checkmark.png 1.手帳のデジタル&アナログ管理問題

情報管理LOGのメインコンテンツの一つに手帳があります。

情報管理LOGの手帳記事関連

その中でずっと取り組んでいるものの一つに、アナログの手帳とデジタルをどのようにハイブリットさせていくかというのがあります。

今のところ方針としては、この3つ。

・メモ取りなどは、速度的にも自由度的にも基本的にアナログの手帳に適わないので手帳で
・しかし、分厚く重い手帳は持ち歩きたくない
・デジタルの良さは、検索性と物理的な重さがないこと。したがって、手帳のアーカイブはデジタルで。
・最終的にデジタルに集約していく



この方針の下、今までは以下のようにしていました。

1.メモ、アイデア、記録関係は、手帳で行う
  ※デジタルでのメモも当然やっていますが、アナログが優位な場合が多い
2.毎月1日にScanSnapで手帳をスキャンする(jpg形式で)
3.スキャンした手帳は、リネームしてDropboxへ
  同時にEvernoteにも保存
4.半年に1回3のjpgをPDFに変換して、1ファイルにする
5.4のPDFは、Dropboxに入れるとともに、iPhone&iPad miniのDocumentsにも入れておく


図にするとこんな感じ。

https://gyazo.com/63b715a588269d93788cc4c39f53b340



これでも、今までは十分満足していたのですが、それでもPDFとして参照できるようになるまでの半年間は、Evernoteから参照するか、実物の手帳を参照するしかなかったのです。

しかし、その状況に圧倒的に風穴を開けてくれたのが、Documentsでした。







checkmark.png 2.Documentsの同期フォルダとは

Documentsの同期フォルダという機能を使うことによって、この問題に風穴を開けていきたいと思います。

その前にDocumentsの同期フォルダというのは、どのようなものかというと、

オンラインストレージと同期し、
オフラインでもアクセスできるようにする機能


です。
これに関しては、昨日の記事で書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


私は、常にiPad miniを持ち歩いています。そして、前述のようにPDF化した手帳をこのように約5年分入れています。

2016102804.png



しかし、半年に1回しかPDF化していなかった現状から、月1回の手帳スキャンした画像も手軽に参照できると、もはや半年分の手帳すら持ち歩かなくても良くなるかもしれません!




checkmark.png 3.Documentsの同期フォルダで手帳を見られるようにする

それでは、実際にDocumentsの同期フォルダで手帳を見られるようにしていきましょう。

まずは、Documentsでオンラインストレージに接続しておいてください。

https://gyazo.com/d81357bc168801814d95bd8bc572afca

https://gyazo.com/498ae2ed9a37ee42481aef1c246bfc61


今回は、私の環境であるDropboxで説明していきます。

左の「クラウド上」のDropboxをタップすると、Dropboxのフォルダにアクセスできます。
今回は、すでにScanSnapのフォルダの中に作成してある「手帳Archive」というフォルダを同期フォルダとして設定していきます。

https://gyazo.com/2a989852149b94a0c70b1267ca399a5c


「手帳Archive」のフォルダをタップして中身を表示させます。そして、右上の「同期」という部分をタップ。

https://gyazo.com/aaab0e0f64797d921c400372e3259bd6


すると、このようなダイアログが出るので、「このフォルダを同期」をさらにタップ。

https://gyazo.com/3304cc6f9b9986165558ccc4caa856e4


すぐに同期用のファイルがiPad mini上にダウンロードされていきます。

https://gyazo.com/dd1d60ee37845ee091907a8a504654f6


中身を見てみましょう。
きちんと、全て入っています。

https://gyazo.com/5996eb71076d1f8a8f681971d731173f


左側のメニューにも「同期フォルダ」という項目が追加されていることが分かるはずです。

https://gyazo.com/ac14fd95cea6974c21927ca5b0894af2


これによって、いつでもどこでも(たとえオフラインであっても)、サクッと手帳の中身を確認することができるようになったのです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 これは手帳管理のエポックメイキングになります

なんだ、手帳をスキャンした画像をダウンロードしているだけじゃん?

と思った人もいるかもしれません。
しかし、そうではないのです。Documentsの同期フォルダのすごいのは、オンライン時は同期しているので、Documents上でその手帳画像に手を加えたものは、きちんとDropbox上にも反映されるし、逆にDropbox上で修正した場合も、きちんとDocuments上に反映されるのです。そして、スキャンする度に自動で追加されもするのです。

これは、ちょっとした手帳管理における革命だなと思うのです。
アナログである手帳は、常に数ヶ月分だけ持ち歩き、基本的にはこれからかかれるであろう未来の分の空白のページを多く持ち歩けば良いのです。何なら、昨日までのページすら必要がなくなるかもしれません。なぜならば、手帳の時間軸は、常に未来に向けて一方通行だからです。過去の手帳は参照されるだけなので。

そう考えると、手帳管理における転換点を迎えた感じすらしています。



【Kindleセール情報】
【ALL95円】電子書籍でしか読めない! 文春e-Books特集(6/1まで)
アクションコミックフェア【無料多数】
【50%OFF】サブカル本特集(6/1まで)
【30%OFF】紙書籍の新品が入手困難な作品特集 (6/1まで)
【ALL200円】講談社の実用書100冊フェア(6/1まで)
【30%OFF】幻冬舎ビジネス書フェア (6/1まで)
幻冬舎plus+ 1周年半額フェア(6/1まで)
【50%OFF】日本文芸社大規模セール(6/1まで)
【50%OFF】Kindleライトノベルフェア(6/4(日)まで)
【50%OFF以上】あたしんちフェア(6/8まで)
【ALL95円】電子書籍でしか読めない! 文春e-Books特集(6/1まで)
【50%OFF】夏目前!ダイエット特集(6/8まで)
【40%ポイント還元】ビジネス/IT/実用書 2016年度ベスト50(6/8まで)


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/906-6f529251
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG