TOP > アウトプット思考法 > title - 「やりたいことがやれていない」というジレンマとどう闘うか?#アウトプット思考法

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

「やりたいことがやれていない」というジレンマとどう闘うか?#アウトプット思考法

2017070400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
「やりたいこと」や「やらなくてはならないこと」がたくさんあるのに、自分はほとんど「やれていない」という自己嫌悪を覚えたことって一度や二度ぐらいあるのではないでしょうか?
妙な焦りと苛立ちで、余計に手がつかなくなるだけではなく、自己嫌悪によるセルフイメージの低下など、良いことがありません。今回は、「やりたいこと(やらなくちゃいけないこと)がやれていない」に対して、どのように闘っていけば良いか?について考えてみました。


  
【 「やりたいことがやれていない」というジレンマとどう闘うか? 】  

 1.元となった記事

 2.「やりたいこと・やらなくてはいけないこと」=時間

 3.脳の外へ一度出す







checkmark.png 1.元となった記事
やりたいことがやれていないというジレンマとどう闘うか?
先日、こんな記事が上がっていました。
佐々木正悟氏の記事です。

タスク管理とセルフイメージの低さにはどんな関係があるのか? - 佐々木正悟のメンタルハック
タスク管理とセルフイメージの低さにはどんな関係があるのか? - 佐々木正悟のメンタルハック





で、その記事は、この記事に対する返歌的に書かれていました。

【日記】タスクリストを断捨離した - 言いたいことやまやまです
【日記】タスクリストを断捨離した - 言いたいことやまやまです





詳細は、元記事を読んでいただきたいのですが、下の記事では、筆者であるやままさんの抱えている苦悩が描かれています。

放っておくと、タスクはどんどん増えていく。焦燥感が募るばかりだ。増えるばかりのタスクに優先度をつけていないから、結局あっちもこっちも手を出して、どれも終わらない。達成感ゼロどころかマイナス。ああ、私はなんてダメな人間なんだろう!

【日記】タスクリストを断捨離した - 言いたいことやまやまです



「あーこういう苦悩そういえば、自分にもあったな」と思い出しました。
まるで過去の自分はそうであり、今の自分には皆無みたいな書き方をしていますが、今でも時々そう感じることもあります。

しかし、昔感じたやままさんのような自己嫌悪は、かなり薄れています。

上の佐々木正悟氏の記事では、以下のように分析しています。

ひとり時間(ひとりの時に自分らしく自分のことを忘れる時間)が足りないのか、親密時間(二人以上の時に自分自身を意識させられすぎる)が足りないのか、集中時間(トリンプさんのがんばるタイムのような時間)が足りないのかは分かりませんが、これらの時間が不足してくると、人は現状に強い不満を抱くようになります。

タスク管理とセルフイメージの低さにはどんな関係があるのか? - 佐々木正悟のメンタルハック



私も「なるほどな」と思い、このようにツィートしました。





もう一度整理すると

1人だけの自分時間=ひとり時間
2人以上の自分時間=親密時間
仕事中の自分時間=集中時間”


という時間が、きちんと確保されていないと、現状に強い不満を覚えるということでした。

上の記事のやままさんは、

「自分にとっておもしろいかどうか」というフィルタ

をかけることによって、タスクの総量を減らすというタスクの断捨離を行うことで、「時間」を確保しようとしているというところで話は終わっています。

果たしてこのフィルタは、正しいかどうかは私には分かりませんが、少なくとも短期的には、効果をもたらすだろうなと思いました。しかし、長期的には、やはり同じジレンマに陥る可能性もあるだろうなという気もしています。





checkmark.png 2.「やりたいこと・やらなくてはいけないこと」=時間

佐々木正悟氏は、上で書いたように、「ひとり時間」「親密時間」「集中時間」という「時間」と「やりたいこと」「やらなくてはいけないこと」の総量が、釣り合っていないためであるという主張でした。

2017070401.png




そのために、

・やるべきだが実際にはやれないこと→リストから削除する
・やったほうがいいが実際には時間が取れないこと→リストから削除する
・やれるとおもったけれどやれなかったこと→リストから削除する

タスク管理とセルフイメージの低さにはどんな関係があるのか? - 佐々木正悟のメンタルハック


とするべきであるということでした。

つまり、「やりたいこと」「やらなくてはいけないこと」の総量を削ることによって、自分の持てる時間の総量とバランスを取るという結論です。

2017070402.png


仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則」におけるクローズリストにする方法ですね。

これは、やままさんもタスクの断捨離という方法をとることによって、同じ結論に達したように感じられます。

確かに私たちに与えられた「時間」という枠組みは、有限で1日には24時間しかありません。タスクシュートなどで自分の時間を計測していくと、そのうち自由になる時間というのは、頭の中で予想しているよりも、恐ろしく少ないことが理解できます。

もしも、まだ自分の仕事の時間というのを計測したことがない人は、タスクシュートをやってみることをオススメします。
タスクシュートというのは、エクセルベースでタスクあたりの時間を計測し、可視化するツールです。

タスク管理ツール・TaskChute2
タスク管理ツール・TaskChute2





最近では、そのクラウド版であるTaskChuteCloudというのが、出てきているのでそれでも良いかと思います(こちらは、有料です)。

TaskChute Cloud by jMatsuzaki
TaskChute Cloud by jMatsuzaki





たぶん、そもそも自分の「時間」の総量がどれほどあるのか?
ということを理解している人というのは、かなり少ないのではないか?と思っています。

もしも、こんな複雑なツールは合わないというならば、ストップウォッチでも何でも良いです。時間を計測できるものを横に置いておいて、自分のタスクにかける時間を計測してみると良いですよ。







checkmark.png 3.脳の外へ一度出す

私が、GTDに出会って取り組んだときに一番の衝撃を感じたことは、「気になっていることを」を全て書き出すことによるスッキリ感でした。

ただ単に書き出すだけで、そんなにスッキリするのか?

と思う人は、ぜひともやってみると良いです。こればっかりは、やらない限り理解することはできません。

私が提唱している「アウトプット思考法」という考え方があるのですが(今回の記事もその連載の一部)、その最もベーシック版は

書き出す → 見直す

です。

そのフローをもう少し詳細にしたのが、これになります。
これは、自分の思考をアウトプットし、可視化することの効能について図示したモノです。

2017012101.png




私が、タスクシュートが優れていると思う点は、

タスクと時間の両方を可視化している

点だと思っています。

そして、GTDもタスクシュートも、どちらにも共通しているのは、

頭の中のことを可視化する

です。

頭の中で思い描いていた自由になる時間 と 実際の時間
次々襲いかかるタスクの山という思い込み と 実際のタスク量


頭の中から「不安」を払拭するには、その目に見えない「不安」を目に見える形にして対峙することでしかありえないのです。

というわけで、この記事ですが、続きます。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 「不安」という怪物は、頭の中

私たちは、常に様々な不安に晒されています。
けれども、その「不安」は、実際は頭の中にしかありません。それが、リアルなものとして、目の前に現れたときは、それはもはや「不安」という形をとってはいないのです(安堵だったり、虚脱だったり、恐怖に変わります)。

上でも書きましたが、「不安」との闘いは、頭の中からそれらを追い出して、目の前に見える形にすることです。
そうすることで、初めて「不安」の正体に気づくことができるのです。


【 アウトプット思考法:目次 】
❏ 第1回:ゼロ秒思考・GTD・マインドマップに共通する「アプトプット思考法」とは何か?
❏ 第2回:アウトプット思考法の基本的な取り組み方
❏ 第3回:アウトプット思考法では、何をアウトプットするか?
❏ 第4回:人は、なぜ1日10分のことさえも続けるのが難しいのか?
❏ 第5回:GTD、ゼロ秒思考、手帳術、メモ術などに挫折した人たちへ ~アウトプット思考法が生まれたワケ
❏ 第6回:アウトプット思考法のフローを理解する
❏ 第7回:アウトプット思考法になぜ「熟成期間」が必要なのか?
❏ 第8回:レコーディングダイエットは、アウトプット思考法なのか? #アウトプット思考法
❏ 第9回:あとで検索したいことはWunderlistに入れておく




【Kindleセール情報】
【期間限定無料多数】「夏☆電書」お仕事マンガ特集(7/6まで)
【50%OFF以上】電子で読もう! ビーム・フェア 夏(7/6まで)
【100円&20%OFF】「夏☆電書」上巻&合本フェア(7/6まで)
【期間限定無料多数】「夏☆電書」お仕事マンガ特集(7/6まで)
【50%OFF以上】「Hot-Dog PRESS」&「おとなの週末」バックナンバーフェア(7/6まで)
【期間限定無料お試し&通常版半額】『夏のスクエニ祭り2017』ガンガンJOKER配信記念(7/6まで)
【期間限定無料お試し&通常版半額】『夏のスクエニ祭り2017』6月度新刊発売キャンペーン(7/12まで)
【30%OFF】「夏☆電書」映像化作品特集(7/13まで)
【30%OFF】「夏☆電書」入門書フェア(7/13まで)
【期間限定無料多数】「夏☆電書」少女・女性コミックセール(7/13まで)
【50%OFF】フラッパー感謝祭2017(7/13まで)
【期間限定無料お試し&通常版半額】『夏のスクエニ祭り2017』春夏メディア化タイトル (7/21まで)
【30%OFF】「夏☆電書」翻訳書&ビジネス書 大感謝祭(7/6まで)
【70%OFF】ぜ~んぶ1巻完結フェア
【全点70%OFF】三栄書房70周年記念セール(期間不明)

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/939-38e47627
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG