TOP > デジタル機器 > title - EaseUS Todo Backupを使ってSSDのクローンを作る方法

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

EaseUS Todo Backupを使ってSSDのクローンを作る方法

2017082600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日は、「SSDを大容量に換装してみたら、さらに快適化した話」という記事を書きました。実際にやってみて、かなりSSDの速度も体感的に上がり、さらにGoogle Sync and Backupを本格運用し始めたら快適さが、かなりアップしました。
昨日の記事では、SSD→SSDの換装をしたよ!ということを書きましたが、今回は、実際にどうやってやったのか?についてです。これから、HDD→SSDやSSD→大容量SSDをしようとしている人も、ぜひ参考にしてみてください。


  
【 EaseUS Todo Backupを使ってSSDのクローンを作る方法 】  

 1.SSDをフォーマットする

 2.EaseUS Todo BackupでSSDのクローンを作成する

 3.換装する







checkmark.png 1.SSDをフォーマットする

SSDを購入して、PCに接続してもすぐにPCから認識はするものの、ドライブとして表示されません。これは、フォーマットをしていないためなので、フォーマットをします。

マイコンピュータを右クリックして、「管理」。

2017082501.png



そして、記憶域の「ディスクの管理」をクリック。そして、フォーマットしたいSSDを指定して、フォーマットします。この時、絶対に気をつけて欲しいのは、①フォーマットしてはいけないディスクをフォーマットしないこと(当たり前)、②そして、MBR(マスターブートレコード)を選択することです。

2017082502.png



そうすると、すぐにこの画面になります。この段階では、未割り当てなので、ディスクのボリュームを割り当てしていきます。右クリックして、「新しいシンプルボリューム」を選択。

2017082503.png



あまり気にしないで、そのまま「次へ」。

2017082504.png



ボリュームの設定をします。空いていそうなボリュームにしてください。これは、クローンを作成するためだけに使うドライブなので、空いていればどこでも良いのです。

2017082505.png



はい!きちんと認識できました。
これで、フォーマット完了です。

2017082506.png



checkmark.png 2.EaseUS Todo BackupでSSDのクローンを作成する

さて、PCから認識できたところで、いよいよCドライブのクローンの作成に入ります。クローンの作成には、EaseUS Todo Backupというフリーソフトを使用します。全ての機能を有効にするためには、有料になります。しかし、クローンの作成ぐらいだったら、全然無料でOKですよ!

完璧な無料データバックアップソフト - EaseUS Todo Backup Free
完璧な無料データバックアップソフト - EaseUS Todo Backup Free
完璧な無料データバックアップソフト - EaseUS Todo Backup Free




EaseUS Todo Backupを起動すると、このような画面が出てきます。
「クローン」をクリックします。

2017082601.png




まずは、ソース(コピーしたいディスク)を指定します。

2017082602.png




次に、ターゲット(クローンを作成したい方のSSD or HDD)を指定します。で、ここで気をつけたいのは、パテーションをきちんと確認することです。右側の「編集」をクリックしましょう。

2017082603.png




そうすると、ターゲットのディスクのパテーションが出てきます。そうしたら、スライドさせて、適切な大きさに変更していきます。この時の適切な大きさというのは、クローンを作成する方(ターゲット)のディスクにとって最大化するようにするという意味です。つまり、Cドライブだったらマックスでかくすれば良いのです。

2017082604.png

2017082605.png



パテーションが確定すれば、いよいよクローンの作成開始です。
「ターゲットディスクのデータが消去されますが、本当に続けますか?」と怖いことを聞かれますが、意を決して「OK」しましょう。

2017082606.png



そうすると、クローン作成が始まります。
SSD→SSDであったとしても、USBを介してのコピーなので、それ相応な時間がかかります。いくら、SSDが早くてもUSBは、遅いですからね。

2017082607.png



「操作完了時にPCをシャットダウン」にチェックを入れておくと、次の作業に移りやすいですよ。





checkmark.png 3.換装する

さて、最後は実際にPCのHDD(実際にはSSD)が入っている場所を開けて換装します。

2017082608.png



この部分をきちんと入れてください。そうしないと起動もしませんので。

2017082609.png



最後に蓋を閉めて、PCを起動します。
きちんと、起動しました。良かったですね。(パル風)



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 大容量SSDは、気持ちいいよ!

SSDの値段は、年々下がってきていますよね。今だったら、私が購入した480GBぐらいのSSDだったら、15000円ぐらいで売っているはずです(アキバだったらもっと安いかも)。
SSDは、速いけど高いから、システム領域だけにしておこうというのが、数年前までのトレンドだったと思うのですが、今だったら必要なデータも全て「SSDでいいや」ということができます。そして、それがすこぶる快適なんですね。超速だし。
とはいえ、HDDの方がコスト単価は断然安いので、データのアーカイブ用に現在使用しています。
日常使うデータは、サクサク動いた方が良いですからね。というわけで、大容量SSDへの換装オススメです!


今のところ快適なSSD生活を送っています。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/977-197e0654
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG