FC2ブログ
TOP > CATEGORY - その他

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

リツィートキャンペーンのセキュリティリスク

2018091600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
最近、やたらと「リツィートキャンペーン」という名目でフォロー&リツィートすると、「○○が○万名様に当たる!」みたいな企業のキャンペーンを見かけますよね。
低予算ながら宣伝効果としては、割と高いみたいで、この手法が流行るのも分かる気がします。しかし、このリツィートキャンペーンですが、セキュリティリスクがあるので、思うところを書いていきます。


  
【 リツィートキャンペーンのセキュリティリスク 】  

 1.リツィートキャンペーンとは何か?

 2.リツィートキャンペーンのセキュリティリスク

 3.個人情報の入力の前に







checkmark.png 1.リツィートキャンペーンとは何か?

まずは、リツィートキャンペーンとは一体何なのか?ということなのですが、すでに知っていらっしゃる方も多いとは思いますが、一応説明しておきます。

これは、

企業が宣伝させたい内容のツィートを(フォローして)リツィートしてくれたら、何か当たるかもよ?

というものです。

例えば、私のタイムラインに流れてきたツィートをいくつか拾い上げてみると








こんな感じですかね。
フォロー&リツィートなので、これらをリツィートしたものも大量に流れてくると言うわけです。少ない元手で大きな効果ありそうですね。




checkmark.png 2.リツィートキャンペーンのセキュリティリスク

さて、このフォロー&リツィートキャンペーンですが、私はセキュリティリスクが高いなと思っています。

例えば、先日やってみたキャンペーンで当選したらしく、このようなDMが届きました。

2018091601.png



ほぉ、このURLにアクセスですか。
どうも、このURLはこの企業のURLではないのですよね…(最終的に色々確認してみると、委託先のURLと判明)。アクセスすると、発送先として個人情報の入力が求められます。氏名や住所、電話番号などです。

ちょっと考えてみたら理解できるかと思うのですが、これは危険極まりません

以下、悪用超厳禁で載せさせていただきますが、

リツィートしている時点で自分が、どのキャンペーンに応募しているかが、周知されているわけです。←ここ重要!!
悪意を持った第三者にとっては、カモリストのように見えなくもないのです。


<例1>
1.悪意を持った第三者が、そのキャンペーン名に自分のTwitterの名称をそれっぽく変更
2.「当選しました!」というDMを送り、目的のURLに誘導
3.それっぽいドメインに誘導し、個人情報を入力させる

<例2>
1.悪意を持った第三者が、企業の商品っぽい名称のTwitterアカウントの名称に変更
2.リツィートキャンペーンを流す
3.URLにアクセスしてきた人に「当選しました!」と表示
4.配送先として個人情報を入力させる


と、他にもいくつか考えられますが、このリツィートキャンペーンを装った手法で、でまんまと個人情報を抜き取られる可能性は高そうです。




checkmark.png 3.個人情報の入力の前に

そういうわけで、ホイホイと喜んで個人情報を入力する前に、以下のことを確認しましょう。

1.それは本当に企業アカウントか?
まずは、公式アカウントからきちんと確認を取りましょう。

2.URLは、その企業のモノか?
まあ、基本中の基本ということで。ドメインが変だったら、要注意です。

3.基本的には、個人情報を入力させるようなキャンペーンには応募しない
ログイン必須でログイン情報と紐付いたキャンペーンならば、まだ許容範囲ですが(それでも危ない)、キャンペーンのために新たに個人情報を収集するようなキャンペーンならば、そもそも参加しないというぐらいで良いかもです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 流行っているけど実は危ないのです

最近、ものすごい勢いで増えているリツィートキャンペーンで、非常に気軽に応募できてしまうために、あまり危機意識も少ないのでは無いかと思いますが、実はけっこう危ないなと思っています。今回取り上げたのは、Twitterでしたが、インスタでも同様のことをやっていたりします。また、写真をアップさせて、後日、当選発表みたいなキャンペーンもあるのですが、写真から個人情報が特定されてしまったりする可能性もあるので、気をつけたいところです。
そういうわけで、注意喚起でした。


これを買おうかどうか迷っています…。


災害で被害に遭う前に準備しておいた方が良いポイント

2018090700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回の関西の台風および北海道の地震による被災者の皆様、一刻も早い復旧をお祈りいたします。
私も日本に住んでいるので、今回のことは全く人ごとでもなく、いつでも誰にでも起こりうることだという認識をもっています。むしろ、今まで被災したこともあるので、その大変さなども身にしみています。
今回は、自身の経験も含めて、災害に遭う前にこれはやっておいた方が良いと思うポイントを書いておきたいと思います。


  
【 災害で被害に遭う前に準備しておいた方が良いポイント 】  

 1.水・食糧の確保

 2.通信機器の維持

 3.現金

 4.灯りの確保

 5.生活上必要なグッズ







checkmark.png 1.水・食糧の確保

まず、何よりも大切な事は、自分(と家族)の命を守ることですが、そのためには、何よりも「水」「食料」の確保が、すごく大事です。

最近は、大災害でも2~3日で災害派遣がやってくるような感じになっていますが、それでも規模が大きかったりすると、それよりも長い期間で考えなくてはいけないことも想定しなくてはいけません。

我が家は、キャンプによく行くので、そのあたりのもしもの備えに関しては、ゼロというわけではないのですよね。そのあたりは、あとで下に書いておきます。

水に関しては、水道管の中の水がなくなる前に、どこかに汲んでおきましょう。もしものためにポリタンクがあると、本当に便利です。ないなら、大きな焼酎のペットボトルみたいなものでもOKです。日頃から2,3個用意しておくと良いですよ。

こういうのあると便利です。10リットルサイズですが、これぐらいのが2,3個あれば余裕が出ます。このサイズなのは、持ち歩きができるからです。女の人でも持てるはずです。




そして、備蓄食料に関しては、乾パンとかもあるかもですが、それよりも私はローリングストック法をとっています。これは、どういうことかというと、日頃から食料を備蓄しておき、時々それを食べておくことによって、食料の保存期限を保つという方法です。レトルトなどもこうやっておくと、消費期限がはるかに過ぎたものを食べずに済むという利点があります。
上でも書きましたが、キャンプによく行くので、その時に消費するようにしています。そうすると、常に割と新しい備蓄食料が揃っているという状況になるのです。このあたりは、無印良品のサイトでも取り上げられていますね。

ローリングストック法のススメ | くらしの良品研究所 | 無印良品
ローリングストック法のススメ | くらしの良品研究所 | 無印良品




およそ最大1週間ほどの備蓄食料があれば、大丈夫かと思っています。まあ、3日でも良いかと思っていますが。

普通にフルグラとかだったら日常的にも食べられますしね。




あと、こんなのも良いですよね。バリエーション大事!飽きるから。




あと、こういうご飯のパックなどもあると良いです。というか、ご飯超大事!




4でも触れますが、

お湯を沸かせるものを準備しておくのは、非常に重要です。

キャンプしなくても、キャンプグッズ揃えるの大事です(あとで、もう1回書きます)。



checkmark.png 2.通信機器の維持

次に連絡手段としての通信機器、そして情報を獲るための通信機器です。
これもね、めちゃくちゃ重要です。

災害時には、全くテレビは役に立ちません(停電しているので)。
ネットとラジオが、災害情報を得る手段となります。救助が来るのか、災害復旧までどれぐらいかかりそうなのか、炊き出しがどこに来るのかとか、そういう情報を得るならばネットかラジオしかありません。ネットも基地局がやられてしまうことを考えたときには、最悪ラジオが生命線になってきたりするのです。

我が家で用意しているのが、手回し充電ラジオです。
現在2台あります。
左が新しいので、右が苦楽を共にしたやつです。どちらも現役で使えます。

2018090701.jpg



災害復旧が、どれぐらいかかるか分からないときに、貴重な電池をずっと消費し続けるというのは、得策ではありません。なので、手回し発電ができるタイプならば、いくらでも使うことができるので、ものすごくオススメです。



上の2つのもそうなのですが、USBでスマホなどに充電できるので、万が一モバイルバッテリーが全て充電切れになっても何とかなるという安心感は、大きいですよ。ラジオにしては、ちょっと高めですけど、安心を買うと思えば、絶対に安いです。

とはいえ、モバイルバッテリーは、やはりスマホにとっての生命線になります。
私は、キャンプ用に大容量のモバイルバッテリーをいくつか持っているのですが、用心して使用すれば、1週間は何とかなるのではないか?と思っています。
私が持っているのが、Ankerの20100mAhという大容量やつと10000mAh(他にもう1つ)。さらにもう少し容量が少ないのが、いつかというラインナップです。



こんな感じですね。

2018090702.jpg



これを毎月1日に充電するようにしています。
これは、それはモバイルバッテリーが、自然放電したりするので、満タンにしておくための方策です。Wunderlistの定型タスクの中に入れて実行しているのです。

あと、車を持っているならば、カーチャージャーもあると良いですね。ガソリンがあれば、なんとか充電できるというのも安心感につながります。







checkmark.png 3.現金

今回の北海道の地震でこのような記事があがっていました。

完全電子マネー派の北海道民だけど積んだ
完全電子マネー派の北海道民だけど積んだ




私も非常に電子マネー大好き派で、できることならば電子マネーに全て移行したい人です。
しかし、災害時は現金がものを言います。
結局、電気がなければ、POSシステムも使えず、普通のレジですら起動しません。そうなると、現金のみの取り引きになってしまうこともあるのです(というかなる)。
普段は、電子マネー派ですが、iPhoneケースの中にいつも必ず1万円札を忍ばせているのもそういう理由からです。

結局、電子マネーやクレジットカードは、電気というインフラが問題なく動いているとき限定の「マネー」でしかないと割り切る必要があります。




checkmark.png 4.灯りの確保

これも意外と見落とされがちなのですが、灯りがあるかないかというのは、安心感に大きく関わってきます。それぐらい、逆に言うと私たちは、灯りに依存して生きていると言えます。

灯りの確保に関しては、メインのLEDランタンとサブの灯りを両方用意できると完璧ですね。ランタンに関しては、LED最強です。

我が家で使っているのは、ジェントスのLEDランタンですね。これは、最新のやつ。



とにかく安定して長時間使えるモノが何よりなのです。レビューがやたら付いているのに、すぐ壊れるというレビューが散見されるようなのは、買わない方が良いです。タフイズベスト!
もう一つが、ロゴスの通称野電と言われているLEDランタンです。



これは、40時間点灯という長時間もつタイプですね。
2つ用意しておくと、安心感が相当上がります。1つだと「もしも失われたら…」という不安感がつきまとうので。

それと、LEDのハンディタイプのライトは、必須です。ランタンをメインの灯りとするならば、ハンディタイプのライトは、あくまでモバイル用ですが、手に持って歩くシーンはとても多いです。夜中のトイレ一つ行くにしても大きなランタンを持ち歩かないですよね?なので、ハンディタイプを準備すべきです。
ハンディタイプで私が持っているのは、こんなやつですね。懐中電灯のようにも使えるし、面で照らすこともできるタイプです。





こういうので十分なんですよね。




これもそうなのですが、マグネットが付いているので、冷蔵庫にいつも貼り付けています。ちょっとした停電の時とかでも、すごい使えます!小さなランタンとしても使えるので、複数個もっていると、家族1人ずつ持たせられるので、便利ですよ。




checkmark.png 5.生活上必要なグッズ

最後は、災害時にこれがあると、助かるというものを挙げておきます。下着とか洗面用具とかは、あまりにも当たり前すぎるので、載せていません。あくまで、これがあると助かるけど、見落とされがちなものをピックアップしてみました。

☑ 軍手
☑ ウェットティッシュ
☑ スリッパ(または、厚手の靴下)
☑ 電池(単1、単2、単3全て)
☑ ジップロック
☑ アルミホイル
☑ CB缶のガス(カセットガス)
☑ 五徳付きバーナー
☑ 折りたたみ式のこぎり
☑ 毛布
☑ 使い捨てカイロ
☑ 大きめのリュック



全て説明しませんが、ピックアップして説明します。
軍手は、がれき等があった場合や、素手で触れない(熱いものを含む)場合などがあるので、必須ですね。たくさんあればあるだけ良いモノです。
スリッパは、屋内で動き回るのにラクなので。まあ、厚手の靴下でも十分に代用可能です。
ジップロックは、何にでも使える万能選手です。液ものを入れておくこともできるし、封じ込めという意味合いでも使えます。これもあると、助かるものなので災害グッズに入れておくことをオススメします。
カセットガスと五徳付きバーナーは、セットですね。
こういうのが、1つあるだけで安心感が、一桁以上跳ね上がります。



とにかく、温かいモノというのは、災害時にどれだけ心を癒やしてくれることか。お湯さえ沸かすことができれば、ラーメンも食べられるし、お米も炊けます。コーヒーも飲めるし、簡単な調理さえもできるのです。このSOTOのレギュレーターストーブは、かなりコンパクトなので、持っていて絶対に損はないです。
それと、併せて持っておきたいのが、CB缶のガス(カセットガス)です。これは、安い時にたくさん買っておきましょう。レギュレーターストーブみたいなのはちょっと…。という場合は、こういうのを日常使いしておけば良いでしょう。
アウトドアでも使える心強いやつなので、一家に一台でも良いぐらいです。




毛布や使い捨てカイロは、気温が低いときには、生死を左右します。
手がかじかむのは絶対に辛いので、ぜひ防災グッズとして持っていた方が良いですね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 明日は我が身かもです

テレビで災害の情報を観ていると、遠い世界の出来事のように感じてしまうことがあります。しかし、それは単なる正常性バイアスに過ぎません。台風が、地震が、津波が、絶対にないとは言えませんよね?
そして、いざそういう事態が生じたときは、備えがなければ詰んでしまいます。上に書いたような備えを日常レベルからしておけば、もしもの時の安心感が変わってくるはずです。もちろん、被災してしまえば、不安はものすごく大きいことには変わりありません。しかし、それを少しでも緩和できる可能性があるならば、やれるときにやっておいて損はないのです。



Googleっぽい詐欺に気をつけよう!

2018072400.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
一時期なりを潜めていたと思ったら、ここ最近またもや増えてきたのが、Googleを装った詐欺です。そういうわけで、わざと引っかかってみました。
注意喚起も含めて拡散していただけると助かります。

  
【 Googleっぽい詐欺に気をつけよう! 】  

 1.Googleが太っ腹な企画を?

 2.実際に引っかかってみる

 3.詐欺を見分けるポイント







checkmark.png 1.Googleが太っ腹な企画を?

一時期、やたら見かけたのちに一気に見なくなったのが、Googleを語る詐欺広告でした。それが、またもや増加傾向があるので、注意喚起も兼ねて記事にします。

一体どういうモノかというと、こんな感じです。
これが、ポップアップで出てきます。

2018072401.png



え~。iPad Air2欲しかったんだよな~~。やったー!

なわけない!!

これは、間違いなく詐欺広告です。



checkmark.png 2.実際に引っかかってみる

というわけで、実際に引っかかってみました。

OKを押すと、「1件のGoogleギフトが当選しました」と出ます。わーい。

2018072402.png


しかも、射幸心を煽るように、残り時間まで出ています。こりゃ判断を狂わされちゃうな~。

下の問題を答えろと出るので、やっていきます。まあ、Googleの創業者は、ラリー・ページだよね。

2018072403.png



Googleの本拠地は、USAだしなー。

2018072404.png



Googleの設立年は、確か1998年だったかな?

2018072405.png



全部に正解するとこの画面に遷移します。「商品があるかどうかを確認する」ということで、ワクワクが止まりません。

2018072406.png



当選者の声を読みながら待ちます。へー

2018072407.png



えーっ、iPad Air2ないの!!信じられない!
Movie Card Streamingというのが、申し込めるようです。しかも、Netflixではなく、MOVIEFLIXって…笑。

2018072408.png



身元を確認するので、フォームに入力しろと言っています。

2018072409.png



「わーい、チャンスだチャンスだ!」そろそろ疲れてきた…。

2018072410.png



Emailとパスワードを入力したら、アカウントを作成できるっぽい。

2018072411.png



まあ、こんなところで辞めておきましょう。これ以上付き合ってあげる義理はありません。




checkmark.png 3.詐欺を見分けるポイント

さて、この手の詐欺を見分けるポイントは、いくつかあります。
まずは、このGoogleっぽいロゴがあるのですが、Googleへのリンクでも何でもなく、単なる画像になっています。さらに、Googleの他のサービスへのリンクであるアイコンも全て単なる画像です。

2018072412.png



さらに、URLを見てみると、

https://winmoreprize.com/in/n25/?ppp=111#

と、明らかにGoogleではないのが分かりますね。

もしも、気になるならば

"winmoreprize.com/"

を検索してみると…

2018072413.png


ちゃんと先人の人達が、教えてくれますね。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 騙されないようにしよう

ついつい射幸心を煽られると、判断力をなくしてしまいがちになってしまいますよね。でも、それを狙っているのが、詐欺を行う人なのです。なので、皆さんも十分に気をつけてくださいね!



かなり面白いですよ!



2018年上半期で買って良かったモノ10選

2018071000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
さて、半年経ってしまいました。
今回は、この半年を振り返ってみて、情報管理LOG的に買って良かったモノをピックアップしていきたいと思います。
過去の買って良かったモノシリーズは、こちら。

【過去記事】
2014年に買って良かったもの10選(自分用まとめ)
2015年に買って良かったもの10選
2016年上半期で買って良かったモノを紹介します
2016年に買って良かったもの10選+α
2017年上半期で買って良かったモノ10選
2017年に買って良かったモノ10選+α





checkmark.png 2018年上半期で買って良かったモノ10選


1.メンズビオレ デオドラントZ ロールオン ボタニカルサボンの香り
これは、マジですごい。
今まで夏の時期は、特に自分の脇のにおいが気になっていました(ワキガではないけど、汗が出るとやはり匂う気がする)。
しかし、これを塗るようになってから、一日経っても全く気にならなくなりました。

それまでは、スプレータイプのを使っていたのですが、効き目が薄かったのですよ。
それは、脇毛についてしまって、地肌に届かなかったからというのが大きいですね。
これについては、こちらでも記事に書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

このロール部分をワキに当てて塗るのですが、ちゃんと塗れてる感があるのです。

2018071008.png



あと、この製品は、シトラスというボディーが黒いのと、ボタニカルサボンという白いのがあるのですが、個人的には白いのが、オススメです。白い方は、いかにも石けんぽい自然な匂いなので。




そういうわけで、これからの季節に困っている人がいるならば、大プッシュですよ!






2.サイクルコンピュータキャットアイ(CAT EYE)
サイクルコンピュータって何?という人のためにものすごくざっくりと解説すると、

自転車に取り付けることで、速度や距離などを測定することができるモノ

です。

それの何が楽しいの?
と言われると、根本を否定される感じになるのですが、自転車に乗っている人ならば、分かっていただけるはず!
特にクロスバイクやロードバイクなどに乗っている人は、つけている人が多いはずです。

自分の走ってきた実績が「見える」ので、それが走る気力にもつながるのですよ。

とはいえ、サイクルコンピュータまで買うのはなぁ…と思っていたのも事実なのですが、思い切って買ってしまいました。
これは、買って大正解でした。

自分は、めちゃくちゃバリバリに自転車乗りというわけではないのですが、それでも楽しさ倍増です!



しかも、ものすごく小さくてびっくり!
って、自転車乗りの人は、1gでも軽くと考えているから、そりゃそうだけど。



自転車をもう少し深く楽しんでみようかな?と思う人は、買って損ないですよ!






3.SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth イヤホン
iPhone7に切り替えた時に、

「さて、音楽でも聴くか…」

と、イヤフォンジャックを刺そうとしたときに、そういえばBluetooth接続のみになったのだった!と思い出したときの衝撃は今でも忘れられません。

そこで、Bluetoothイヤフォンを色々検討した結果これにしました。

格好良い箱に入ってやってきた!





このイヤフォンは、このように耳にかけるタイプのやつで、耳への負担が少ない上、運動していてもとれる心配がありません。





そして、なんと言っても、この背中合わせでイヤフォン部分がくっつくギミックは聴かない時に首にかけられるので、本当に助かります。




そして、音質も悪くない!
さらに、接続もすぐに何の問題もなく、電源オンとともにされるので、今のところ困ったシーンは一度もありません。バッテリーの持ちも悪くないしね。
そういうわけで、今ではいつも鞄に入れて持ち歩いています。

こういうのが、なくなったのもありがたい。




Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


2500円台に値下がりしてる!






4.水書き練習シート

子どもの習字の練習って怖くないですか?
学校でやる分には良いのですが、家でも練習したいとかなると恐怖しかありません。
なんと言っても墨ですからね。家の壁に飛び散りでもしようものなら、どんな悲惨なことになるか。さらに、墨で汚れた手で触ったりしたら…考えただけでも恐ろしいですね。

それが、完全に解消されるグッズが100均に売っていました!
これです。

2018071002.jpg



我が家では、この「水書き練習シート」を導入してから、習字の練習を頻繁にできるようになりました。小学生のお子さんをもつご家庭なら導入必須!

これは、商品名の通り、水で書くのです。
なので、墨汁いらずです。水に入ったペットボトル1本と筆さえあれば、すぐに始めることができます。

書いてみると、こんな感じ。
墨汁で書いたのと全く変わらない感じです。

2018071003.jpg


時間が経ち乾いていくと、このように消えていきます。

2018071004.png



我が家では、これを複数枚購入し、どんどん書いていくスタイルでやらせています。そうすると、最初に書いたのが乾いて、また使えるので。




5.BUFFALO 片耳イヤフック式ヘッドセット USB接続 ブラック BSHSEUM100BK
実は、この記事も音声入力で書いています。
もはや、いちいち「音声入力で書いています」と宣言するのも煩わしいレベルで使用しています。情報管理LOGの記事の1/3ぐらいは、音声入力です。

今は、Googleドキュメントの音声入力をメインで使っていますね。
このあたりは、この記事を参照してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | EmbedlyBookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

音声入力をするには、ウィンドウズPCにマイクを取り付けなくてはいけません。そこで導入したのが、USB接続のマイクです。

これを接続した状態でGoogleドライブに話しかけると、どんどん文字起こしされていくのです。この速度感に慣れてしまうと、もはやキーボードに戻ることがちょっと難しいかなと思う位です。
少なくともスマホのフリック入力でやるよりは、はるかに早いです。





ただし、Googleドキュメントの音声入力は、句読点を打つことができないので、その分だけはキーボードで補っています。
そのためいつも予定を空けておきたいのでこの耳掛けタイプにしました。

ぜひ、この速度感を味わってみてください。







6.21インチディスプレイ(GreenHouse)
これは、正確に言うと人から譲ってもらったものです。自宅のPCをトリプルディスプレイにしようと画策していたのですが、家のノートPCがトリプルディスプレイに対応していなくあえなく断念しました。しかし、21日の朝つけディスプレイは、かなり快適です。

またタッチディスプレイなのですが、残念ながらタッチディスプレイとしてはあまり機能していません。

しかし画面の明るく広々としてるので、自宅での作業がかなりはかどるようになりました。やはり、ディスプレイのサイズが重要だということに気づかされます。大きいは、正義なのです。もっと大型化したいという欲望がムクムクと高まりつつあります。






7.JVC 密閉型ステレオヘッドホン RX500
自宅のノートPC用で音楽を聴く際は、安いイヤフォンを使っていました。
しかし、さすがにどうなんだ?という気もしてきたので、とうとうヘッドホンを買うことに。

高級な数万円のモノにしようかとも考えていたのですが、それは辞めました。PCでそこまで音質を求める必要がなかったので。というわけで、音質とコスパのちょうど良いところを目指して、色々探していたら、これに当たりました。

何というか、

「そうそう、こういうちょうど良いの探してたんだわ」

という感じですね。

以前は、Sonyの割と良いのを使っていた時期もあったのですが、そこまでじゃなく気軽にYouTubeなどで音を聴けて、耳の負担にならない感じを狙っていくと、こういうのに行き着く感じです。

残念ながら、Amazonさんでは後継機種しか売っていませんでしたが、5000円を切る価格で十分だと思う今日この頃です。






8.無印良品 爪切り
自分の机周りに爪切りを置いておきたくなったのですよね。
私は、Wunderlistで17日おきに爪を切るというタスクを入れているのですが、そのリマインダーが出たときに、すぐに切りたかったのです。そうしないと、「あとで切るか」と思うものの、忘れてしまうこともしばしばあり、それが軽いストレスになっていたりしていました。

そういうストレスに対しては、物理的に殴ってしまおう!というわけで爪切りを物色していたときに出会ったのが、コレです。

2018071005.jpg



実に無印良品的なたたずまいですよね。

2018071006.jpg



爪切りというのは、ある意味究極的に形として行き着いたモノなので、どれを小丹生してもそれほど大きな違いがありません。しかし、所有する喜びとして考えたときは、デザイン的に優れているモノを買いたいと思うのです。




9.製図用鉛筆フォルダー
これまた、100均ですが、100均侮りがたいです。





一見、100均に見えないつくりなんですよね。
この製図用鉛筆フォルダーというのは、鉛筆の芯のみを入れて使う極太シャープペンシルなんですよ。





もちろん、ステッドラーとかのと比較すると、相当違うのですが、気軽に使う極太シャープペンシルとして考えたときに、この値段で良いのだと思えたのです。

どこの100均でも売っているみたいではありませんが、もしも見つけたらラッキーだと思って買って使ってみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




10.iCloud 50Gb
2018071007.png

ブログでは、あまり書いていませんでしたが、この上半期でiCloudを有料に切り替えました。

iPhoneを始めとして、我が家には複数台のiOS機器があるのですが、それらのバックアップなどでiCloudが一杯になってしまい、いちいち警告されるのに嫌気が差したのです。それでも、ギリギリまでバックアップを削除したりして、対応していたのですが、

月額130円で50Gなら全て解決するんじゃね?

と思い直したのです。
缶ジュース1本分で快適になるなら、課金しようではないかと考え直しました。

で、実際に半年ほど運用しているのですが、快適度が一気にアップしました。
何が良かったのかというと、バックアップでの警告がなくなったことはもちろんですが、それよりもiOSで作成しているKeynoteなどのデータを気兼ねなく、同期できるようになったというのが、大きいです。

以前は、5Gbの中に無理矢理に納めようとして、使わなくなったデータをこまめに消していたのですが、そういう必要もなくなったのです。

年間1500円ちょっとで快適性がアップするならば、かなり安いなと思いました。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ちょうど良いを探っています

以前は、「高機能で」もっと「高価な」という志向が強かったのですが、ここ最近はそういうのに疲れてきてしまったのですよね。それよりも、自分にとってちょうど良い感じを目指したいと思うようになってきたのです。
そして、高価でなくても、高機能でなくても十分満足できることに気づいたのです。
たぶん、この傾向は悪くないと自分では思っています。自分の中のちょうど良いとは、どういうことなのか?ということについては、まだ深掘りしていく必要はありますが、この感覚の変化を楽しんでいます。


「失敗」をどのように捉えるかによって、その後が違う

2018070700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんの所属する職業や組織は、「失敗」に対して、どのような態度をとっていますか?
まるで鬼の首を取ったように責め立てる上司や組織って、未だに多いですよね。

「失敗」=「悪」

と捉えがちな風潮が続く限りは、息苦しくてたまらないなと思っています。
今回は、「失敗」をどのように組織的にとらえればよいかについて考えていきます。


  
【 「失敗」をどのように捉えるかによって、その後が違う 】  

 1.航空業界の事故が少ない理由

 2.先日の虐待死から見えてくるもの

 3.システムがもたらしたものであるならば、「共有」と「分析」を







checkmark.png 1.航空業界の事故が少ない理由

さて、問題です。
現在、世界ではどれぐらいの航空機が、飛んでいるでしょうか?

答え:1年間で3000万フライト以上

なんだそうです。
世界全体では、およそ8兆㎞の総移動距離になっています。もはや、意味の分からないレベルの移動距離ですよね。

2018070701.png
図引用:一般財団法人 日本航空機開発協会:航空輸送の推移と現状


では、これに対して事故率は、どれぐらいあるのかというと、

「輸送実績1億人キロあたりの死亡乗客数=0.04人」
「10万飛行時間あたりの死亡事故件数=0.07件」


なのだそうです。
参考:知らないと損するエアライン“超”利用術 (平凡社新書):杉浦 一機 著



この本自体は、もう10年以上前の本なので、さらに事故率が下がってきていると考えて良さそうです。

さて、この事故率は多いか少ないか?と考えると、驚異的な少なさです。

毎日1万キロのフライト(!)の便に乗って、事故に遭うのが470年に1回レベルというのですから相当低そうですね。

どうして、こんなにも航空機は安全なのか?
というと、世界全体で事故の情報と改善方法について、組織的に共有されるようにしているからなのです。

航空業界では、長らく100万フライトに1回が常識とされてきました。 航空機事故が発生すると、その原因が徹底的に調査究明されます。 その事故の教訓が航空機の設計や、運航等様々な分野に反映され、その結果信頼性・安全性が向上し年々航空機事故は減少の傾向にあります。 2011年では、100万フライトに0.37回と言われています。

飛行機事故に合う確率は何%?過去事例から見る、航空機・旅客機の墜落率とは - Latte


よく航空事故が起こると、回収されるブラックボックスだけではなく、機体の損傷や聞き取り調査など、徹底的と言って良いほど、事故がなぜ起こったのか?を調査するのです。

そして、それを航空安全情報ネットワーク(ASI‐NET:Aviation Safty Information Network)という組織を通じて全て共有されるようになっているのです。しかも、ASI-NETは、事故情報だけではなく、世界中の航空業界のあらゆるヒヤリハット事例も全て報告され、それもまた共有されているのです。




checkmark.png 2.先日の虐待死から見えてくるもの

さて、先月は痛ましい事件がありましたね。

死亡の5歳、ノートに「おねがいゆるして」両親虐待容疑:朝日新聞デジタル
死亡の5歳、ノートに「おねがいゆるして」両親虐待容疑:朝日新聞デジタル




この事件で児童相談所に対して、ものすごい数のクレームの電話がいったそうです。

「なぜ保護しなかったんだ」
「危険性が分かっていながら、対応しなかったのはなぜか」


などなど、から始まり感情的なものも含めて、尋常ではない数のクレームだったようです。




さて、では実際は、児童相談所は機能していないかというとそうではありません。
先日の「情報管理LOGが、2018年6月に注目した記事」においても、この件を取り上げましたので、そこから資料を転載したいと思います。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly





詳細は、こちらを

児童虐待についての基本データ : 少年犯罪データベースドア
児童虐待についての基本データ : 少年犯罪データベースドア





一次情報は、こちらを。

平成29年版 犯罪白書 第4編/第6章/第1節
平成29年版 犯罪白書 第4編/第6章/第1節





前述の県議のツィートが一番大事なポイントだと思っているのですが、クレームや罵倒をしたところで、失われた命は帰ってきません。むしろ、これから命の危機にさらされようとしている者を救える機会を削る行為だとも言えるのです。言った本人達は、自分の気持ちは、スッキリするでしょうが、何の解決にもなってはいないのです。
そして、クレームを言った人達は、次の大きな事件が目に入ると、もう児童相談所のことなんか忘れ去ってしまうのではないでしょうか?

しかし、現場に携わる人達は、明日もまた現実と戦い続けているのです。

ちなみに、虐待に関する相談対応件数の推移はこちら。10年前の8倍以上になっているのが分かりますね。

2018070702.png
引用:厚生労働省:児童福祉司の概要


それに対して、児童相談所と児童福祉司の数の推移です。

2018070703.png
引用:厚生労働省:児童福祉司の概要


圧倒的に足りないのが分かるでしょうか?非常に乱暴な計算なのですが、相談件数に対して、児童相談福祉司の数で割ると、1人あたり34名ぐらいになります。もちろん、ちいきによってムラがある事が考えられるので、多いところでは50名以上にもなるところもあるでしょう。しかし、虐待死は確実に減ってきているのです。これは、大きな前進ではないでしょうかね?ゼロではないだけで。




checkmark.png 3.システムがもたらしたものであるならば、「共有」と「分析」を

失敗から学べない組織と失敗から学ぶことができる組織の最大の違いは、まさに前述の「虐待死」に対する対応から見えてきます。

今回の残念な事件は、「失敗」としての1つの貴重な事例です。

今回の件に対して、感情的で解決策も何もなく「可愛そうだ」とわめき立てるのは、残念ながら、学べない組織の典型的な例そのものです。よく高圧的に部下に詰め寄る上司が取り沙汰されたりしていますが、まさにそれです。

「問題」を「個人」の特殊な事例として、
「責任を負わせる」というのは、


失敗から学べない組織そのもののありかたです。

それよりも、なぜそのようなことが起こったのか?という分析をし、個人の資質の問題で片付く問題なのか?それとも組織としての問題なのか?を切り分けて考え、全体で共有することができる組織というのは、必ずプラスに作用します。
※たいてい個人の資質と思われていても、それ自体を組織的にカバーできる体制ではなかったという点で、組織の問題として考えて良い

逆に失敗から学べる組織は、

・「失敗」そのものを攻めるのではなく、なぜそれが起こったのか?という原因を探り出すことができる。
・そして、それを個人の資質の問題で片付けてしまうのではなく、誰しもが起こりうる問題として全体にオープンな状態で共有される


というところですね。

さて、皆さんの所属するところは、どうですか?




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 人間だもの失敗はあるのさ

最近は、SNSなどのおかげで、バッシングにも拍車がかかりがちで、ネットリンチレベルで個人を攻撃というのもよく目にします。もちろん、中には個人としても許されないものもありますが、それでも不寛容さが気になります。
人間だったら、誰しも失敗や間違いはありますよね?
もちろん、私自身は失敗します。
もしも、今まで失敗をしたことのない人だけが、石を投げなさいと言われたならば、誰も投げることはできないはずです。
だからこそ、「失敗から学ぶことができる」組織や人でありたいと思うのです。


というわけで、この本がすごく面白いわけです。



このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG