FC2ブログ
TOP > CATEGORY - Evernote

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

EvernoteのGoogleカレンダーと連携する「ミーティングノート」は、議事録作成に向いているぞ

2018051500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、ほぼタイトルで言い切ってしまっています。
このEvernoteの「ミーティングノート」を使うと、議事録作成が本当に捗りそうです。というわけで、この機能がどんなものか、現状の問題点は何かについて、レポートします。


  
【 EvernoteのGoogleカレンダーと連携する「ミーティングノート」は、議事録作成に向いているぞ 】  

 1.ミーティングノートを使えるようにする

 2.実際に使ってみる

 3.現状の問題点







checkmark.png 1.ミーティングノートを使えるようにする

まず、Evernoteの「ミーティングノート」は、現状ではWeb版のEvernoteでしか使えません。PC版やアプリ版では、使えない機能です。
したがって、まずはWeb版にアクセスしてみてください。

すべてを記憶する。アイデアを整理する。スマートに働く。| Evernote
すべてを記憶する。アイデアを整理する。スマートに働く。| Evernote





Web版を使ったことがない人って案外多いのではないかと思うのですが、自分の中ではPC版よりもサクサク動くスグレモノだと思っています。

アクセスすると、左の方に「ミーティングノート」のアイコンがあります。
これですね。

2018051501.png



それをクリックすると、Googleカレンダーとの連携を促されます。
迷わず「Googleカレンダーと連携」のボタンを押しましょう。この方が、便利なので。

2018051502.png



「Evernoteアカウントが、Googleカレンダーにアクセスすることを許可しますか?」と聞かれるので、これも迷わず「接続」をクリックしましょう。

2018051503.png



複数アカウントを持っている人は、その中から接続したいアカウントを選択します。

2018051504.png



アカウントの利用を許可しましょう。

2018051505.png



そうすると準備完了です!




checkmark.png 2.実際に使ってみる

さて、それでは実際に使ってみましょう。
ミーティングノートにGoogleカレンダーの直近の予定が現れました。予定のどれかをクリックしてみましょう。

2018051506.png



ミーティングノートというぐらいですから、基本的にはミーティングに関するノートなんですよね。使い勝手の良いフォーマットかと思います。

2018051507.png



Googleカレンダー上で会議の詳細を入れた予定を作成してみます。
場所や予定についての説明などを事前に入力しておきました。

2018051508.png



そして、もう一度ミーティングノートを作成してみると…
きちんと、Googleカレンダーの内容が反映されていますね。スゴイ!

2018051509.png



しかも、ミーティングノートの予定名のところをマウスオーバーしてみると、Googleカレンダー上のリンクが現れます。これをクリックすると、直接Googleカレンダーの予定にアクセスできるのです。

2018051510.png



このあたりは、Googleカレンダー連携という面ではスムーズな感じがしますね。
共有も割と簡単にできるので、議事録を作成してサクッとメールで送るという用途などには、向いていると思います。

2018051511.png



checkmark.png 3.現状の問題点

それでは、手放しで絶賛できるかというと、あともう一歩だなという印象です。

1.直近の3件までしか出てこない
今のところミーティングノートの作成候補として出てくるGoogleカレンダーの予定は、直近の3件までしか出てきません。もう少し未来のを見たいとか、過去の予定から作成したいというのは、今のところできないようです。このあたりは、改善してもらいたいですね。



2.時間を設定している予定しか表示されない
これも、もったいないなと思った点なのですが、時間が設定されている予定しか候補に現れないのですよね。まあ、ミーティングノートなので、時間が設定されていないわけはないだろうということなのかもしれませんが。



3.Googleカレンダー側には反映されない
Evernote側からGoogleカレンダーの予定を参照することができても、作成したミーティングノートがGoogleカレンダー側に反映されることはありません。このあたり、連携といってもAPIの開放のみといったところか?という感じですかね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 とはいえ、使い勝手は悪くない

今回、使ってみて、正直使い勝手は悪くないなと思いました。Evernoteは、ビジネス分野に活路を見出そうとして頑張っている感はありますよね。しかし、未だ個人ユーザーが大半を占める状況をあまり軽視してもらいたくはないなとも思っています。
ミーティングノートは、今後軽いミーティングの議事録作成として、重宝しそうです。




停滞しているEvernoteの尻を蹴飛ばす8つの提言

2018022500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私が、Evernoteを使い始めるようになってから9年経ちます。使い始めの当時は、「画像の中の文字を認識して検索できる!」「どんな情報も蓄積しておける!」「タグや検索ですぐさまメモを呼び出せる」と感動したものでした。しかし、現在2018年段階では、Evernoteにはかつての輝きが薄れ始め、100年企業を謳っているけど、それは本当に可能なのか??と首を傾げてしまいたくなるような停滞ぶりです。当初に見られた、勢いのある機能の追加もなければ、ほかのサービスと比較しても、革新性に乏しくなってきました。そこで、ノート数20000超えの私が、停滞しているEvernoteの尻を蹴飛ばすべく、提言をしていきたいと思います。



  
【 停滞しているEvernoteの尻を蹴飛ばす8つの提言 】  

 1.ノート数上限の撤廃

 2.モバイルアプリのもっさり感の解消

 3.検索機能の改善

 4.OCRでテキスト取り出し可能に

 5.カレンダー機能の追加

 6.AutoEver的自動整理機能の追加

 7.音声の自動テキスト起こし機能の追加

 8.ノート同士の繋がりを視覚化







checkmark.png 1.ノート数上限の撤廃

まずは、何を差し置いてもコレですよ!
数年前にEvernoteは、容量無制限を打ち出すという無謀なことをやりました。

Evernoteプレミアムのアップロードが容量無制限に 月240円の新プランも登場 - 週刊アスキー
Evernoteプレミアムのアップロードが容量無制限に 月240円の新プランも登場 - 週刊アスキー





もう、さすがの私も、どんな帰結を迎えるか想像もつかなかった経営陣には、心底呆れたものでした。結果としては、すぐさま容量無制限を撤廃することとなりました。

最適なサービスに向けて
最適なサービスに向けて





ユーザーが求めているのは、莫大な容量じゃないんだよ。そうではなくて、いくらでも蓄積できるという安心感なんですよ。
というわけで、何よりも最優先で望んでいるのが、これです。
プレミアム会員のみのサービスで良いので、これを真っ先に実現してもらいたいですね。




checkmark.png 2.モバイルアプリのもっさり感の解消

基本的にあまり公式アプリは、使っていません。
もちろん、それでもアクセスはします。しかし、あのもっさりとした感じがなくなく、サクサクとした挙動になるまでは、公式アプリを使う気にはなれないのですよね。

検索には、everPost




そして、投稿するのには、FastEverやTextEver。長文執筆には、Qisaなどを使っています。






サードパーティ製のアプリが豊富にあるのが、Evernoteの持ち味でもありますが、さすがに公式アプリのアンチ進化ぷりには、呆れます。莫大な情報に瞬時にアクセスできるというのは、何者にも変えがたい価値になるはずなんですよね。




checkmark.png 3.検索機能の改善

Evernoteで改善を要求したいもので、コレはかなり大きいです。

検索子を使えば、複雑な検索だってできるじゃない?

などというのは、ユーザーに対して尊大な態度だと思うのですよね。Evernoteを利用するのは、どんなに大量な情報であっても、即座にアクセス可能な検索ができるはずだからだと思います。しかし、わざわざ検索子を駆使しないと、条件を絞り込んだ検索ができないなんて、本当に馬鹿げています。

最近は、それでもだいぶ以前よりも検索が楽になってきたとはいえ、まだまだですね。

私が、Evernoteに求めたい検索機能は、

 ・更新日時、作成日をグラフィカルに指定できる
 ・しかも、日時の範囲指定ができる
 ・インクリメンタルサーチで瞬時に候補を出してくれる


イメージとしては、こんな感じ。
※これは、Googleアナリティクスの画面。

2018022501.png


これだけでも、かなり改善されるはずなんですよ。




checkmark.png 4.OCRでテキスト取り出し可能に

今やGoogleもMicrosoftも画像をアップロードするだけで、OCRできる時代になりました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | EmbedlyBookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


したがって、かつてEvernoteの優位性だった、画像の中の文字さえも検索できるというのには、アドバンテージがないのです。むしろ、追い抜かされつつある状況と言えるでしょう。Evernoteは、自動でノート内の画像のOCRを施しているのですが、一つの文字列の画像に対して、複数候補のOCR情報を付加しているようなのです。そのため、検索すると、トンチンカンな検索結果が返ってきたりするのは、そのためなのです。

EvernoteのOCR精度を高めてもらいたいのと同時に、そのOCRされたテキストを取り出し可能にして欲しいのですよね。それこそ、Googleドライブにアップロードしたら、テキスト化されてたぐらいな衝撃はもたらせますよ。
そして、Evernoteに画像を蓄積しておけば、テキスト化できるという利点を生かした新しい使用法が広がるのではないか?と思います。




checkmark.png 5.カレンダー機能の追加

どうして、この機能がEvernoteにないのか、かなり昔から不思議に思っているのが、カレンダー機能です。
カレンダー上で自分が作成したノートにアクセスできるという機能があるだけで、相当便利になるはずなんですよね。

私は、NotesViewerというアプリを使用しています。




こんな感じで日にちでノートにアクセスしたいのですよ。

2018022502.png



checkmark.png 6.AutoEver的自動整理機能の追加

iOS11のアプリ粛清のお陰でなくなったものの中で、絶望的な気持ちになったのが、AutoEverです。
これは、設定した条件に沿って、自動でノートの移動やタグ付けなどをやってくれるEvernote整理アプリでした。これがなくなってからは、ひたすら手動で整理しているのですが、フツフツと公式で対応してくれれば良いだけじゃん!と思い始めました。結局、公式が増え続けるノートの整理に対して無頓着なのが、問題なのです。
よく考えて欲しいのですが、こういう情報が日々増え続けていくアプリとしては、メールアプリがあります。メールアプリは、条件指定でフォルダ分けや、既読処理、なんなら自動で転送まで対応しています。これと同じように、日々ノートが増え続けるという宿命があるEvernoteだからこそ、これを公式で対応して欲しいのです。別にクライアントソフト(アプリ)上で実現しなくても構いません。Web上のEvernoteでしか設定できなくても構わないのです。一度設定されてしまえば、あとは淡々と仕分けてくれるだけで良いのです。




checkmark.png 7.音声の自動テキスト起こし機能の追加

Evernoteには、音声を添付することができます。

2018022503.png
2018022504.png


しかし、音声を添付するだけです。
先ほどのOCRと同じようにEvernoteは、添付されたデータの再利用という観点では、不得意です。せっかくのデータをどのように再利用するのか?という観点がすっぽりと抜け落ちているのです。だからこそ、「Evernoteは、貯蔵庫」などと言われたりするのです。良くも悪くもデータを蓄積するだけの存在に成り下がっているのです。
大量にあるデータをユーザーにとってもっと価値のあるものにする観点を持ち合わせることが、Evernoteの価値をさらに高めることになるのではないかと思うのです。

音声データも現在は、単に貯蔵してあるだけになっています。しかし、先日記事にしたように、自動文字起こしができたら、多くの人はEvernoteに音声データを入れておこうと思うようになるはずです。テキスト化されることで、二次利用の価値が高まるからです。

【関連記事】
Windowsでも自動文字起こしができる!議事録はGoogleドキュメントに任せろWindowsでも自動文字起こしができる!議事録はGoogleドキュメントに任せろ - 情報管理LOG



checkmark.png 8.ノート同士の繋がりを視覚化

Scrapboxというサービスが、昨年から盛り上がりを見せています。

Scrapbox - チームのための新しい共有ノート
Scrapbox - チームのための新しい共有ノート





これの特徴は、タグ付けをしたり、キーワード自体が自動リンク化し、ノート同士の結びつきが視覚化されることで、思いも寄らぬつながりが見えたり、つながりが見えることで思考が促されるという面があります。

Evernoteだって上でも書きましたが、タグ付けだってやっているし、何よりも大量のデータをストックしています。これらのつながりが、視覚化されると思ってもいないつながりが見えてきそうな気がします。これができることによって、単なるデータ貯蔵庫から思考装置に変わる可能性があるのです。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 データの貯蔵庫に甘んじて良いのか?

Evernoteは、第二の脳になるというフレーズを何度も聞いてきましたが、脳と言うよりは、貯蔵庫と言った方が良い感じでしかありません。
確かに便利だし、自分の生活を振り返ると、今は無くなるとものすごく困ったことになるなと思っています。しかし、せっかくの大量のデータをEvernote社もユーザーも使いあぐねているのも実情です。金鉱を目の前にして、何もせずにいるのと同じ状態なのです。まずは、ここから抜け出すことが、100年企業を謳うならば急務では無いかと思うのです。





Evernoteの愛用しているショートカットキー(Windows編)

2018012900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ごりゅご氏のブログでEvernoteのショートカットキーを活用について「Evernote ショートカットを駆使した普段の使い方」という記事が上がっていました。

Evernote ショートカットを駆使した普段の使い方 | ごりゅご.com
Evernote ショートカットを駆使した普段の使い方 | ごりゅご.com





そういえば、私もEvernoteはけっこうショートカットキーを多用していたなと思ったので、こちらはWindows版のEvernoteのショートカットキーについて書いてみました。
Evernoteは、日常使いの道具なので、できるだけ手間なく扱えるに超したことがないのですよね。





checkmark.png Evernoteの愛用しているショートカットキー(Windows編)

1.Ctrl + Alt + F
どんなソフトで仕事をしている時でも、即座にEvernoteを呼び出せる魔法のショートカットキーです。というか、Evernoteを検索を開始するショートカットキーなのですが、もうめちゃくちゃ多用しています。しかも、立ち上がった瞬間に検索窓にフォーカスされているので、即検索語を入力できるのですよね。というわけで、まずはコレは覚えておいて損はないです。



2.Ctrl + Alt + V
これも、Evernoteを操る上で欠かすことのできないショートカットキーです。
どこからでも、コピーしたモノをEvernoteに新規ノートとして貼り付けることができます。PDFだろうが、JPGだろうが、テキストだろうが、これさえあればどこからでもEvernoteに送れるのです。



3.Ctrl + 1〜
これは、Evernoteのショートカットに登録してあるものを呼び出すことができるというもの。上から順番に1〜になっています。
ちなみに、ショートカットは、ノートブックや保存された検索も登録できるって知ってましたか?

2018012901.png



4.F3
これは、ノートが表示されているときに有効なショートカットキーです。タグの項目にフォーカスされます。私は、ノートのタグ付けで使っています。

2018012902.png


Ctrl + Alt + T

というタグに関するショートカットキーもありますが、断然こっちを使ってます。




5.Ctrl + Q
これは、クイック検索と呼ばれるもので、このショートカットキーを発動させると、このようなウィンドウが出てきます。最近、検索した語句や保存された検索が出てくるので、そこからサクッと検索できます。

2018012903.png



6.Shift + Alt + M
ノートブックの移動です。まとめて移動する場合は、Shiftキーでノートを複数選択したから、このショートカットキーで一気に送ることができます。ノートの整理する時には、必須のショートカットキーですね。

2018012904.png


私は、Ctrl + Alt + F でEvernoteを呼び出し、Tabでノートリストに移動、そしてShift + Alt + M でノートブックの移動という流れでやっています。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Evernoteの操作性は、ショートカットキーで変わります

EvernoteをPCで使う時というのは、たいていちょっとした調べ物だったり、蓄積してある情報を利用したいときです。というわけで、概ね何かの作業と平行してという場合が多いわけです。そうすると、なるべく作業を中断する時間を短くするために、キーボードから指を離さずにやりたいわけです。そういうわけで、ショートカットキーを知っているかどうかで、かなり作業の捗り具合が変わってきます。


H ZETTRIO格好いいですよね。聞き惚れます。




iPhoneで超実用的な長文対応のEvernote用テキストエディタQisaが素晴らしい

2017122800.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
Evernoteで使えるテキストエディタはないかと物色していたところ、ちょうどよくオフセールしていたのでEvernote界隈で少し有名になっていたQisaを手に入れてみました。実際に使ってみると、これが思った以上に素晴らしく、自分の中で「Evernoteの」という冠を外してもテキストエディタとして有能なのではないか?と思えたので、ご紹介いたします。


  
【 iPhoneで超実用的な長文対応のEvernote用テキストエディタQisaが素晴らしい 】  

 1.Evernoteは、テキストエディタにはなりえない

 2.Qisaの紹介

 3.実際の使用感









checkmark.png 1.Evernoteは、テキストエディタにはなりえない

Evernoteのアプリは、Windowsのモッサリ感にいい加減うんざりしていました。タグ付けをしようとするだけで、固まったり、次々にノートを閲覧できなくなることも多いです。
では、iOSのアプリはどうかというと、Windowsほどではないけど、やはりモッサリ感があります。ノート数が、2万越えというのもありますが、それぐらいでモッサリされてもなぁというのが、正直なところでした。

さらにいうならば、Evernoteをテキストエディタ的に使うというのは、実際上ありえないレベルの挙動なのです。なので、Evernoteにテキストを入れる場合は、基本的にサードパーティ製のアプリでやっていました。短文だったら、FastEver。ライフログだったら、PostEver2やEverGearというように。






しかし、残念なことに、長文向きなアプリってあんまりなかったんですよね。したがって、今までEvernoteでは長文を書くのを諦めていました。他のテキストエディタで書いたモノを、

Ctrl + Alt + v

で直接Evernoteにインポートしていました。




checkmark.png 2.Qisaの紹介

さて、そんなEvernoteにおけるテキストエディタアプリの砂漠問題に一石を投じたのが、今回紹介するQisaです。プレーンテキストではなく、リッチテキストエディタになります。




立ち上がりも非常に軽快ですぐに立ち上がります。
画面としては、こんな感じ。iPhoneの縦置きの場合。

2017122801.png



iPhone横置きの場合。

2017122802.png



iPad mini縦置きの場合。

2017122803.png



iPad mini横置きの場合。

2017122804.png



なぜ、縦横をわざわざ載せているのかというと、テキストエディタとしての使い勝手というのは、横置きにした時に外部キーボードとの連携で打ちやすいかが重要となるからです。




checkmark.png 3.実際の使用感

1.文字量における速度について
さて、実際の使用感ですが、非常に快適極まりない感じです。
昨日の情報管理LOGの原稿データおよそ6000文字分入れてみたのですが、全く速度的に低下することもなく、まだまだイケそうな感じです。

2017122805.png



それではと、こちらの記事の原稿を突っ込んでみます。
こちらは、HTMLタグの半角文字も含めて、およそ30000字です。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

2017122806.png



しかし、全く速度的な変かもなく、その後もサクサクと編集できました。Evernoteでテキストの編集をすると、どうしてもどんどん遅くなってくるという弊害もあるので、その点でも合格点がつきますね。



2.文字の装飾
文字の装飾は、リッチテキストエディタなので、非常に豊富に設定できます。
フォントや文字色はもちろん、

2017122807.png



背景色や下線

2017122808.png



打ち消し線やアウトラインの色

2017122809.png



シャドウなどの設定もできます。

2017122810.png



残念ながら日本語フォントは、ないに等しいので、そのあたりは期待できません。



3.ツールバーのカスタマイズ
ツールバーは、スワイプでプリセットされている他のツールバーに変えることができます。

2017122811.png



予め使いそうなツールバーは、プリセットされているのですが、それらも自由にカスタマイズできるようになっています。設定からこのようにツールバーをカスタマイズできる。中身の編集もできるので、自分がよく使う機能だけにしぼったツールバーにして効率化も図れますね。

2017122812.png



4.正規表現による置換もできる!!
もうね、これ重要なので強調しておきますが、正規表現による置換ができてしまいます。もちろん、通常の検索もできるし、普通の文字列の置換もできます。しかし、正規表現のというのは、大きいですね。今までPCでやっていた作業もiPhoneやiPad miniでできちゃう。

2017122813.png



5.Evernote上のノートも編集できる
このQisaですが、実はEvernoteの検索アプリであるeverPostの作者さんのアプリなのです。なので、Evernote内のノートの検索も強力だし、検索して再編集もできてしまいます。別にQisaで作成したノートでなくても読み込めるし、編集もできるのです。



2017122814.png

2017122815.png

2017122816.png



6.everPostとの連携ができる
最後は、そのeverPostとの連携です。
everPostでは、Qisaをインストールすると、自動的に「外部エディタ」がQisaになります。

2017122817.png



そして、everPostで検索したものを、このように外部エディタで開くと、Qisaが立ち上がり、そこで編集できるようになるのです。

2017122818.png




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 かなり実用的です

今までかなりの数のEvernote関連アプリを試してきました。有料アプリも含めると、どれだけ投資してきたことか…。
そんな中においてもQisaは、かなり有望なアプリだと思っています。すでに私のEvernoteフォルダの一軍の位置につけるぐらいには、重要視しています。実際問題として、実用レベルのEvernote用のテキストエディタというのは、そう多くはないのでとても貴重なアプリだと思います。これだけ軽快に入力できるならば、メインのテキストエディタとしての使用もありだなと思っているぐらいです。


Fire HD 8 タブレットが、またもや安くなってますね。


Evernoteのノートが全消滅!復活するためにやったこと

20171120000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、iPhoneのEvernoteが調子が悪くなり、気づいたらノートが1つもなくなるということが起こりました。Evernoteに頼っているので、これがないとかなり厳しい!
というわけで、ノートの消滅→復活までをレポートしてみます。

  
【 Evernoteのノートが全消滅!復活するためにやったこと 】  

 1.Evernoteのノートが全て消えた…

 2.状況の確認

 3.削除&再インストールでも戻らず

 4.再起動&再インストールでは?







checkmark.png 1.Evernoteのノートが全て消えた…

先日、出かけ先でEvernoteを検索しなくてはいけない場面があったのですが、いつもだったら検索にすぐに出てくる語句が、1つもヒットしませんでした。最初のうちは、「アレ?おかしいな」ぐらいな気持ちだったのですが、さらにライフログの確認や保存してあった資料の確認をする段階で、ノートが見られないことにやっと気づいたのです。

アレ?もしかして、ノート消滅してない?

Evernoteのノートが、全て消えていたのです。

20171120001.png



確かにEvernoteの同期がどうも変で、Evernoteを終了&再起動とかを繰り返していたのですが、それが良くなかったのかもしれません。



checkmark.png 2.状況の確認

まずは、出先ではありましたが、Evernoteのデータはオンラインに残っているだろうということで、Evernoteアプリ上から同期をしてみました。しかし、1つも同期されずノート数は、0のままです。
ここで考えられるのは、

1.iPhoneのEvernoteが壊れてしまいノートが表示されない
2.Evernoteのオンラインデータ自体が失われてしまった


という2つでした。
前者だったら何とか対処のしようもあるのですが、2だったら20000越えものノートが全て失われてしまうという未曾有の大災害となってしまいます。
さすがに頭がクラクラしてきました。

自宅に戻りすぐに、確認をしてみます。
LANコードを抜き、PCを立ち上げました。これは、万が一オンライン上のデータが失われた場合、最悪PCに今残っているデータのバックアップを残しておけば、何とかなるだろうという目算があったからです。

すぐさま、Evernoteのデータフォルダにアクセスし、バックアップをとります。場所は、以下にあります(Windows10の場合。たぶん、Windows7でも同じ)。

C:\Users\ユーザーフォルダ\Evernote\Databases

20171120002.png



この中の恐ろしくファイルサイズがでかいのがあるので、それがメインのノートデータになります。まずは、それを取り急ぎバックアップしました。

次にPCをインターネットに接続して、PC版のEvernoteを同期してみます。冷や汗が流れましたが、無事きちんと同期されました。ふぅ。
これで、iPhoneのEvernoteだけが問題だったということが、確認されました。




checkmark.png 3.削除&再インストールでも戻らず

それでは、iPhoneのEvernoteの復旧作業に入ります。
この段階でかなり精神的にラクになっていたので、何とかなるだろうという目算でした。

オーソドックスにiPhoneからEvernoteを削除します。
そして、再インストール!

…しかし、ノートは同期しても、依然として0のままです。

2回ほど繰り替えましたが、復活しませんでした。
これは、違った意味でヤバイ。




checkmark.png 4.再起動&再インストールでは?

最悪、iPhoneのバックアップをiTunesから呼び出して、無理矢理復活とかも考えましたが、その前にiPhoneの再起動をしてみました。

その後に再インストールをします。
そして、再同期してみます。

も、戻ったーー!!!

20171120003.png



冷静を装っていますが、内心バクバクでした。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Evernoteに依存しすぎ問題

HDDなどのデータに関しては、バックアップをいつもとっているので、最悪なことは防ぐことができます。しかし、Evernoteはオンライン上にあるEvernoteのデータが生命線です。今回は、不幸中の幸いにも、iPhoneだけの不具合で済みましたが、もしもハッキングによる乗っ取りや、サーバー上のデータが破壊されたりといったことが起こった場合、果たしてEvernoteだけに頼っていて良いものなのか?という疑問が起こり始めました。
Evernoteのバックアップ体制を築くか、Evernote以外にも残してく方法を探るか…悩みどころです。





Evernote_signin.png

このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG