TOP > CATEGORY - iPhone

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

朝のルーチンワークを自動化してみる ver3.0

2018040700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、iPhoneで朝のルーティンワークを行っています。時間にして、10分ぐらい?
それをほぼ自動化していたのですが、昨年のiOS11ショックにより、一時期中断していました。しかし、WorkFlowを中心にもう一度再構築し、ほぼ元通りのルーティンワークができるようになっています。
今回は、私が毎朝行っているルーティンワークについてです。


  
【 朝のルーチンワークを自動化してみる ver3.0 】  

 1.毎朝やっているルーティンワークの内容

 2.WorkFlowで自動化する

 3.解決できなかった課題







checkmark.png 1.毎朝やっているルーティンワークの内容

この3年間でiPhone自動化の環境が激変してしまいました。iOS11になったことで、それまでの32bit系アプリは全滅となりました。その中に私が毎朝必ず起動していた自動化アプリであるiWorkspaceとAutoEverがありました。
それが使えなくなってしまったことで、一時期朝のルーティンワークができない状態に陥っていました。この2つがなくなってしまったことで、今は朝のルーティンワークに関しては、かなり苦戦を強いられている状況だったのです。

しかし、後述しますが、WorkFlowという自動化アプリによって、何とかしのぐことが可能になってきました。

私が、毎朝必ずやっているルーティンワークは、以下の通りです。
けっこうやることが、多いですよね。

 ①標準カレンダーを立ち上げ、Googleカレンダーとの同期を確実に行う
 ②Googleフォトを立ち上げ、カメラロールの写真をバックアップ
 ③WorkFlowで前日の日付をコピー
 ④Wunderlistで昨日の完了タスクをEvernoteに送ったあと、削除
  →③の前日の日付をメールのタイトル欄にペースト
 ⑤PictShareでカメラロールの写真をEvernoteにバックアップ
 ⑥DayOneでアクティビティに写真を追加
 ⑦EverPostでEvernoteに送ったWunderlistの完了タスクをWorklogというノートブックに移動させる
 ⑧SySightでメモリ解放


ちなみに、①、②に関しては、iCloudやGoogleフォトが自動でしてくれるよ?と言われる方もいると思いますが、確実な同期を素早く行うためには、この方法がベターだという結論です。アプリを開いた時に、間違いなく同期されているという安心感が欲しいのです。

⑥のDayOneは、自動的に行った場所や完了タスク、ブログの更新などIFTTTで全自動日記にしています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

これにその日のトピックス的写真をアクティビティで入れるようにしているのです。
これも、いずれ何もせずとも自動的に写真が追加されるようにしたいポイントですね。


関連記事として、iWorkSpaceが使えていた時代の朝のルーティンワークは、こちらの記事に書いています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




checkmark.png 2.WorkFlowで自動化する

iWorkSpaceがなくなってから、すぐにWorkFlowというiPhoneを自動化させるアプリで代替できないかと、試行錯誤してきました。




そこで、できたのが、iWorkTaskというWorkFlowのレシピです。
これは、WorkFlowを使い、アプリを指定間隔で連続で立ち上げるというものです。



これにより、ほぼiWorkSpaceの代替バージョンができました。
このあたりの経緯は、以前書いたので参照してください。

【関連記事】
iWorkspaceの代わりにWorkflowで代替するレシピ ver1.0
Workflowのレシピ内で他のレシピを発動させる方法(その1)
Workflowのレシピ内で他のレシピを発動させる方法(その2)
Workflowを連続起動させて連携させるレシピ


個人情報満載なので、全部を動画で観てもらうわけにもいかないので、最後の⑥のDayOneからの切り替わりからの⑦→⑧まで見てもらいたいと思います。

https://gyazo.com/c3082cb87b81fdcc91ccb216bd9232b9


だいたいこんな感じで、どんどんアプリが切り替わるというイメージですね。




checkmark.png 3.解決できなかった課題

とはいえ、現在完全にiWorkSpaceの代替になっているかというと、残念ながらそうではありません。

例えば、「Wunderlistの完了タスクをEvernoteに送る」というレシピを発動して、メールアプリでEvernoteに送ると、なぜかiWorkTaskが停止してしまうのです。
その原因が、分からないので現在は、iWorkTaskを2分割して、前半と後半で分けて実行しています。

2018040701.png



これが解決できたら、真の意味でiWorkSpaceの後継になるのですけどね。
道のりは、長そうです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 自動化への道のり

WorkFlowが、最初出てきた時は、Appleにリジェクトされるのではないか?
とヒヤヒヤしたものでしたが、リジェクトどころか、Apple劇推しのアプリに昇格されるまでになっています。今もこれが、使えることは、福音だと思っています。
とはいえ、iPhoneを自動化させるには、まだまだ乗り越えなくてはいけないハードルが多すぎるので、今も試行錯誤を重ねているところです。
もし、良いアイデアがあったら、ぜひ教えてください。


AIの遺電子 RED QUEEN」は、今までの作品と趣を変えて、これはこれで面白いですね。巻末の押井守氏との対談も面白いですよ。



iPhoneの通知を長時間表示させる方法

2018033000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iPhoneの通知ってすぐに消えてしまって、「今、タップしようと思ったのに!」というタイミングでスルスルと上に消えてしまう…というのを、誰しも経験しているのではないでしょうか?
今回は、iPhoneが消えないようにする方法です。

  
【 iPhoneの通知を長時間表示させる方法 】  

 1.iPhoneの通知がすぐに消えてしまう問題

 2.iPhoneの通知を消さないようにする方法

 3.フェイク情報に迷わされるな







checkmark.png 1.iPhoneの通知がすぐに消えてしまう問題

iPhoneに通知が来た時に、ちょうど他のアプリの操作をしていて、「よし終わった!通知をタップしよう」と思った瞬間に上の方にスルスルと消えていくというのを何度も経験しました。
皆さんもそういう経験は無いですか?

https://gyazo.com/f124f5efe46c10c3f2468faea9eb56ad


だいたい7秒ほどで上に吸い込まれていくようです。
7秒というのは、なかなか絶妙なのですが、それでも大事な通知を見逃したくない時ってありますよね?




checkmark.png 2.iPhoneの通知を消さないようにする方法

そこで、以下のようにすると、iPhoneの通知をタップできなくてイライラすることもなくなりますよ!それと、絶対に見逃したくない通知も確実に見逃しがなくなります。

1.設定→通知

2018033002.png



2.見逃したくないアプリをタップ

2018033003.png



3.「バナーとして表示」をオン&「継続的」を選択

2018033004.png




これで、通知バナーが消えずに残すことができるようになりました。
では、実際にやってみましょう。

https://gyazo.com/483af8d4aa9b706ab1081bd9ba184129


すぐに消えなくなりましたね?
消す時は、上の動画のように上の方にフリックするか、ホームボタンを押せば良いです。




checkmark.png 3.フェイク情報に迷わされるな

実は、今回の記事なのですが、他のいくつかの記事で

設定 → 通知 → メッセージ → 持続的

でどのアプリの通知も持続表示されるっぽく紹介されていました。
何度も検証してみましたが、結局、再現性のある結果が得られませんでした。
※どこのサイトかは、紹介しません。

何事も実際にやってみるというの大事ですね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 実際にやるの大事

ネットを見ているとたくさんのTipsに溢れています。情報管理LOGもそういうサイトの1つですが、情報を単に右から左に流しているだけというのも、けっこう散見されます。一次情報の内容をほぼコピペしただけだろうというやつです。
でも、その一次情報が、本当に正しいかどうかに関しては。実際にやってみないと分からなかったりします。今までも何度もそういうのを経験してきているので、何度も実験するのって大事ですよね。というか、まずやってみるの。




iPhoneのコントロールセンターのアイコンを長押しするとどうなるか全実験

2018021600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iOS11になって、コントロールセンターが柔軟に設定できるようになったり、長押しで色々できるようになったりしましたよね。今回は、iPhoneのコントロールセンターを1つ1つ長押ししてどうなるか検証してみました。
意外な挙動をするものもあるので、知っていて損はないですよ。






checkmark.png iPhoneのコントロールセンターのアイコンを長押しするとどうなるか全実験

1.コントロールセンター全景
まずは、コントロールセンターの全景をつかんでみましょう。ちなみに、表示のカスタマイズをするには、

設定 → コントロールセンター → 「コントロールをカスタマイズ」

からできます。

今回は、実験なので全部をオンにしてみました。多すぎると、ちょっと気持ち悪いですね。途中で背景の色が変わっていますが、無理矢理合成したので、気にしないでください。

2018021601.png



2.通信関係
2018021602.gif



これを長押しすると、こんな感じに設定できる項目が増えます。
AirDropなどは、ここから設定できますね。

2018021603.png




3.ミュージック
2018021604b.png


ボリュームや再生ボタン、どの機器から流すかなどを設定できます。

2018021604.png



4.画面回転
2018021605.png


一瞬反応しそうになりますが、何も起こりません。



5.ナイトモード
2018021606.png


これも、一瞬反応しそうになりますが、何も起こりません。



6.画面ミラーリング
2018021607.png



これは、AppleTVの検出画面になります。複数AppleTVがある場合とかは、ここから選択できるので便利ですね。

2018021607b.png



7.明るさ
2018021608.png


大きく表示されて、設定しやすいですね。でも、それだけ。
あと、下の方にNight Shiftモードのオン・オフもあります。ブルーライトを緩和してくれるというヤツです。
※追記:Night Shiftモードのオン・オフありましたね…。すみせん見落としてました。というわけで、追記しました。

2018021608b.png



8.ボリューム
2018021609.png



これも、ただ単に大きく表示されるだけです。

2018021609b.png



9.フラッシュライト
2018021610.png



長押しすると、明るさを4段階変えられます。

2018021610b.png



10.タイマー
2018021611.png



タイマーアプリが起動することなしに、時間と開始&停止ができます。便利。

2018021611b.png



11.電卓
2018021612.png


「最新の結果をコピー」とあり、以前に電卓アプリを使った時の結果が表示されています。それをタップすると、電卓アプリが立ち上がり、その数値が貼り付けられた状態で始められます。

2018021612b.png

2018021612c.png



12.メモ帳
2018021613.png



このような新規メモ作成メニューが出てきます。サクッとチェックリストを作りたいとか、話が早くて便利ですね。

2018021613b.png



13.Apple TV Remote
2018021614.png



これ、Apple TV使う時、リモコンをいちいち探さなくてよくなるので、便利なんですよね。iPhoneでApple TV を操作できるのです。

2018021614b.png



14.画面収録
2018021615.png



ブログを書くときには、欠かせない機能ですね。
これを長押しすると、このように録画した画面操作をどこに保存するか選べます。音声のオンオフもここでできます。

2018021615b.png



15.Wallet
2018021616.png



登録してあるカードが表示されます。複数のカードを登録してあると、選ぶことができます。

2018021616b.png



16.アクセシビリティのショートカット
2018021617.png


アクセシビリティのショートカットって何?という人は、こちらを参照してください。

iPhone、iPad、iPod touch でアクセシビリティ機能を使う - Apple サポート
iPhone、iPad、iPod touch でアクセシビリティ機能を使う - Apple サポート




アクセシビリティのショートカットに設定してあるものを選ぶことができます。ホームボタン3回タップしなくて良いですね。

2018021617b.png



17.アクセスガイド
2018021618.png


長押ししても、特に何も起こりません。
ちなみに、アクセスガイドって何?という人は、こちらを参照してください。

アプリケーションの利用に制限をかける(アクセスガイド) | iPhone | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク
アプリケーションの利用に制限をかける(アクセスガイド) | iPhone | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク






18.アラーム
2018021619.png


これも、長押ししても何も起こりません。



19.カメラ
2018021620.png



単にカメラを起動するだけではなく、用途を選べるのが良いですね。

2018021620b.png



20.ストップウォッチ
2018021621.png


長押ししても何も起こりません。



21.テキストサイズ
2018021622.png



テキストサイズを6段階で変えることができます。老眼に優しい…。

2018021622b.png



22.ボイスメモ
2018021623.png



単に「新規録音」を開始できるだけです。

2018021623b.png



23.運転中の通知を停止
2018021624.png


長押ししても何も起こりません。



24.拡大鏡
2018021625.png


長押ししても何も起こりません。



25.低電力モード
2018021626.png


長押ししても何も起こりません。



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 一覧にするとよくわかる

1つ1つの情報に関しては、色々なところで見かけますが、こうやって全部というのはあまり見ないのではないでしょうか?自分の性分としては、一覧にしたいという願望が強いために、ついつい(ブログの記事にするとか関係なく)こういうことをやってしまうのですよね。良いのやら悪いのやら…。
でも、こうやって見てみると、自分にとって何が必要なのかが見えてきますよね。


やっと、実用的な大容量タンク内蔵の家庭用プリンタが出てきたという感じ。





Apple Payを使い始めたら使い心地最高だった件について

2018012400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨年末にiPhone6からiPhone7に乗り換えました。
この数年間ずっと私の中では、フラストレーションが溜まっていました。それは、スマホで電子マネーが使えなかったことです。仕方がないので、電子マネーが入るケースを使うことで、何とか耐え忍んできました。しかし、iPhone7になったことで、いよいよApple Payデビューが果たせたのです。

今さらApple Payの話題かよ!

と突っ込まれることも十分承知ですが、やはり使い心地が最高でした。
今までAndroid陣営の皆さんは、こういう心地よさを味わっていたのだなとちょっと感動した次第です。というわけで、今回は、周回遅れの話題になってしまいますが、Apple Payの使い心地についてです。


  
【 Apple Payを使い始めたら使い心地最高だった件について 】  

 1.AndroidやiPhone7以降が羨ましかった日々

 2.Apple Payを導入してみた!

 3.そして使ってみた







checkmark.png 1.AndroidやiPhone7以降が羨ましかった日々

上でも書きましたが、とにかくスマホや携帯で決済できるというのは、すごい憧れでした。
たぶん、携帯で決裁するということに関しては、早い人だったら、ガラケー段階で体験済みな人も多かったと思います。

ちなみに、私の携帯遍歴は、

NECのガラケー
Sony Premini(世界最小携帯で有名)
Xperia Arc
iPhone5
iPhone5s
iPhone6


そして、今回機種変したiPhone7という流れです。えらく少ないように思うかもしれませんが、Preminiの期間がかなり長かったのです。
電話をするだけだったら、今でも

「Premini最高!」

とか思っています。
Preminiってこういう端末でした。デザインが素敵。



【関連記事】
iPhoneの10年と私のモバイル遍歴


とはいえ、反面、ガラケー時代からNFC搭載の携帯が非常に羨ましく、携帯だけで決裁できる気軽さというのを、ぜひ体験してみたいものだと思っていました。しかし、残念ながらその機会は、なかなか訪れることはなく、時は流れに流れ、とうとう2017年になってしまいました。

その前年にiPhone7が大々的にApple Payを宣伝しており、やっとiPhoneの世界にも端末で決裁できる時代が到来したか!と胸が熱くなったものです(iPhone6でしたが…)。
そして、2017年末にやっと、SIMフリーのiPhone7を手に入れ、Apple Payを体験できる機会が巡ってきたのです。




checkmark.png 2.Apple Payを導入してみた!

噂通りApple Payへの登録は、ものすごく簡単でした。

設定 → WalletとApple Pay → 「カードを追加」

の順番でできます。

「続ける」をタップ。

2018012401.png



クレジットカードかSuicaを選びます。

2018012402.png



そして、クレジットカードを枠内に収めて映すだけで勝手にクレジットカードの番号なども読み取ってくれます。未来だね。
あとは、クレジットカードの裏面にあるセキュリティコードを入力するだけと簡単すぎです。

2018012405.png



checkmark.png 3.そして使ってみた

そして、使ってみました。
私のキャリアは、Y!mobileなので、必然的にApple Payは、Quick Payでの支払いになります。
※すみません!!私の勘違いでした。Quick PayかIDは、紐づけるクレジットカードによります。


このあたりは、Appleの宣伝のうまさだなと思わされるのですが、対応している決済手段に紐づけるというのが、Apple Payの正体なのです。つまり、そういう決済手段を簡便にできるようにした仕組みの総称みたいな?

さて、登録してすぐに使ってみました。
私は、コントロールパネルにApple Payを登録したので、サクッと呼び出しが可能になっています。
※ロック画面からダブルタップでもできるけど、セキュリティを考えてオフにしています。

2018012403.png



決裁する時は、「Apple Payで(または、Quick Payで)」と店員さんに告げ、
リーダーにかざした上で、Apple Payで指紋認証をするとすぐに決済されました。

2018012404.png


何というラクさ!

以前は、コンビニでも電子マネーかクレカを使うことが多かったのですが、それがほとんど、Apple Payに置き換わった感じです。さらに、最近ではApple Pay対応店舗も増えているので、今までだったらクレジットカードで決済していたところもApple Payで済ませることが増えてきました。
クレカだと署名が求められたり、暗証番号を打ち込まなくてはいけなかったりする煩わしさがあるのですが、Apple Payだとそういうのが、一切なく、一瞬で決裁が完了してしまいます。この煩わしさが、一切ないというのが、Apple Payを使う最大の利点ではないでしょうか?

ちなみに、クレジットカードのポイントは、今まで通りつきます。
なので、今までだったら少額の場合は、クレカを使わないことも多かったのですが、そういう場面でもどんどんApple Payを使うようになってきています。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Apple Payは、クレジットカードの少額決済を促した

記事にも書きましたが、Apple Payがもたらした功績というのは、iPhoneでの決済手段ができるようになったというよりも、クレジットカードによる少額決済をしやすくしたことに尽きるのではないかと思いました。
感覚としては、EdyやWAON、nanacoなどに代表されるような電子マネーのような使い心地を、クレジットカードでも実現した感じです(IDやQuick Payという決済種段を間借りして実現しているわけですが)。この感覚になれてしまうと、わざわざ財布からカードを取り出してとやるのが、煩わしく感じてしまいます。また、散歩程度だったらiPhoneさえ持って行けば何とかなると思えるようになったことも大きいですね。
今は、SuicaをApple Payに入れるか迷っています。


マンガ大賞2018のノミネート作品決まりましたね!




AirDropの脆弱性について考えてみる

2018012100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
最近、「AirDrop痴漢」というものがあるのだそうです。
そういえば、自分も昨年末に痴漢ではないのですが、似たような経験をしたので、大いにあり得る話だなと思いました。というわけで、今回はちょっと真面目にiOSにおけるAirDropの脆弱性問題についてです。


  
【 AirDropの脆弱性について考えてみる 】  

 1.AirDropとは何か?

 2.AirDrop痴漢とは何か?

 3.AirDropの脆弱性について考えてみる

 4.対策について







checkmark.png 1.AirDropとは何か?

まず、AirDropとは何か?ということなのですが、これはiOSの機能の一つで、iOS同士であるならば、簡単にファイルなどを送り合うことができるというものです。

iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う - Apple サポート
iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う - Apple サポート





Wi-FiとBluetoothを両方オンにしておき(Wi−Fiは、繋がっていなくても構わない)、

2018012101.png



このコントロールセンターのこの部分を長押しして出てくると

2018012102.png



このようになるので、「AirDrop」の項目をタップします。

2018012103.png



「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」という項目があるので、「連絡先のみ」か「すべての人」をタップしてきましょう。

2018012104.png



そして、送りたい写真やファイルなどを共有Extensionに送ると、

2018012106.png



このように、共有Extension上に現在AirDropで送ることができる人の一覧が出てきます。
で、送りたい人をタップすると…

2018012105.png




「このファイルを受け入れますか?」とか確認が出てくるので、OK!

2018012107.png



すると、相手にそのファイルが送られるという仕組みです。
写真などを送る手段としては、iOS同士だったら、もっとも簡単な方法かと思います。




checkmark.png 2.AirDrop痴漢とは何か?

さて、最近徐々に話題になってきているのが、「AirDrop痴漢」です。
これは、電車内などで不特定多数に対して、わいせつな画像をAirDropを使って送りつけるというものです。AirDrop自体よくわかっていなくて、いきなり「このファイルを受け入れますか?」とか表示されていたら、間違ってOK押してしまう人がいるようです。
そうすると、相手側には、プッシュで強制的に画像が表示されてしまうのです。
まさに痴漢の名にふさわしい行為ですね。





さて、そういう私もこれに近い経験を昨年末に経験しました。
それは、スタバでコーヒーを飲みながら、iPad miniでブログを執筆している時に、突然画面に「受け入れますか?」の文字が出てきて、OKしてしまったのです。
そうすると、送られてきた画像はこれでした。

2018012108.png



そのドリンクから見える風景から、そのスタバの位置を逆算して送り主を特定したのですが、観光できていた韓国の方でした(というか、自分の席のすぐ近くだった)。
私は、ブログを執筆する関係上、スクショをどんどんiPhoneに送ったりするので、AirDropを使う関係上「すべての人」にしていたのです。たぶん、送り主としては、私に送りたかったわけではなく(そりゃそーだ)、単なる誤爆に過ぎないのですが、色々考えるきっかけにはなりました。




checkmark.png 3.AirDropの脆弱性について考えてみる

「AirDropの脆弱性」と書いているけど、コレって使う人のリテラシーの問題じゃない?

と思われる人もいるかもしれません。
4で触れますが、単なるリテラシーの問題である場合もあります(単にAirDropって何?とかいう人)。

しかし、AirDropそのものの脆弱性を狙われる可能性もないとは言えないのです。
先日、このようなニュースがありました。目にされた人もいたのではないでしょうか?

【chaiOS】メッセージアプリで特定のURLを開くとiPhoneがフリーズ・クラッシュする不具合の対処法
【chaiOS】メッセージアプリで特定のURLを開くとiPhoneがフリーズ・クラッシュする不具合の対処法





これは、特定のURLをメッセージアプリで受信すると、iPhoneがクラッシュするというものでした。今回発見された脆弱性に関しては、すぐにも修正される見込みですが、AirDropのもつある特徴が攻撃の手段として使われる可能性が高いだろうなと思うのです。以下の動画を見ていただきたいのですが、このように受信側には送られたデータがプッシュで表示されてしまうのです。




これは、URLだったら、Safariが。写真だったら写真アプリが、というように規定のアプリが立ち上がる仕組みになっています。これは、悪用さえされなければ非常に便利な仕組みなのです。しかし、悪意ある第三者が、脆弱性を攻撃するタイプのURLを送りつけたり、ウィルスを送りつけたりすることも原理的に可能な上に、受け入れてしまった時にはそれが自動的に実行されてしまうという脆弱性があるのです。

さらに、AirDropには、相手側のiPhoneなりiPad上で登録してある氏名がモロに見えてしまいます。上記のスタバでのエピソードには、他にもあって、AirDropで送ろうとしたら、複数名の名前がズラリと並んでいたのです。しかも、ニックネームではなく、たぶん本名がです。その中には、女性の名前も見られました。しかも、顔写真付きで…。

2018012109.png



先ほどのAirDrop痴漢は、無差別に送っているのかもしれませんが、もしかしたら女性の名前のiPhoneに送りつけているのかもしれませんね。




checkmark.png 4.対策について

対策は、3つしかありません。

1.AirDropは使う時以外は、オフにしておく
これが、基本中の基本の対策になります。
使う時以外は、基本オフにしておくのです。そうすることで、誤爆も防げますし、周囲にAirDropを使っている人がいても、名前や写真のアイコンが漏れることもありません。



2.第三者の知らない人からのAirDropは受け取らない
基本的に「すべての人」にしてあっても、初めて受信する時は、必ず受け入れるかどうかポップアップが出てくるので、それで「辞退」を選択すれば良いのです。ここで反射的に「受け入れる」を押さないことが大事です。

2018012114.png



3.iPhoneの名前の登録を本名ではなくする
これは、女性の方は特にそのようにした方が良いと思うのですが、iPhoneの登録名を本名は避けた方が良さそうです。

変更の仕方は、設定からこの部分をタップ

2018012110.png



「名前、電話番号、メール」をタップ

2018012111.png



「名前」をタップ

2018012112.png



ここをニックネームに変更でできます。これで、相手側に本名が表示されなくなるはずです。

2018012113.png




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 とはいえAirDropは、ものすごく便利

私は、AirDropをかなり使っています。実際にLINEやPushbulletなどネットワークを使わないといけないサービスを使うよりも、もっと早く、簡便に、しかもプッシュで送ることが可能なので、使い勝手が良いのですよね。ちょっとしたスクリーンショットとかだったら、AirDropで十分だし。複数人に写真を渡す時も全員がiPhoneだったら、AirDropで一瞬でやれてしまうというのも非常に魅力です。
そういうわけで、若干のセキュリティ的に脆弱性があるような気もしますが、用心すれば防げるので、皆さんも気をつけてください!




このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG