TOP > CATEGORY - Google

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iOS版Chromeがパスワードの一括エクスポートに対応!

2018042600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。先日のiOS版のChromeが、アップデートでパスワードの一括ダウンロードに対応しました。
今回は、このやり方と問題点についてです。


  
【 iOS版Chromeがパスワードの一括エクスポートに対応! 】  

 1.Chromeはパスワードを保存している

 2.iOS版で一括ダウンロードが可能に

 3.気をつけるべきこと







checkmark.png 1.Chromeはパスワードを保存している

Google Chromeをお使いの方はご存じですが、Chromeはパスワードを保存しています。そのため、PCだろうが、iOSだろうが、Androidだろうが、ログインしたChromeでアクセスすると、自動的に保存されたパスワードのあるサイトに関しては、入力の必要が無く、非常に快適にブラウジングできるのです。

こんな感じで、IDとPASSが、自動的に入力される。

2018042601.png



checkmark.png 2.iOS版で一括ダウンロードが可能に

さて、そんなChromeですが、先日来よりパスワードの一括ダウンロードの話題が出ていました。

Google、Chromeに保存したパスワードの一括ダウンロード機能を開発中。CSV形式で他のソフトに取り込み可能 - Engadget 日本版
Google、Chromeに保存したパスワードの一括ダウンロード機能を開発中。CSV形式で他のソフトに取り込み可能 - Engadget 日本版




こちらのニュースは、PC版でしかもベータ版の位置づけ機能としての提供だったのですが、iOS版のChromeで正式にできるようになったようです。
※PC版のChrome66でもできるようです(2018/04/26現在)。追ってレポートします。

2018042602.png



さて、やり方ですが、すごく簡単すぎて逆に危険レベルなので、警告の意味合いを兼ねて、取り上げます。

右上の三点アイコンをタップ。

2018042603.png



「設定」をタップ。

2018042604.png



「パスワード」をタップ。

2018042605.png



そうすると、パスワードが保存されているサイトの一覧が出てきます。ずっと下の方にスクロールしてください。

2018042606.png



そうすると、「パスワードをエクスポート」という項目があるので、タップ。

2018042607.png



「パスワードをエクスポート」をタップ。

2018042608.png



TochIDを要求されるので、おとなしく指紋認証しましょう(対応機種のみ)。

2018042609.png



そうすると、共有Extensionが立ち上がるので、保存させたい場所を指定してください。今回は、Dropboxを指定してみました。

2018042610.png



さて、本当に保存されているでしょうか?
確認してみましょう。Dropboxにアプリでアクセスすると、ハイ!ありました。

2018042611.png



中身を見てみましょう。
CSV形式でまさに平文でパスワードが保存されています。
※この右側に全て平文で記載されている。

2018042612.png




checkmark.png 3.気をつけるべきこと

さて、パスワードのエクスポートですが、あまりにもライト感覚でできてしまうので、ヒヤヒヤものだなと思わされました。しかも、平文での保存なので、取り扱いに注意しなければ、重大なセキュリティリスクにもつながりかねません。

上で挙げたように、共有Extensionから保存するときに、SNSに上げてしまったりしてしまったら、目も当てられません。なので、基本的にはどうしてもその必要があるとき意外は、やらない方が良さそうです。

私も即Dropboxから消しました。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 他のアプリへのパスワードの移行はラクになりますね

今回のChromeによるパスワードのエクスポート機能に関しては、Chromeで管理しているパスワードを他のアプリでも使えるようにという意味合いがあるようです。ユーザーのデータは、ユーザーのモノであるという認識に立てば、これができて本来は当たり前なんですけどね。
今回、エクスポートしてみて、ずいぶんGoogleに握られているなぁと再認識しました。



マンガ大賞にもなっていたこの作品。作風は独特だけど、面白かったです。


私がよく使う意外なGoogleマップ活用法

2018042500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Googleマップ皆さん使っていますか?最近は、iOSの標準マップもだいぶマシになってきていますが、残念ながらGoogleマップの足下にも及んでいないなと感じています。Googleマップといえば、場所の位置を調べたり、ナビをしてもらうというのが一般的ですが、他にも色々使い道があるのですよ!
今回は私が日頃どのようにGoogleマップを活用しているか挙げていきたいと思います。

  
【 私がよく使う意外なGoogleマップ活用法 】  

 1.お店の情報

 2.乗り継ぎ&時間の比較

 3.タイムラインで過去の振り返り

 4.駐車場の確認

 5.駐車場所の確認

 6.待ち合わせに使う

 7.リストの保存







checkmark.png 1.お店の情報を調べる

最近は、グルメ検索サイトを使わずに、Googleマップを使うようにしています。特に口コミは、下手なサイトよりもずっと載っています。しかも、写真もかなり充実しているので、お店の評判を知るには、最適なんですよね。評判が悪いからと評価の改竄も無いしね。

食べログが炎上!口コミ、点数、ランキング操作とやらせ疑惑とは? | 世の中の日常
「食べログ」だけではない ネットでやらせがはびこる理由  :日本経済新聞


これ、Googleマップなんだぜ。

2018042501.png



アクセスした時間によって、現在やっているかどうかもすぐに分かる。定休日だった!というのも防げます。よく病院で助かってる。

2018042502.png



この混雑する時間帯も何気にありがたい。

2018042503.png



そして、何よりもこの口コミ!!下手なレビューサイトよりずっといい!そして、やらせレビュー少ない。

2018042504.png



店内の写真も多いというのが、特徴です。どんな雰囲気かすぐ分かるしね。

2018042505.png




checkmark.png 2.乗り継ぎ&時間の比較

これに関しては、先日記事にしたばかりでした。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

こんな感じでタイムライン上で乗り継ぎやルートも含めたトータル時間の比較が、スムーズにできるのが、本当にありがたい。

https://gyazo.com/266aadbd210b35eb87fc0cc2119afb08


ただし、ブコメでもありましたが、バスに関してはかなり弱いのですよね。バス乗らんけど。JRや地下鉄などだったら、これで十分です。




checkmark.png 3.タイムラインで過去の振り返り

左上にあるハンバーガーアイコンをタップして

2018042506.png



メニューを出すと、「タイムライン」という項目がありますよね。事前にGoogleマップに位置情報を許可していく必要がありますが、Googleマップ使う人だったら、大抵許可してますよね?

2018042507.png



で、このようにタイムライン上で自分が行った場所が、自動で記録されているのを確認することができます。これが、かなり正確でほぼ正しいのですよね。しかも、Googleフォトを使っているならば、タイムライン上に写真も出てくるので、自動ライフログと化するのです。

2018042508.png



ちなみに、上のカレンダーアイコンをタップすると、カレンダーが出てきて、特定の日付をピンポイントで振り返ることもできるのです。

2018042509.png




checkmark.png 4.駐車場の確認

これから訪れようとするときに、よく事前に駐車場を確認します。
そういうときに、その場所の駐車場を衛星写真で確認するようにしているのです。実際行ってみたら、ほとんど駐車できないなんてこと多いですよね?
普通のマップじゃどこから駐車できるかなんて、分からないのですよ。

2018042510.png



でも、衛星写真だとこのように分かります。

2018042511.png



さらに、ストリートビューでチェック。

2018042512.png



完璧ですね。




checkmark.png 5.駐車場所の確認

これ、本当にスゴイよね。
気づいていいる人は、気づいていると思いますが、車で行って駐車したら、その場所をGoogleマップが記憶してくれるのですよ。

こんな感じ。





分かりやすいところだったら良いのですが、巨大なモールの駐車場とかだった場合、どこに停めたか分からなくなるときありませんか?そういうときに、これがあると、ほぼピンポイントで駐車場所を特定できるのです。便利!





checkmark.png 6.待ち合わせに使う

これ、案外使っている人少ないのですよね。
ハンバーガーアイコンをタップして、メニューを出します。
そうすると、「現在地の共有」ってありますよね?

2018042513.png



で、「使ってみる」をタップ。

2018042514.png



そうすると、共有できる時間の指定(ずっと相手に自分の位置が補足されまくっていたらいやでしょ?)や、共有する相手を選ぶことができます。

2018042515.png



これの何がスゴイって、待ち合わせを動的にすることができるんですよ!
相手も自分も動きながら、お互いの位置を補足しあえたりするので、「今、そこならば、あそこに行こう!」みたいな使い方ができるのです。しかも、時間指定できるので、時間が過ぎれば自動的に共有が切れてくれるというのも良いですね。




checkmark.png 7.リストの保存

ハンバーガーアイコンをタップして、メニューを表示すると、「マイプレイス」という項目ありますよね?今度は、これをタップしてみましょう。

2018042516.png



これの「保存済み」をタップすると、いくつかリストが現れるはずです。これが、すごく便利で自分専用の地図のブックマークになるのです。自分は、これを主にお店のブックマーク代わりに使用しています。

2018042517.png



リストへの保存の仕方ですが、場所をGoogleマップで調べて「保存」をタップします。

2018042518.png



そうすると、先ほどのリストが現れるので、適切なカテゴリに保存するだけでOKです。
これだけで、自分専用店リストが簡単にできたり、旅行などで行きたい場所を事前に調べておいて、ストックしておけるのです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleマップは、万能なのです

Googleマップかなり便利で高機能なのですが、知られていない機能が多すぎてもったいないなと思っています。今回取り上げなかった機能で、まだまだ奥の深いのがたくさんあるのですが、まずは上に挙げた機能を使ってみてください。こうやって使えば良いのかということが、分かると世界が広がりますよ。



確かにコレいいかも!



Googleマップのルート比較ツールが便利過ぎる

2018041900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Googleマップ使っていますか?
私は、超方向音痴なので、むしろこれがないと生きていくのが大変というレベルです。
さて、「ルート比較ツール」というのがあるのをご存知でしょうか?
これは、Googleマップの機能の中でも、かなり画期的とも言える便利ツールです。これから旅行に行くという人などにも嬉しい機能です。今回は、おのGoogleマップのルート比較ツールについてです。



  
【 Googleマップのルート比較ツールが便利過ぎる 】  

 1.ルート比較ツールとは?

 2.実際に使ってみる

 3.こんな用途で







checkmark.png 1.ルート比較ツールとは?

知っている人は、知っている「ルート比較ツール」ですが、これを使うと非常に便利なことが分かります。まず、この「ルート比較ツール」は、こんな感じです。

2018041901.png



このように目的地までの行程を時間軸と交通手段と共にズラリと表示してくれるのです。スクロールするとこんな感じ。出発時刻とともに変わっていくことが分かりますね。

https://gyazo.com/266aadbd210b35eb87fc0cc2119afb08


これの面白いポイントは、特に乗り換えや交通手段によって到着時刻を簡単に比較できることです。例えば、出発時刻が多少遅れても早く到着する手段が明らかになるというのは、良いですね(もちろん、値段は変わってきますけどね)。

2018041902.png




checkmark.png 2.実際に使ってみる

では、実際にGoogleマップのルート比較ツールを使ってみましょう。
そうそう、今回はPCでの検索のみです。
まずは、目的地を入力しましょう。

2018041903.png



検索結果の左側のサイドバーにある「ルート・乗換」をクリックします。

2018041904.png



そして、今度は出発地を入力します。

2018041905.png



下にスクロールすると…

2018041906.png



はい、ありました!
「ルート比較ツール」をクリックします。

2018041907.png



そうすると、ポップアップでルート比較ツールが出てきます。

2018041908.png



あとは、前述の通りですね。




checkmark.png 3.こんな用途で

さて、用途に関しては、それぞれ色々使い勝手がありそうですが、私はこう使っているということで参考までに。

1.JRの乗り換えも含めた総時間の算出
このルート比較ツールの面白いところは、徒歩部分も含めての総時間を算出してくれるところです。旅の計画を練る際には、A→Bの移動に関わる総時間知りたいのですよね。だからこそ、これは非常に便利なのです。
自分の中でGoogleマップの徒歩の時間は、かなり正確という認識です。

2018041909.png



2.最短時間の行程を検索
上でも少し書きましたが、目的地までの最短時間の検索に便利なんですよね。
これでも、分かりやすいとは思いますが、

2018041910.png



やはり、視覚的にパッと理解できるのが良いですよね。



3.比較→詳細な行程がシームレス
比較ツールで行程を比較して、「コレかな?」と思ったら、クリックすると、左側に詳細な行程が出てきます。

2018041912.png



金額も確認できたり、距離なども確認できます。
さらに、マップなので地図上での確認も容易というのが、万能過ぎる。
これが、乗り換え案内系のアプリだと、そうもいかないので、はやりGoogleマップ最強だなと思います。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleマップは、地図を超えた地図

私は、Googleマップはグルメ情報を探したり、旅や出張の計画を練ったりと、単なる地図を超えた使い方をすることが、すごく多いです。もはや、Googleマップは、地図とは言えない総合位置情報サービスだなと思うのですよね。
そういう凄みを最近特に感じています。


TP-Linkのスマートコンセント。
海外の規格の製品が多い中で、日本の規格というのはありがたいですね。
これで、家電のコントロールやってみようかな?



Googleの検索が無限スクロールに対応したので、色々実験してみた

2018041500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、GoogleからGoogle検索のモバイル版が、無限スクロールに対応というニュースが流れました。今まで「次へ」を押して、続きを見るということに慣れすぎていましたが、これでモバイルでの検索が、かなり便利になりそうです。

  
【 Googleの検索が無限スクロールに対応したので、色々実験してみた 】  

 1.Googleの検索が無限スクロールに

 2.使い勝手を検証する







checkmark.png 1.Googleの検索が無限スクロールに

Googleの検索が、無限スクロールに対応しました。
どういうことかというと、今までは検索結果がページ毎に区切られていましたよね?
「次へ」で次のページの検索結果に遷移させるという形をとっていました。
こんな感じでしたよね?

2018041501.png



しかし、新しい検索は、それが廃止され、「もっと見る」ボタンになり、画面遷移なしで、どんどん結果が見られるようになったのです。

動画で観ると、こんな感じ。

https://gyazo.com/05714c88bccba6d337f37922797a496f


これは、検索がラクになりそうですね。




checkmark.png 2.使い勝手を検証する

さて、こういうのを手放しで賞賛するのではなく、きちんと使い勝手の面を検証しないと情報管理LOGではありません。というわけで、さっそく検証してみました。

<検証内容>
☑次の検索結果表示までの速度感
☑検索結果をタップした時の挙動
☑検索結果をタップして戻ってきた時の挙動




1.Google検索アプリ
やはり一番最初にコレを試さないと!



☑次の検索結果表示までの速度感
ほぼ一瞬で表示されます。快適です。


☑検索結果をタップした時の挙動
新しいウィンドウが立ち上がりはしません。元よりそういうアプリではないので。


☑検索結果をタップして戻ってきた時の挙動
上下にあるナビゲーションのどちらをタップしても、きちんと検索結果に戻ってきました。それは、2ページ目以降であっても同じでした。

2018041503.png



2.Safari
iPhone標準ブラウザです。

☑次の検索結果表示までの速度感
これも、ほぼGoogle検索アプリと同じぐらいですね。


☑検索結果をタップした時の挙動
新しいウィンドウは、立ち上がりはしません。ただし、表示がモバイル版に最適されていない時がある?サイトによるかも。


☑検索結果をタップして戻ってきた時の挙動
下のナビゲーションをタップすると、ちゃんと2ページ目以降であっても元の検索結果の続きに戻ってきます。Safariは、戻ってこないというような意見もちらほら見られたので、改善された??
特に問題はありませんでした。



3.Chrome
Google謹製のブラウザアプリ。



☑次の検索結果表示までの速度感
GoogleのChromeならという思いがあったのですが、なんとまだ無限スクロールに対応していませんでした。アレ?これって、一斉に対応されるのではなく??
というわけで、この段階で検証終了。

2018041504.png


まさか、Chromeが無限スクロールに対応していなかったのには、驚きました。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleよ、どうした?

最近のGoogleは、Googleカレンダーのリニューアルや、今後Gmailのリニューアルなど、既存のサービスへのてこ入れが図られている印象が強いです。
とはいえ、あまりにも巨大な会社になってきているので、総合的なサービスの統合が難しくなってきているのかな?とやや心配になってきています。




Googleドキュメントの音声入力による執筆方法を見直しました

2018032700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
1ヶ月ほど前に「iPhoneの音声入力とGoogleドライブを連携する最速ハイブリット文章作成術という記事を書きました。しかし、色々試行錯誤を繰り返すうちに、さらに高速に入力できる方法を確立しつつあるので、それについて書いていきたいと思います。



  
【 音声入力による執筆方法を見直しました 】  

 1.iPhoneの音声入力を活用したハイブリッド入力とは何か?

 2.Googleドキュメントだけで音声入力を完結する方法







checkmark.png 1.iPhoneの音声入力を活用したハイブリッド入力とは何か?

先月、ありがたいことにはてなブックマークにおいて、「iPhoneの音声入力とGoogleドライブを連携する最速ハイブリット文章作成術」という記事がホットエントリ入りさせていただきました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


このハイブリッド音声入力とは何かというと、iPhoneとPC側両方で同じGoogleドキュメントを立ち上げ、iPhone側でGoogleドキュメントに音声入力していくというものです。
そうすると、PC側で立ち上げているGoogleドキュメントにリアルタイムに文字が入力されていくので、修正が容易というものでした。

もともとGoogleドキュメントは、同時編集が可能なので、このようにそれぞれの編集しているカーソルが表示されるのです。





iPhoneの音声入力は、句読点や改行ができるという利点があるため、それを最大限に活かす方法として、やっていたのです。
そして、その利点を活かしつつ、PCの編集性の良さを活かし、修正はPCで行うという点が、「ハイブリッド」だったのです。

こんな風に修正しながらやれる!






checkmark.png 2.Googleドキュメントだけで音声入力を完結する方法

自分の中では、Googleドキュメントの音声入力は、句読点や記号などの入力や改行ができないなど、iPhoneの音声入力と比較すると、どうしても見劣りがするように感じていました。しかし、逆に言うと、その部分さえクリアされれば、実は音声認識自体は、大きな違いはあまり感じていなかったのも事実でした。

そこで、以下のように試してみたところ、これが思ったよりも快適だったのです。

<準備するもの>
・マイクまたは、ヘッドセット
・まやは、iPhoneのイヤフォン

PCで音声入力する際には、PCに内蔵されているマイクではイマイチなので、マイクまたは、ヘッドセットを準備した方が、スムーズにできます。ちなみに、私が使っているのは、こういうのです。2000円ちょっとで購入できます。これで快適になるなら安いもんです。





もしも、わざわざ購入するのはちょっと…という人は、iPhoneについてきたイヤフォンでも十分な実力がありますよ!というか、十分!

iPhoneのイヤフォンは、ここにマイクがあるのです。

2018032701.png



<やり方>
1.PC上でGoogleドキュメントを開く


2.Googleドキュメントの音声入力をオンにする
Googleドキュメントの

ツール→音声入力

で、音声入力ができるようにします。





そして、マイクボタンをクリックすると、音声入力が始まります。
音声を感知している時は、赤く光ります。

https://gyazo.com/e494061778d9d61bbc344aa4e9ea28b9



3.マイクまたは、ヘッドセットで音声入力をする
そして、以前の記事と同じように、どんどん話していけば、Googleドキュメント上に入力されていきます。しかし、これでは句読点や改行ができません。そこで、PCのキーボードを用いて、句読点と改行を入力していくのです。話し終わって、変換待ちになる前から句読点をキーボードで入力しても、問題なく入力されていきます。

キーボードでは、基本的に

「、」「。」と改行(エンターキー)のみを入力するだけ

です。

変換に関しては、ほとんどをGoogleドキュメントの音声入力に任せるのです。「基本的には」と書いたのは、音声入力で誤変換があった場合は、修正しないわけにはいかないので、その時はキーボードを用いて修正していきます。それでも、修正するする割合としては、キーボードによる誤変換と同じか、それ以下なので、非常に高速に入力することができます。

https://gyazo.com/63d61d3f252460cd44c505bce7714a9b



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 PCだけで完結するならば、最速かも?

iPhoneの音声入力もなかなか優秀ですが、Googleドキュメントの音声入力も負けず劣らず、優秀なんですよね。ただし、上で挙げたように句読点や改行ができないところが、厳しいところなんですよね。
でも、今回の方法を使えば、とりあえずは、かなり高速に音声入力できるようになるはずです。PCだけで完結するならば、現在最速かもしれません。



このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG