FC2ブログ
TOP > CATEGORY - Google

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

YouTube Musicを使ってみた

2018111800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
YouTubeが、いよいよストリーミングミュージック界に参入!とこの数日、ずいぶん大騒ぎなのですが、実際に使ってみたらどうなのか?ということで使ってみました。


  
【 YouTube Musicを使ってみた 】  

 1.YouTube Musicとは何か?

 2.YouTube Musicで音楽を聴いてみる

 3.Google Play Musicとの関係は?







checkmark.png 1.YouTube Musicとは何か?

まず、YouTube Musicとは何かということですが、これはGoogleが始めた新しい音楽のストリーミングサービスです。音楽ストリーミングサービスと言えば、Spotifyが有名ですよね。まさにそれの対抗馬として出してきたと言って良い本丸ですね。

で、実は、YouTube Musicは、YouTubeの有料バージョンであるYouTube Premiumの音楽部分を取り出したものと考えると良いかと思います。

YouTube Premiumは、月額1,180円で広告なしで使えるサービスです。

YouTube Premium - YouTube
YouTube Premium - YouTube




すでに各所で取り上げられていますよね。
そして、YouTube Music Premiumは、このYouTube Premiumに内包される形で提供されるものと考えると良いかと思います。
こんな感じですね。

2018111801.png



ちなみに、YouTube Musicは、無料でも楽しむことができます。
これは、YouTube Premiumに入らなくてもYouTubeを広告ありで楽しむことができるのと同じです。

もしも、動画もかなり頻繁に観るというならば、YouTube Music Premiumだけではなく、それを含むYouTube Premiumに入るというのがお得ですね。




checkmark.png 2.YouTube Musicで音楽を聴いてみる

YouTube Musicは、Web版とアプリ版があります。

Web版は、こちらから。

YouTube ミュージック
YouTube ミュージック





アプリ版は、こちらからダウンロードできます。

YouTube Music

YouTube Music

Google LLC無料posted withアプリーチ




まずは、Web版から見ていきましょう。
YouTubeの履歴などから、すでにレコメンドされていますね。このあたりいかにもGoogle様のサービスという感じです。

2018111802.png



関係ないけど、SuperflyのGifts良い曲ですよね。


『Gifts』-Superfly

では、この曲を上の検索窓から検索してみます。
一番上にYouTubeの公式動画(Nコンのかな?)が上がっていますが、下にあるのが曲になります。

2018111803.png



曲をクリックすると、最初に広告が流れますが、ちゃんとフルの音楽が流れますね。Premiumになれば、広告も流れません。

2018111804.png



Web版は、他のタブに移動しても、ちゃんとバックグラウンドで再生してくれます。しかも、関係する曲というか今までの履歴などから、「キミこれも聴くでしょ?」というプレイリストも表示してくれたりします。

これは、なかなか音楽のダラダラ聴きに重宝しそうですね。1曲毎に広告が入りますが、それが嫌ならばPremiumに加入すれば良いだけです。

あと、重要なことなので書いておきますが、曲のフルバージョンは、普通にYouTubeから検索しても出てこなかったりしますが、
YouTube Musicで見るとちゃんと公式のフルバージョンが出てきます。



次にiPhoneアプリでやってみましょう。
最初にPremiumのトライアルやってみませんか?と出ます。でも、ここでは加入しないでください!!よく見たら、値段高くありませんか?

2018111805.png


実は、iOSで加入するとYouTube PremiumもYouTube Music Musicも数百円高い料金設定になっているのです。強調しておきますが

YouTube PremiumやYouTube Music Premiumに加入するときは、Web版でやること!

さて、画面としては、こんな感じです。

2018111806.png



検索してみるとYouTubeの動画と公式の曲両方が出てきます。
YouTubeの方は、ライブ版やらカバーなどもあるので、そういうのも楽しみたい人にとっては、Spotifyのように公式のみしか出てこないストリーミングサービスより楽しみの幅は広いと言えます。逆に公式音源の音楽だけ楽しみたいという人は、向かないかも?

再生画面は、こんな感じです。音楽アプリ然としていますね。
右上のアイコンをタップすると、音楽のみの再生もできます。ただし、Premium加入している人だけ。

2018111807.png



Premiumに加入すると、音楽を端末に保存もできるし、バックグラウンド再生もできるというのは、なかなか魅力的ですよね。というか、バックグラウンド再生ぐらいは、普通に対応していて欲しいよね…。




checkmark.png 3.Google Play Musicとの関係は?

さて、私はGoogle Play Musicユーザーなので、実はこのYouTube Musicをやや微妙な目線で見ています。Google Play MusicもYouTube Musicも、どちらもGoogle傘下のサービスなんですよね。そして、思いっきり競合しているという。

ちなみに、今までGoogle Play Musicの有料版を契約していた人は、YouTube Music Premiumに自動的になっているはずです。したがって、この記事のこの部分は、今のところ間違いです。解約する必要はありません。

YouTube Music Premiumは月額980円で単体でも契約できる。既存の定額制音楽サービス「Google Play Music」に加入しているユーザーは、YouTube Music Premiumをそのまま利用できる。その状態でYouTube Premiumに加入するとサービスが重複するため、同社はGoogle Play Musicを解約することを推奨している。

「Google Play Musicは縮小する」 有料の“広告なしYouTube”日本でもスタート 音楽配信は統合へ - ITmedia NEWS



今のところヘルプページにこのような記載がありますが、これもいつ変わるか分かりませんね。

2018111808.png



そして、こんなニュースも…。

「YouTube Music」記者発表会、将来的にGoogle Play Musicはサービスを終了 | Musicman-net
「YouTube Music」記者発表会、将来的にGoogle Play Musicはサービスを終了 | Musicman-net





いや、別に統合しても良いのですよ。自分的には、大量にアップロードしている音楽資産が、統合後にダメになってしまったり、アップロードできなくなってしまうのを危惧しているのです。

ストリーミングサービスは、新しい曲には良いのですが、どうしても古い曲やマイナーな曲には対応していないので、そうしたものも楽しめるGoogle Play Musicを支持しているのですよね。しかも、普通にバックグラウンド再生に対応しているしね。

というわけで、いつストアから消されるか分からないので、今のうちにインストールしておくと良いかもです。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 無慈悲なGoogle様の統廃合が始まるか?

Googleと言えば、恐ろしいほど潔くサービスを統廃合することで、すっかり有名になってしまいました。Google Readerを始めとして、今も切望されるサービスであっても、スッパリと辞めてしまうのですよね。なので、全く安心できないのが、Googleのサービスだったりします。
とはいえ、今やどっぷりサービスに浸かりきっているので、どうしようもないというのも事実なんですよね。とはいえ、音楽資産が失われないようしなくては!という思いもあるので、一概にYouTube Musicに賛同しているわけではありません。
便利だけど。


AmazonのMusicアンリミという手もあるのですよね。

Google検索で宿泊予約ができるって知ってた?(しかも割引で)

2018110500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
最近のGoogle検索は、かなり高機能化していて、様々な付加機能が盛り込まれまくっています。今回は、Google検索でホテルの宿泊予約もできちゃうよという話です。


  
【 Google検索で宿泊予約ができるって知ってた? 】  

 1.「○○のホテル」と検索する

 2.検索オプションがスゴイ

 3.Google Oneだと割引も







checkmark.png 1.「○○のホテル」と検索する

Google検索でホテルの予約をするのは、ものすごく簡単です。

(都市名→)○○のホテル

と検索するだけです。

例えば、上野界隈のホテルを検索します。

2018110501.png



上の方は、広告ばかりなので無視無視。

2018110502.png



すると、ボックスに囲われた部分が出てきます。それです!下の「他のホテル」をクリックしましょう。

2018110503.png



実は、この宿泊情報は、パートナー企業からもたらされたものだと明記されています。

2018110504.png



「他のホテル」をクリックすると、このように山ほど情報が出てきます。

2018110505.png





checkmark.png 2.検索オプションがスゴイ

上の方に情報バーがあるのですが、1つずつ見ていきましょう。

2018110506.png



宿泊日の設定ですね。

2018110507.png



宿泊人数に関しては、4名までできます。大人子どもの設定とかはできません。

2018110508.png



宿泊費の設定です。バーは、自由にスライドできます。スライドすると、該当ホテルがどんどん切り替わっていきます。

2018110509.gif



利用者の評価での絞り込みもできます。この利用者というのは、Googleマップ上での評価になるみたいです。

2018110510.png



ホテルの設備での絞り込みができます。こんな感じで絞り込める。ホテル関係者の皆さん、ここが評価ポイントだと思いますよ!

2018110511.png



さらに絞り込みができます。

2018110512.png



ここまでは、まあ、ぶっちゃけ普通ですよね。
Google様らしいのは、ここからです。右側にある地図があるのですが、それを動かすと、地図の中心(またはクリックした場所)に応じてホテルがリアルタイムで切り替わっていくのです。

2018110511.gif



さらに地図上には、その宿泊予定日の金額が示されているので、場所と金額だけでサクッと見ることもできるのです。

2018110513.png



宿泊したい場所を見つけたら、クリックしましょう。
そうすると、こういうウィンドウが立ち上がります。

2018110514.png



「部屋を予約」をクリックすると、

2018110515.png



提携している予約サイトへのリンクが載せられています。ここから予約できるのです。
つまり、Google先生は、予約サイトを比較して載せてくれているということですね。しかし、宿泊比較サイトすらも比較対象になっているというのは、なんという皮肉。

2018110516.png



checkmark.png 3.Google Oneだと割引も?

Google Oneの特典として、現在、宿泊割引もあるようです。

2018110517.png



でも、東京のホテルで検索してみましたが、う~ん見つけられませんでした。
どうやら、海外ではあるみたいですね。
今後に期待ってところですね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Google検索の高機能化

この数年、Google検索は、シンプルから高機能化に舵を切ったように思います。Google検索だけで完結させようという意識が明確に読み取れるようになりました。確かにGoogleとしては、その方がさらにGoogleの利用率が上がるので、その方が良いのかもしれません。しかし、あまりにも様々な機能が付加されてきて、やや戸惑ってしまうのも事実なんですよね。
このあたり、どう考えていくのかが課題なのかもしれません。



Google Oneにしました!使い勝手や特典など

2018110300.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
とうとう日本でもGoogle Oneの提供が始まりましたね。私の所にもやっと招待のメールが来ました。そういうわけで、さっそくGoogle Oneに乗り換えてみました。実際の使い勝手や特典などについて書いていきます。


  
【 Google Oneにしました!使い勝手や特典など 】  

 1.Google Oneの招待状が届いたよ

 2.Google Oneへの切り替え方

 3.Google Oneの使用感など







checkmark.png 1.Google Oneの招待状が届いたよ

つい、先日やっと私のところにもGoogle Oneの招待状が届きました。こういう感じのです。

2018110301.png



その前にGoogle Oneって何?
という方もいらっしゃると思いますので、概要だけ。

Google Oneは、今までGoogleドライブと呼ばれていたものをアップデートしたものになります。なので、基本は、Googleドライブのストレージにおける新しい名称と考えてもらって差し支えないのでは無いかと思います。
以下が、Google Oneでの変更点の概要になります。

1.既存のGoogleドライブの容量アップと新たなプラン
・200GBプランの新設(月額380円、年額3800円)
・1TB→2TBに容量アップ(値段据え置きで月額1300円、年額13000円)
※1TBプランは、廃止。実質2TBの値下げ


2.ファミリーとの共有
これは、最大5人の家族とクラウドストレージをシェアできるようになりました。自分の子どもに数GB分けるなどが可能に!


3.スペシャリストに問い合わせできる
なんと、AIなどではなく、人間に問い合わせできます。
これについては、後述。実際に問い合わせしてみました。


4.ホテルが割引に!
日本での特典としてホテルでの宿泊料金が最大40%オフになるようです。
「(都市名)のホテル」と検索すると、Google Oneでの特典料金が検索されます。
こんな感じ。

2018110302.png



5.¥600分のGoogle Playクレジットがもらえる
なんと、Google Oneに移行すると600円分のGoogle Playクレジットがもらえます。これって、移行しない理由ないですよね?
特典関係は、こちらにまとまっていますので、チェックしてみてください。

Google One
Google One




2018110303.png


こんな感じでGoogle Playにクレジットが追加されます。素敵だ。

2018110304.png




checkmark.png 2.Google Oneへの切り替え方

さて、Google Oneへの切替は、非常に簡単です。
こちらのリンクから

ドライブから Google One にアップグレードする - Google One ヘルプ
ドライブから Google One にアップグレードする - Google One ヘルプ




「Google Oneメンバーになる」をクリックするだけでできます。

2018110305.png




checkmark.png 3.Google Oneの使用感など

さて、Google Oneになっての一番の驚きは、空き容量が増加したことです。私は、Googleのバックアップと同期を使用して、自分のマイドライブにあるファイルや写真をバックアップしていました。約120GBぐらいあったのですが、これがかなりギリギリぐらいの空き容量しかない状態でした(バーが赤くなって、警告されていた)。残念ながらまさかこんなことになるとは思っていなかったので、スクショを撮っていませんでした。

そもそも写真は、高画質モードで無限バックアップしていたにもかかわらず、なぜか写真の容量が、容量に加算されていたのです。
※容量が、ヤバかったのでフォルダ毎いくつか消したら容量が増加したのを確認していました。

「バックアップと同期」の設定では、こうなっていました。

2018110306.png



で、Google Oneに切り替えたところ、一気に空き容量が50GB以上も増えました。

2018110307.png



まあ、元々容量を消費しないはずの写真で消費していたので、元に戻ったとみるべきですね。ちゃんとGoogleフォトでもバックアップされているのを確認しているので、今のところ問題はなさそうです。
一応、ストレージの詳細は、こんな感じです。

2018110308.png



そこで、スペシャリストに問い合わせできることを思い出したので、やってみました。
そうすると、すぐにメールで返信がありました。
すごい、ちゃんと中の人からメールが!これは、ちょっと安心しますね。ちなみに、どうやら私の問い合わせした内容は、勘違いだったようです。すみません…。

2018110309.png



でも、丁寧な対応をしていただいているので、Googleへの信頼感が高まったような気持ちになりました。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Googleへの依存度が高まってしまう

ただでさえGoogleへの依存度が高い状況であるのに、さらにGoogle Oneによって依存度が高まってしまいそうです。それぐらい、ストレージ単価が安いのです。これだけ安ければ、ローカルでのバックアップも見直しをかけても良さそうな感じになってきました。とはいえ、あまりにも1つに依存する危険性も認知しているので、悩みどころではありますが…。



Googleスプレッドシートをブログに埋め込む方法

2018110100.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
Googleスプレッドシート使っていますか?
エクセルも良いのですが、それに負けず劣らずGoogleスプレッドシートもなかなか使い勝手が良いのですよね。初期の頃に使ったきりで「これは、使えん!」と思った人もぜひ、もう一度触ってみると良いかもしれません。
さて今回は、あまり知られていないかもしれませんが、GoogleスプレッドシートをWebやブログなどに貼り付けることができるよ!ということについてです。これができると、スプレッドシート上で変更を加えるだけで、リアルタイムに埋め込んだ先のWebやブロブにも即反映されるので、とても良いのです。
というわけで今回は、Googleスプレッドシートを埋め込む方法についてです。


  
【 Googleスプレッドシートをブログに埋め込む方法 】  

 1.Googleスプレッドシートは埋め込みできる!

 2.Googleスプレッドシートを埋め込む方法

 3.Googleフォームの結果を埋め込む







checkmark.png 1.Googleスプレッドシートは埋め込みできる!

Googleスプレッドシート(以下、スプレッドシート)は、様々なサービスに埋め込むことができます。思ったよりも知られていなさそうなので、今回はこれについて書いていきます。

ちなみに、昨日つぶやいたツィートです。




エクセルオンラインもエクセルとの親和性が高いので、使い勝手が良いのですが、それとは別方向に進化してきているのが、Googleスプレッドシートなのです。元々からWebベースで提供されてきていたので、Webとの相性に関しては、すごく良いのです。

Googleフォームで受付フォームを作成すれば、その内容をスプレッドシートに即反映なんていうのも元々の機能でできてしまいます。受付名簿の作成などしなくて良くなりますね。
なので、スプレッドシートは、エクセルの代替サービスと考えてしまうと、ちょっと違うかな?と思います。

さて先日、「メディアマーカーからの移行先候補7つを調べてみた」という記事を書きました。その中で代替サービスを比較まとめするために用いたのが、スプレッドシートでした。

こんな感じで埋め込んだのです。
※横方向にスクロールします。



Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

Webやブログに表を埋め込むのって何気に面倒ですよね。
でも、スプレッドシートでサクッと表を作成して、それを埋め込めれば、めちゃくちゃラクなんですよ!




checkmark.png 2.Googleスプレッドシートを埋め込む方法

というわけで、スプレッドシートを埋め込む方法についてです。

まずは、実験用にサクッと埋め込み用のデータを作成してみました。
こんな感じ。

2018110101.png



次に「ファイル>ウェブに公開」をクリック

2018110102.png



そうすると、ウィンドウが立ち上がるので、「埋め込み」をクリック!

2018110103.png



ドキュメント全体を埋め込むのか、シートだけを埋め込むのかというのを選択します。

2018110104.png



そして、「公開」のボタンを押すと、このように「この選択を公開してもよろしいですか?」と聞いてくるので、もちろんOKです。

2018110105.png



埋め込み用のiframeが出てくるので、それをブログなり、Webなどに貼り付ければできてしまいます。
こんな感じですね。




でも、これだと幅や高さが、微妙過ぎなのでカスタマイズしていきます。Googleマップのように最初からカスタマイズ項目があるわけではないので、自分でやっていきます。
とはいえ、簡単なのでサクッとやっていきましょう!
幅と高さを指定したいので、コチラの文字列に幅と高さの数字を入れて

width="幅を入れる" height="高さを入れる"

ここに入れてください(;headers=false"のすぐ後ろに半角スペースを入れて入力)。

2018110106.png



そうすると、こうなりますね。





これで埋め込むと、このようになります。これで、幅と高さを指定することができました。簡単でしたね。




checkmark.png 3.Googleフォームの結果を埋め込む

ここまできたら、次に応用編です。
Googleフォームに入力したものをスプレッドシートに入れ、そしてそれを埋め込んでみましょう。

Googleフォームをサクッと作成します。



ぜひ、上のフォームに入力してみてください。

そして、作成したGoogleフォームの「回答」をクリック。


そして、このスプレッドシートのアイコンをクリックします。

2018110109.png



「回答先の選択」が出てきますので、新しいスプレッドシートに記録しましょう。

2018110110.png



そうすると、新しいスプレッドシートが立ち上がります。
これを、先ほどと同じ要領で埋め込んでみましょう。

ハイ!こんな感じです。



上で回答したものが、すぐ反映されますね。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 スプレッドシートの進化がスゴイ!

スプレッドシートは、単なる表計算アプリではないということが分かっていただけたでしょうか?最近では、記録計のマクロも使えるようになってきましたし、今後VBA級のマクロが使えるようになれば、本当の意味でエクセルを超える日が来るかもしれませんね。
とにかく、一度触ったきりで「使えん」と思った人は、ぜひとも触ってみると良いかもですよ。


Googleフォトでのムービー作成がさらに便利になりました

2018100100.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんGoogleフォト使っていますか?
無料で無限に写真を蓄積できるGoogle様のサービスです。
我が家の写真やiPhoneのカメラロールのバックアップ先として、活用させていただいています。さて、めちゃくちゃ便利なGoogleフォトですが、Googleフォトアプリにおけるムービー作成が、さらに使い勝手が良くなったのをご存じでしょうか?
今回は、Googleフォトでムービー作成がさらに便利になったということについてのレポートです。


  
【 Googleフォトでのムービー作成がさらに便利になりました 】  

 1.Googleフォトでムービー作成が改良されました

 2.実際にGoogleフォトでムービー作成してみる

 3.







checkmark.png 1.Googleフォトでムービー作成が改良されました

Googleフォトというのは、上でも書きましたが、Googleに(画像サイズの上限はあるものの)無限に写真をバックアップできるというとても太っ腹なサービスなのです。こんなことができるのは、もはやGoogleしかないのではないか思えますね。
で、iOSにもGoogleフォトのアプリがあります。



このアプリ自体かなり写真閲覧アプリとしては、かなり優秀です。私は、iPhoneの写真アプリから日常使いのアプリをこちらに切り替えたぐらいです。

さて、このGoogleフォトですが、実はかなり高機能で、ムービー作成やコラージュ、アニメーションの作成などもできたりします。

2018100101.png



2016年の記事でもGoogleフォトによるムービー作成について取り上げていたので、最近のGoogleフォトと比較してみましょう。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


まず、一番の違いは、それぞれの写真から生成されるムービーの長さを簡単に指定できるようになった点です。
以前は、このようにムービーのタイムライン上で編集する必要がありましたが、




最新のGoogleフォトでは、このように各写真毎に長さを調整できるようになりました。

2018100102.png



さらに、ムービーを追加した場合は、トリミングも容易になりました。

2018100103.png



単に写真のスライド映像を作るだけだったら、Googleフォトだけで良いかもと思える手軽さです。


さて、実は機能改善のことばかりについて書きましたが、改悪もありました。ひっそりとですが、ムービーのエフェクトが、なくなってしまっています。
以前の画面では、ここからムービーにエフェクトをかけることができました。




しかし、残念なことにエフェクトの機能ごと、ごっそりと失われてしまいました。

2018100104.png



checkmark.png 2.実際にGoogleフォトでムービー作成してみる

では、実際にGoogleでムービー作成してみましょう。

1.アシスタントを選択
下の項目の「アシスタント」をタップします。

2018100105.png



2.ムービーを選択
上にある「ムービー」のアイコンをタップ

2018100106.png



3.作りたいものを選択
成長期録やペットなど、自動でやってくれるものもあります。
今回は、フルスクラッチで作るので、「写真や動画を選択」をタップ。

2018100107.png



4.ムービーに使いたい写真を選ぶ
好きなモノを選びましょう。今回は、私のホーム画面にあるフォルダの中身のスクショでムービーを作成することにしました。選び終わったら、上の「作成」をタップ。

2018100108.png




5.編集する
あっという間にムービーができるので、下のまん中のアイコンをタップ。

2018100109.png



そして、先ほど書いたように、それぞれの写真などの表示時間を変えていきましょう。

2018100110.png



音楽を変えたい場合は、この部分をタップすれば音楽の選択をできます。マイミュージックからも選択できますよ。手軽に作成したいならば、Googleが用意してくれている「テーマ音楽」からも選べます。

2018100111.png



できたムービーは、こんな感じ。
作成時間1分未満です。サクッと写真からスライド形式の動画を生成するならば、これで十分ですね。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 成長記録が良いのですよ!

今回は、取り上げませんでしたが、自分の子どもの成長記録のムービーをGoogleフォトで作成しています。先ほどの作成段階で「成長記録」を選択して、子どもの顔を選ぶだけで自動で作成してくれるのです。「へぇ、その写真をチョイスするんだ」という驚きもあるので、楽しいのですよね。気に入らなければ、入れ替えれば良いだけですしね。
そういうわけで、写真を死蔵させるのがもったいないという人は、Googleフォトでムービーを作成すると良いですよ!


名前からは、想像できないほど素敵な歌を歌っています。平成最後の天才だな。





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG