TOP > CATEGORY - 文具

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

いつもペンケースに入れて持ち歩いている文具たち

2015082800.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、無印良品のパスポートケースをペンケースにしたという記事を書きました。
今回は、その中身についてです。



  
【 いつもペンケースに入れて持ち歩いている文具たち 】  

 1.無印良品のパスポートケースをペンケースにした

 2.ペンケースに入れている文具たち







checkmark.png 1.無印良品のパスポートケースをペンケースにした

先日、無印良品のパスポートケースをペンケースにしたという記事を書きました。

無印良品のパスポートケースは、ペンケースとして使える! - 情報管理LOG


実際使い始めて、薄さと使い勝手の良さに大満足しています。

無印良品のパスポートケースは、こんなの。

2015081901.png

2015081903.png





checkmark.png 2.ペンケースに入れている文具たち

では、実際にどんなものを入れているのか、レビューしたいと思います。

1.無印良品のシャープペンシル
確か今は廃盤になってしまったデザインのシャープペンシルです。
アルミ削り出しの感じと、先端が伸びているので、書き味が良いです。

2015082813.jpg

2015082812.jpg



2.フリクションボールペン
中に入れている物の中で、唯一色味がやけに目立っているペンです。
実は、これもらい物で、使ってみたら便利だったので、ついそのまま入れてあります。フリクションボールは、すごいね!

2015082801.jpg



3.無印良品の定規
これも無印良品です。これまた、アルミ削り出し感がいい感じです。
しかし、かなり長い間、ペンケースに入れていたため、とうとう目盛りが全て消えてしまいました…。

2015082802.jpg



4.リップステッィクタイプの消しゴム
これまた、もらい物という…。
確か、Midoriで同じものが出ていたはず!

2015082803.jpg


なぜ、これにしているのかというと、小ささと、汚れにくさがすごくよいのです。
普通の消しゴムだとペンケースに入れておくだけで、汚れたり、欠けたりするからです。

ミドリ - midori - 「デザイン文具」の総合メーカー
ミドリ - midori - 「デザイン文具」の総合メーカー






5.無印良品のカッター
今や100均でも同じものが売っています。薄型で、持ち運ぶには最適です。
それにしても、無印良品多いな。

2015082804.jpg



6.USBメモリ(16GB)
まぁ、お守り代わりに持っています。この中にポータブルブラウザやフリーソフトなども入っていて、もしもの時に使えるようにしています。

2015082805.jpg



7.ピンセット
これ持っていると、皆さんにすごく意外な顔をされるんですよね。
でも、あるとすごく便利なのです。
とげが刺さって抜けないときとか、狭いところに入ってとれないときとか、すごい細かい作業をするときなど、活躍の場面は多いです。

2015082806.jpg



8.マッキー(油性)
これも、意外に活躍の場面があるものです。
水性では書けないけど、油性ならイケるというものありますよね?
ペットボトルやプラスチックの付箋などに書いたり、用途はけっこう広いです。

2015082807.jpg



9.修正テープ
これは、以前入れていた普通サイズの修正テープから、ミニ版に入れ替えました。
これによって、ペンケースに若干余裕が生まれました。

2015082808.jpg



10.印鑑
100均の透明ケースに捨て印を入れています。
まぁ、印鑑社会なので、入れないわけにはいかないということで。

2015082809.jpg



11.クリップとアダプター
なぜか、Midoriのクリップケースに、普通のクリップと100均で購入したLightningのアダプターを入れています。このケース、小さな物を入れておくには、絶妙な大きさなんですよね。

2015082810.jpg

2015082811.jpg






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ペンケースの中身晒してみませんか?

以前は、ヴィクトリーノックスの10徳ナイフも入れていたのですが、空港で危なく没収になりそうになったので、持ち運ぶのをやめました。(そりゃそーだ)

今回は、ペンケースの中身を晒してみましたが、私は、他の人のカバンの中身やペンケースの中身がすごく気になります。
そういう特集とかあったら、つい見てしまうぐらいです。

もしよろしければ、そういう記事を書いた方がいらっしゃいましたら、@yoshinonまで連絡をいただければうれしいです。
ペンケースの中身を晒してみませんか?












無印良品のパスポートケースは、ペンケースとして使える!

2015081900.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
久しぶりに仕事用のペンケースを新調しました。
毎日持ち運ぶものだけに、厳選に厳選を重ねて、無印良品のパスポートケースをペンケースにすることにしました。


  
【 無印良品のパスポートケースは、ペンケースとして使える! 】  

 1.無印良品のパスポートケースとは

 2.今まで使っていたペンケース

 3.中に入れるモノ

 4.パスポートケースに入れてみた







checkmark.png1.無印良品のパスポートケースとは 

2015081901.png


無印良品のパスポートケースというのは、まさに読んで字のごとく、トラベルグッズの一つで、パスポートや海外に行ったときに、重要な書類や物などを入れておくためのケースです。

種類が、3種類あり、大きさも微妙に違います。
並べてみると、こんな感じです。

2015081902.png


中身も3つとも全く違う仕様になっています。
一番小ぶりで薄型のものの中身は、長財布っぽい作りになっています。
真ん中のチャックがついている部分は、メッシュになっています。

2015081903.png



中サイズのは、先ほどと大きさこそ、ほとんど変わりませんが、若干厚みが違います。
こちらは、カード入れの部分が充実しているのと、真ん中にペンフォルダがついていることと、キーなどを下げることができるリングがついています。

2015081904.png



一番大ぶりなものは、厚みも大きさもあります。
特徴は、真ん中に2リングがあり、チャックフォルダがついていることです。
一種の手帳代わりにも使えてしまいそうな機能性があります。

2015081911.jpg




さて、これほど違うと、かなり迷います。
実際にどれを買うか、最後まで悩みました。
結果としては、一番小さく薄いサイズの物を買うことにしました。2番目のは、格好いいものの、ペンケースにするという用途から考えると、厳しいと思いました。また、一番大きいのは、大きさがカバンに中で主張しすぎる感じがしたのです。もしも、自分の中で決まった手帳とかなかったら、中身を改造して、手帳兼ペンケースにしたかもしれません。









checkmark.png 2.今まで使っていたペンケース

今まで使っていたペンケースも無印良品のものでした。
これです。

2015081905.png


開くと中はこんな感じ。実にシンプル。

2015081906.png


かれこれ、一体何年使っていたんだろう?10年は使っていたような気がします。
全くヘタったところはなく、まだまだ現役で使えそうではありましたが、パスポートケースの魅力に負けてしまったというのと、机の中のケーブルケースとしての第二の人生(?)が待っていたので、あえなく引退となりました。

でも、丈夫で長持ちというのは、すごく良いものでした。

今回のパスポートケースと比較してみると、こんな感じです。パスポートケースの方が、若干大きいですね。

2015081910.jpg







checkmark.png 3.中に入れるモノ

今までペンケースに入っていたものを、丸ごと入れることにしました。
これが、私のペンケースに入っていたものたちです。
まあ、多くはないですよね。

2015081907.jpg
※クリックすると大きく表示されます。






checkmark.png 4.パスポートケースに入れてみた

では、パスポートケースに入れてみます。
無印良品のパスポートケースは、割と薄いので入るかどうか不安でしたが、いざ入れ始めると、スイスイ入ってしまいました。

ペン類は、中央のチャックのついた部分へ。

そして、USBメモリは、カード入れに。

定規は、サイドのポケットへ。

2015081908.jpg



最後にチャックを閉めてみます。それほど、膨らんだ感じもなく、薄く収まりました。

2015081909.jpg








 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 質感に大満足です

2015081912.jpg

上では触れませんでしたが、今回の決め手のポイントに、色と質感の良さもありました。
基本的に持ち物の色のトーンは、派手にしたくはないので、この色合いに出会ったときに、「これだ!」と思ってしまったのです。

また質感は、サラリとしていて、これの前のペンケースのドライスーツのような質感とは違い上質な感じがしたのも良かったです。

きっと、また10年単位で使い続けてしまうので、長く使っても飽きが来ないで、ずっと付き合えそうです。














方眼ノートパッドオススメ4選

2015070200.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんは、メモパッドを使っていますか?
私は、かれこれ長い間メモパッドを使っています。特に方眼タイプのメモパッドを愛用しています。
今回は、私が使っていて、オススメできるメモパッドを紹介いたします。


  
【 オススメの方眼ノートパッド4選 】  

 1.情報管理LOGが、オススメするノートパッドの条件     

 2.無印良品の滑らか書き味のノートパッド

 3.SeriaのメモパッドUTOR

 4.セブンイレブンのビジネスメモパッド

 5.Mnemosyneのノートパッド







checkmark.png 1.情報管理LOGが、オススメするノートパッドの条件

私がこれからオススメするメモパッドは、全て以下の条件を満たしています。
逆にこれが、あまり好きではないならば、オススメはできません。

 ・5mm方眼である
 ・罫線の色が薄い
 ・切り離せる
 ・裏写りしない


したがって、様々なブログなどで評価の高いRHODIAのメモパッドは、罫線の色が濃いので該当しません。
↓これね。







checkmark.png 2.無印良品の滑らか書き味のノートパッド

2015070201.png



まずは、無印良品の「滑らか書き味のA6ノートパッド」です。

「滑らか書き味の〜」というのはシリーズで、その名の通り、非常に書き味の良い紙を使っています。とてもペンの滑りがよく、書いていて気持ちいい紙です。
しかし、残念なことに、現在は無印良品では廃盤になっており、ファミマでしか手に入らなくなっています。しかも、A7版しかないし。

罫線の色は、薄く嫌みの無いグレーです。
切り取るときは、気持ちいい感じで切れてくれます。

2015070202.png


2015070203.png



表紙の色は、つや消しの黒のみです。シックで飽きない感じがすごく良かったのに…。
ちなみに、無印良品のノートパッドは、あとで紹介するマルマンのMnemosyneのノートパッドのOEMなんだそうです。どうりで、書き味が良いわけだ。






checkmark.png 3.SeriaのメモパッドUTOR

2015070204.png


無印良品のノートパッド(A6版)が手に入らなくなり、途方に暮れていたときに見つけたのが、SeriaのメモパッドUTORです。

表紙は、つやのある黒と赤の2色のラインナップです。
一見、そのつや感とかどうなの?と思わないでもなかったですが、実際使うときは、カバーに入れて使うので、あんまり関係ないという結論にいたりました。表紙のUTORって文字は、いらないけど。

紙質こそ、若干、無印良品に劣るものの、全ての条件を満たしている上、100円で手に入るというのが魅力です。つい、買いだめしてストックしています。

表紙をめくると黒い中表紙があるのが特徴。
書くときに、少し邪魔なのでいらないかな?と思っています。

2015070205.png



罫線の色は、薄いグレーでいい感じ。

2015070206.png


紙の色は、ほんの少しだけ、無印良品のものより白いです。でも、並べて比較しないと気づかないレベル。

2015070207.png






checkmark.png 4.セブンイレブンのビジネスメモパッド

無印良品に匹敵するメモパッドが、セブンイレブンから出ています。
その名も「ビジネスメモパッド」です。
何よりも全国どこでも安定して手に入れられるというのが、強みですね。

残念ながらA5サイズしかないのが難点ですが、それ以外は、全ての条件を満たしている上に紙質もすごくいいです。
表紙の色は、無印良品のノートパッドと同じくつや消しの黒のみというラインナップです。
先ほどのSeriaのUTORと比較してみると、このような大きさになります。

2015070208.png



裏には、「SEVEN&i lifestyle」と入っています。これは、佐藤可士和が、プロデュースしている「セブンライフスタイル」という気軽に使える、ちょっとかっこよさそげな文具などを取りそろえているコーナーにあります。
コクヨのOEMであることが分かります。そりゃ、質が良いわけだ。

2015070209.png


セブンライフスタイル|セブン-イレブン~近くて便利~
セブンライフスタイル|セブン-イレブン~近くて便利~






紙質は、一番薄く、白色が強めです。
罫線は、一番色が薄く好みだな。

2015070211.png



上記の3冊を重ねてみると、こんな感じになります。
一番上から順番に、
 ①無印良品
 ②SeriaのUTOR
 ③セブンイレブンのビジネスメモパッド
です。

無印良品が、少し生成りであることがわかります。また、SeriaのUTORだけが、裏面にも方眼が入っていますね。

2015070212.png




checkmark.png 5.Mnemosyneのノートパッド

最後は、マルマンのMnemosyne(ニーモシネって呼びます)という高級メモパッドです。

表紙は、つや消しの黒に、金色で「Mnemosyne」と入っているのが、かっこいいですね。




紙質は、申し分ない質感です。裏写りもないし、文句の付け所がないですね。
ただし、値段がちょっと高めなのが、唯一の欠点です。

サイズや種類は、一番豊富でよりどりみどり選べます。
A6版は、表紙にホチキスが見えるのですが、それが気になる人はやめたらいいです。

2015070213.png



また、用紙の上の方にタイトルなどを書くペースがあります。
これも、好みの分かれるところです。

2015070214.png

2015070215.png


使いやすさや、紙質、等に関しては、上記3つと比較しても、抜群に良いです。
ただし、上でも述べたように無印良品のは、マルマンのOEMなので似ているのは当たり前ですね。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 日常使いだからこそこだわりたい

私は、手帳もメモパッドもかれこれ10数年ずっと方眼タイプを使い続けています。
方眼タイプは、線を引いて図形を書くのにも、文字を書くのにも、どちらにも適しています。一番最初にも触れましたが、だからこそ罫線の色や方眼の大きさなどが、すごく気になります。
特に手帳のデジタル化を始めてからは、罫線の色が薄いことが絶対条件になってきました。

手帳をデジタル化するメリットとは? - 情報管理LOG
手帳とScanSnapの連携 2015年.ver - 情報管理LOG

ほんの少しのことだけど、日常で使うためには、なるべくストレスは小さい方が良いですよね。
だからこそ、こだわっていきたいですね。



DELFONICSのルーラークリップが使える

2015062100.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、購入した文具で、「これは買って良かった」と思えたのが、DELFONICSのルーラークリップでした。


  
【 DELFONICSのルーラークリップが使える 】  

 1.DELFONICSのルーラークリップって?

 2.手帳に入れるには最適

 3.ブックマーク代わりにもなるよ







checkmark.png 1.DELFONICSのルーラークリップって?

文具を見るのが大好きで、文具屋さんにいたら半日でもずっといられそうになってしまいます。以前は、けっこう文具を衝動買いしたものですが、結果的にはかなりの量を処分することになったりと、買うのを控えていました。

そんな私が、久々の衝動買いしたのが、DELFONICSのルーラークリップです。
どんなやつかというと、こんなやつです。



手に取った瞬間に、「ありそうでなかったやつだ!」と思ったのです。







checkmark.png 2.手帳に入れるには最適

では、どんな点がありそうでなかったのかというと、とにかく小さくて、薄いのです。

手帳に気軽に使える短い定規がほしいと、ずっと思っていました。
意外に出先で、ちょっとした大きさのものを測りたいという場面が、わりとあったのです。
しかし、持ち運び用の定規と言われるものの多くは、厚みがけっこうあるのです。
手帳は、できるだけ軽く、薄くしておきたいということで、Ashfordの

にしているぐらいなので、わざわざ持ち運び用の定規で、厚みを増したくはなかったのです。

それが、DELFONICSのルーラークリップは、めちゃくちゃ薄いのです。
こんな感じ。

2015062101.png



大きさも、手帳のポケットに入れておけるぐらい。

2015062102.png


まさに、手帳のための定規なのです。







checkmark.png 3.ブックマーク代わりにもなるよ

出先で本を読んだり、手帳にブックマークしたいときにも使えます。
というか、ブックマークに定規がついている感じですね。

2015062103.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ちょっとした物なのに気が利いてる

今回御紹介したルーラークリップは、実に些細なものです。
でも、今までちょっと不満に感じていた隙間を埋めてくれる、気が利いている文具でした。
こういう文具に偶然でも出会えると嬉しいですよね。


情報管理LOG的付箋の持ち運び方

2015042900.png


R-styleで有名な倉下さんが、Google+で「付箋をどのように持ち運んでいるのか?」という記事をあげていました。今回は、情報管理LOGでは、こうしているよ!
という勝手に返歌記事です。


  
【 情報管理LOG的付箋の持ち運び方 】  

 1.付箋を外で使う場面は多い

 2.手帳に入れる

 3.カードケースに入れる







checkmark.png 1.付箋を外で使う場面は多い

今回の記事は、R-styleでおなじみの倉下さんの記事に相乗りさせていただいています。

Google+で倉下さんが、このような記事を発信していました。

2015042901.png


うむ、すごく興味ある!
ブログの記事はこちら↓

R-style » 付箋の持ち運びはどのように
R-style » 付箋の持ち運びはどのように




私自身、すごく付箋が大好きで、常に持ち歩いているものの一つが付箋なのです。
実際、ちょっとしたメモなどは、手帳に書かずに付箋に書くことも多いです。
(手帳は、アーカイブしたい情報を書くことが多い)
また、本を読んでいてブックマーク代わりに使ったり、お礼の言葉を書いて貼ったり、言づてを書き残すのにも使っています。実に使える場面が多いやつが、付箋なのです。






checkmark.png 2.手帳に入れる

さて、「どのように持ち運んでいるのか?」ということでしたので、2つご紹介したいと思います。

1つ目は、手帳に入れるです。
私が愛用しているアッシュフォードのCLAPという手帳の中に付箋を常備しています。

GurisノートからASHFORD(アッシュフォード)に切り替えた - 情報管理LOG

実際は、こんな感じ。

2015042902.png


下敷きの部分に付箋を貼っておいて、いつでも取り出せるようにしています。
この手帳の付箋は、気づいたことやタスクなどを書いておき、あとでWunderlistに入れたり、するための情報の仮置き場的な使い方をしています。

また、上の2種類のフィルム付箋は、手帳にブックマークするための付箋です。





checkmark.png 3.カードケースに入れる

もう一つは、かれこれ15〜16年前ぐらいに、無印良品で買ったカードケースに付箋を入れて常に携帯しています(物持ちが良いのです)。
この型のカードケースが、無印良品からなくなってしまって、大変悲しんでいたのですが、ダイソーでほとんど同じものを発見して、少し安心しています。とはいえ、ものすごく丈夫なので、ほとんど困らないんですけどね。

さて、そのカードケースにこのように、付箋を入れています。

2015042903.png


ノート型の付箋と、ミニ付箋を入れています。
これは、カバンやポケットなどに忍ばせておき、いつでも取り出せるようにしています。
ノート型の付箋とはいえ、7.5cm×5cmというハーフサイズなのですが、これが実に、このカードケースにぴったりなのです。
このノート型の付箋は、手帳が取り出せないときの、簡易メモや言づて、ネタ帳、タスクの書き出しなどに使っています。

ちなみに、蓋の方にあってあるのは、「スイッチ! ― 「変われない」を変える方法」という本に書かれていた、物事を変えるために必要な3つの要素をいつでも見られるようにしています。
イヤでもメモを取るときに見てしまうので、いつの間にか脳に染みついてしまいます。







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 絞ってシンプルに

かれこれ、付箋に関しては、このスタイルを10数年やっています。
その間に手帳は、どんどん切り替わったりしましたが、基本のスタイルは変わらずにやっています。また、カードケースの方に至っては、全く変わらずに使い続けています。

その時々で、ほんの少しずつ使い方が変わることも多少はありましたが、ほぼ一貫してこのスタイルでやっています。
割と飽きっぽい自分が、自然に続けられたというのは、極めてシンプルに徹したことが要因かな?と思っています。

付箋は、日常的に使うものだからこそ、いつでもすぐに使える状態にしておきたいですね。





このカテゴリーに該当する記事はありません。
SEO
loading
情報管理LOG