| TOP |   前のページ現在のページ次のページ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

# Microsoft Pixでスキャンが可能に!




情報管理LOGの@yoshinonです。
最近、静音カメラとして、OneCamと同じぐらい使用しているのが、Microsoftで出しているMicrosoft Pixというカメラです。静音カメラでありながら、標準カメラを上回るかも?と思えるほどの画質の良さや安定感から愛用しています。
そんなMicrosoft Pixが、最近のアップデートでスキャン機能も追加されたということで、いよいよ万能感半端ない感じになってきたというレポートです。


  
【 Microsoft Pixでスキャンが可能に! 】  

 1.Microsoft Pixとは、どのようなカメラか?

 2.スキャン対応に!

 3.実際の使用感は?







checkmark.png 1.Microsoft Pixとは、どのようなカメラか?

Microsoft Pixとは、Microsoft謹製の静音カメラです。



無料とは思えないほど高画質で、レビューサイトによっては、標準カメラよりも画質が良いのではないか?などと言われています。私は、冒頭でも書きましたが、同じく静音カメラのOneCamというのを併用しています。




こちらのOneCamは、軽くてサクサクと日々の記録を残すのに便利なイチオシのカメラアプリです。
Microsoft Pixの方は、若干立ち上がりの軽さはありませんが、画質がとても良いので、標準カメラがわりにきちんと残しておきたいものを撮影する時に使用しています。

最近では、フィルターや編集機能も充実してきており、ゴテゴテとしたカメラアプリは(おじさんなので)疲れてしまうので、Microsoft Pixを使用する機会が増えてきています。




checkmark.png 2.スキャン対応に!

そんな素敵な静音カメラアプリなMicrosoft Pixですが、先日のアップデートでスキャン機能が追加されたというではありませんか!これは、なかなか熱い展開です。




現在、私が最も使っているスキャンアプリは、Reedleが出しているScanner Proです。これは、これで最高に使いやすいです。



しかし、サクッと気軽な感じでスキャンしたい場合は、かなり重宝するような気がします。




checkmark.png 3.実際の使用感は?

さて、実際に使ってみましょう。
どうやら、名刺やホワイトボードを撮影すると、その写真と同時にスキャン画像も保存されるということのようです。なるほど。




名刺を撮影してみます。
カメラを向けた瞬間に、それが名刺だと判断され、スキャナアプリ特有の青い枠が出現します。これは、先ほど紹介したScanner Proと変わらない使用感です。自動シャッターは、なさそうなので、自分のタイミングで撮影します。




特に何か処理をしている感じがしないので、「アレ?」と思うのですが、どうやらかなり高速で処理をしているようです。左下の写真を見るアイコンをタップします。





そうすると、今撮影した周囲の状況が写っている写真と、名刺のみスキャンされている写真が両方保存されていることがわかります。名刺の方を見てみると、こんな感じ。





きちんと、角度補正および、トリミングがされています。

下のメニューの「編集」をタップすると、このようにメニューが変化します。
真ん中の「修正」をタップしてみます。




そうすると、どのようにトリミングするか選択することができます。





さらに、メニューの「エフェクト」をタップすると、あらかじめプリインされているエフェクトから、どのような感じに仕上げるか選ぶことができます。細かな調整はできませんが、まああまり気にせずサクッとやる分には、十分な機能のような気がします。Microsoftすごすぎる…。






eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 通常のカメラが、というのがイマドキ

TwitterやLINEのカメラが、QRコード対応していたりというのは、最近では珍しくなくなってきました。こうやって、今時のトレンドとしては、通常のカメラとしても使えるけど、他の機能も持たせるというのが、流れなのかもしれません。単機能アプリも大好きですが、こうやって考えなくてもオールインワンというのも良いですよね。





BBQで助かる!網滑り止めストッパー

2017091500.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、アウトドアが大好きで、よくキャンプに行くのですが、そこでやることといえば、BBQ(というか焼肉)が多いです。しかし、ちょっとした不満があったのですよね。
ところが、今年の夏に購入したあるモノによって、その不満が劇的に改善しました。
これから秋キャンに行く人も、ぜひこれを買うと良いですよ!どうして、今まで使わなかったんだ!となること請け合いですから。


  
【 BBQで助かる!網滑り止めストッパー 】  

 1.BBQ(焼肉)でのちょっとした不満

 2.網滑り止めストッパーとは

 3.劇的に改善する!







checkmark.png 1.BBQ(焼肉)でのちょっとした不満

上でも書きましたが、私はアウトドアが大好きでよくキャンプに行きます。
で、キャンプと言えば、BBQなわけです。
我が家では、今年、尾上製作所のフォールディングBBQコンロというのを購入しました。
これですね。
2017091502.png




A4ファイルサイズに折りたためるという素晴らしいヤツで、最近ではこれで家でも外でもBBQ(焼肉)をしています。これに関しては、こちらの記事で詳しく書いているので参照してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


私の中では、大変満足しているのですが、1つだけ難点があるとその大きさにあります。私は、純正の金網を使わずに、ホームセンターなどで売っている安い網を使っています。しかし、それだとコンロにハマらずに肉を取ろうとしただけで、ズレてしまいがちだったのですね。こういう不満を持っている方って、案外多そうな気がするのですがいかがでしょうか?

こういう場面…あるあるですよね?

2017091503.png





checkmark.png 2.網滑り止めストッパーとは

さて、そんなちょっとした不満を解消するのが、尾上製作所の網滑り止めストッパーです。
先ほど紹介したコンパクトコンロと同じメーカーが出しているモノです。



実物は、こんな感じ。

2017091502.jpg

2017091504.jpg


「えっ、こんなもの??」と思うかもしれませんが、これが素晴らしくすごいのですよ!
これを、このように使いたい焼き網に装着します。カチッと、簡単にハマります。

2017091506.jpg




checkmark.png 3.劇的に改善する!

さて、これを使うとどうなるかというと、このようになります。
ちょっと見えにくいですが、四つ角に付いているのが分かるかと思います。

2017091507.png



たったこれだけで、今まで焼き網がずれてイラッときていたのが、劇的に改善されます。
現在、570円です。たった、これだけでちょっとした不満から解放されるのですから、安い物です。

しかも、ただずれなくなるというだけではなく、わざとちょっと大きめの焼き網をつけることもできるようになります。そうすると、焼いたものを休めさせたり、少し遠火で焼きたいといったこともできるようになります。ちなみに、100均の網だろうが、何だろうが、大抵の焼き網には、装着可能です。

2017091508.png


アウトドア好きな人は、1つ持っていても損はないですよ!



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ちょっとしたアイデアなんですよね

これ、最初見たときは、イマイチ、ピンとこなかったのですよね。
でも、よく考えてみたら、とんでもなく便利なことに気づきました。こういうちょっとした、スキマ商品なんですが、人々が何となく不満に感じていたことをきちんと形にできるってすごいことだなと思います。
軽いし、小さいし1つぐらい持っていても良いと思いますよ!少なくとも私は、大満足です。





Gmailのメールの振り分け設定を「Delete me」にすると捗るよ

2017091400.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
私は、メインのメルアドをGmailにしています。Gmailには、優秀なスパムブロックがあり迷惑メールには煩わされることは少ないです。しかし、迷惑メールではないものの、業者メールやタイトルだけチェックするだけで、削除するようなメールってありませんか?
私は、毎日ものすごい数のそういう迷惑メールではないものの、削除するメールと戦ってきました。しかし、ある日を境にそういうのが、とても楽になりました。今回は、メールの振り分け設定を見直すことで、画期的にメール処理が早くなる方法です。


  
【 Gmailのメールの振り分け設定を「Delete me」にすると捗るよ 】  

 1.扱いが微妙なメールたちの処理

 2.メールの振り分け設定を「Delete me」にする

 3.ほとんど全てをアーカイブで対応する

 4.月に一度整理する







checkmark.png 1.扱いが微妙なメールたちの処理

Gmailを使い始めて、最初の頃に一番感動したのが、迷惑メールを選り分ける精度の高さでした。今までの迷惑メールとの戦いはいったい何だったんだ…と思えるぐらい楽になった記憶があります。

しかし、そんな快適さも今は昔になり、またもや受信ボックスは大変なことになっています。






その原因は、ハッキリしています。
それは、業者のメルマガ関係だったり、クーポン情報だったりです。
ほとんど目を通す必要は無いけれど、ぱっと見ちょっとだけ見てみたり、タイトルだけチェックすれば済むというものが、ほとんどです。
しかし、中には時々「おっ!」と思うものも混じっているので、一律即削除とはいかないのです。

これらが、メールボックスの「プロモーション」のタブに盛大にたまってしまうのです。毎日、だいたい20~30ぐらいです。

2017091403.png




checkmark.png 2.メールの振り分け設定を「Delete me」にする

今までは、ずっといちいちタイトルや内容を確認してから、即削除したり、アーカイブしたり、スターをつけたりしていました。
しかし、これ自体はそれほど時間はかからないにせよ、確実に時間を奪う原因になっており、1つ1つ判断する際に確実に脳のMP(マジックポイント)を消費していました。

2017091402.png


※脳のMPについては、こちらのツィートが分かりやすいです。





そこで、かなり前から導入していた「Delete me」というタグを大々的に適用してみることにしてみたのです。これについては、過去にも書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


これは、

単に不要なメールや一定期間後に不要になるメールに「Delete me」というラベルをつけておくという方法

です。
こうしておくことで、いちいち削除すれば良いか、アーカイブすれば良いか迷わずに済みますよね?全てアーカイブしてしまえば良いのです。

やり方としては、以下の通りです。

1.メールの返信の横をクリック→「メールの振り分け設定」

2017011003.png




2.検索オプションを設定する

2017011004.png




3.条件の設定

2017011005.png




この方法で、最終的には削除するであろうメールは、全て「Delete me」というタグをつけました。





checkmark.png 3.ほとんど全てをアーカイブで対応する

これの何が気持ちが良いかというと、

全てアーカイブでOK

な点です。

2017091407.png



でも、中には削除しないでおきたいメールもあるのでは?

と思う人もいるでしょう。
そういう場合も、一応全て「Delete me」のタグをつけるようにしています。なぜならば、とっておきたいと判断した段階で、確実に本文などを読んでいるので、その時に「Delete me」のタグを削除すれば良いだけなのです。

私の中では、

最終的に一時的にとっておきたいが、最終的には削除するであろうメールの場合は、「Delete me」を残しておく

どうしても、とっておきたい場合だけ「Delete me」を削除する

というルールでやっています。
基本的には、ザッと受信箱を見て、範囲指定して、即アーカイブという流れで済みます。削除するかしないか、アーカイブすべきかどうか?という点で一切の迷いがなくなるのです。




checkmark.png 4.月に一度整理する

過去記事にも書きましたが、この「Delete me」タグのついたメールは、およそ月に一度、削除するようにしています。

タスク管理アプリの定型タスクに「Delete meをチェックする」というのを入れているのです。

2017011006.png



このタスクが現れたら、Gmailの「Delete me」タグをチェックし、一杯たまっていれば左上のチェックボックスの部分をクリックして、「すべて」を選択します。

2017091405.png



そうすると、「このページ内のスレッド ●件すべてが選択されています。 "delete me" のスレッド ●件をすべて選択」と上のバーに出てくるので、その「"delete me" のスレッド ●件をすべて選択」の部分のリンクをクリックします。

2017091406.png



そうすると、何千件あろうが、全てのメールが選択されているので、そのまま削除してしまいます。





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 即削除されないという安心感

本当にいらないメールならば、振り分け設定で受信箱をスキップして、即削除とか、そもそもそのメール自体を配信停止したりします。しかし、微妙なメールの場合、そうもいかないというもどかしさがあるのですよね。
今回紹介した方法だと、即削除されることはなく、一定期間はアーカイブとして残っているという安心感があります。この安心感が、すごく大事で、結局は消すという行為に対して、躊躇しなくなるのですよね。万が一、復活させることもできますしね(ほとんどないけど)。



iOS11アップデートによって使えなくなるアプリ達と代替アプリについて

2017091300.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日は、「iOS11で動作しなくなるアプリを事前に確認しておこう」ということで、iOS11上で使えなくなるアプリについて確認する方法について書きました。今回は、私のiPhoneに入っているアプリを中心に、使えなくなるアプリと、その代替アプリについてです。


  
【 iOS11アップデートによって使えなくなるアプリ達と代替アプリについて 】  

 1.私のiPhoneで使えなくなるアプリ

 2.新バージョンがあるアプリ

 3.代替アプリ

 4.絶望的な状況のアプリ







checkmark.png 1.私のiPhoneで使えなくなるアプリ

現在、私のiPhoneでiOS11にアップデートした場合、使えなくなるアプリは以下の通りです。およそ、310ほどのアプリが入っているので、他の方々も参考になる部分があるはず、と思っています。

現状としては、34個のアプリが対応不可と出ています。リストとしては、以下の通りです。

Office Mobile
Staccal
コピカン
PoiCa
QuickEverClip
SuperAlbum
Screenpresso
夜空お絵かき
CloudOn
PostEver
WipeWrite PB
Rowline
MergeEver
Timer
Remote
DekaMoji
iWorkspace
ATOK Pad
MoveEver
Auto Ever
Canon CW
RoadMovies
Feed Drop
Textever
TimerCamera
FeedDrop
Textever
TimerCamera
InstaDaily
withEver
MyScriptsLE
PictShare
ViewingFun!
ProCamera
アルバム+
Linker




checkmark.png 2.新バージョンがあるアプリ

新バージョンがあるアプリとしては、以下の通りです。

1.Staccal
Staccalは、順調にStaccal2というアプリにかなり前にアップデートされています。しかし、旧Staccalにあった木目調の壁紙なくなってしまったんですよね…。それだけで、使うのをためらってしまう。





2.PostEver
Evernoteにライフログを取るためのアプリです。きちんとPostEver2というアプリが出ています。





3.MoveEver、MergeEver
Evernoteを整理するためのアプリです。きちんと2がリリースされています。






4.Canon CW
キヤノン製のWi-Fi対応カメラから写真をiPhoneに移すことができるアプリです。きちんと、新しいアプリが準備されています。





5.Textever
新バージョンがあるにも関わらず、旧バージョンも併用していたので、順当に新バージョンに移行。





6.withEver
Evernote検索アプリでした。こちらは、everPostと名称を変えて、同様な機能を備えています。でも、ノートの表示の仕方は、旧バージョンの方が好きだったんだよなぁ…。





7.PictShare
順調にPicportと名称を変えて出ています。








checkmark.png 3.代替アプリ

こちらは、おおむね同じような機能を備えている代替できるであろうアプリということです。

1.Office Mobile
こちらは、Officeアプリそれぞれに分離されたということで、もはや必要ないかな?





2.コピカン
こちらは、アップデートはなさそうなので、同じクリップボード監視アプリとしては、CopyCenter2を爆推ししておきます。このアプリは素晴らしいです。





3.PoiCa
お財布の中の会員証(バーコードタイプ)を入れておけるアプリでした。しかし、今やダウンロードもできずという状況。ほぼ同じ機能を持っている、こちらで代替できます。





4.SuperAlbum、ViewingFun!
Evernoteの写真閲覧に特化したアプリでした。今のところ写真閲覧専用ではありませんが、カレンダーでEvernoteを閲覧できるCalEver(NotesViewer)というアプリで代用しようかと思っています。





5.CloudOn
複数のクラウドストレージをまたいでファイルを扱うことができたアプリです。今や割とこういうのが、できるアプリも多いので困らないかな。代替アプリとしては、Folder Plusというアプリです。情報管理LOG的には、イチオシです!





6.Feed Drop
はてブのチェックをするのにメインで使っていたアプリ。サクサク動いて便利だったのですが、まあ、はてブのアプリで代用するしかないかな。





7.TimerCamera
セルフタイマー付きのカメラだったので、今となっては一杯あります。
代替としては、これかな?





8.InstaDaily
写真コラージュアプリです。これも、今やものすごくあるので、別に困らないですね。ここらへん?





9.アルバム+
写真閲覧アプリでしたが、最近全然使っていなかった!もはや、標準のカメラロールとGoogleフォトで十分なんですよね。






checkmark.png 4.絶望的な状況のアプリ

もはや、新しいバージョンもなければ、代替アプリも考えられないアプリたちです。

1.QuickEverClip
Webページやクリップボードの中身などを簡単にEvernoteに送ることができたアプリでした。

2.Screenpresso
PC上でスクリーンショットを撮ったり、脚注を簡単に入れられるソフトのアプリ版です。実際は、このアプリでできることといえば、iPhoneの写真をPCに送るぐらいの機能しかなかったので、あまり困らないかな。


3.Rowline
モブログをする際に、行毎に入れ替えなどができるアプリでした。最近、あんまり使っていなかったな。


4.AutoEver
なぜ、MoveEverやMergeEverなどが、2としてリリースされているのに、このAutoEverだけがされないのか…。Evernoteを自動的に整理してくれる非常に優れたアプリだったので、残念でなりません。ぜひ、類似のアプリがあれば、教えてください。


5.iWorkspace
こちらは、指定した間隔で次々にアプリを立ち上げてくれるという優れたアプリでした。しかし、こちらも絶望的な状況。
私は、朝のルーティンワークを全て、このアプリに任せていました…orz
今後どうして良いか分かりません。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


6.ATOK Pad
iOSでキーボードを自由に選ぶことができない時代に、ATOKを使うことができたアプリでした。しかし、今やATOKがキーボードとして選べるので、もはや不要と見なされたようです。私は、ちょっとしたメモなどを残していました。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ないと困る!というアプリもあるのですよね…

私の中では、AutoEverとiWorkspace、この2つのアプリがなくなるのは、非常に厳しい状況です。どちらも、他では代替のきかない機能なので、やや途方に暮れています。昨日も書きましたが、あまりにも影響が大きいので、Windowsのような互換モードを実装してくれるのを期待したいところです。




iOS11で動作しなくなるアプリを事前に確認しておこう

2017091200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
いよいよ新型iPhoneであるiPhoneXが登場との噂も高まってきていますが、それに併せて、どうにも都合がよろしくない状況も生まれてきています。それは、iOS11では、32bit対応のアプリは動作しなくなるという問題です。
今回は、皆さんの環境では、どんなアプリが動作しなくなるか?という点についてレポートします。


  
【 iOS11で動作しなくなるアプリを事前に確認しておこう 】  

 1.次期iPhoneが見えてきた!

 2.iOS11では、動作しないアプリの通知

 3.iOS11で動作しないアプリを確認する方法







checkmark.png 1.次期iPhoneが見えてきた!

いよいよApple Special Eventが、迫ってきましたね。
日本時間では、9月13日午前2時から‎だそうです。

Apple Events - Keynote September 2017 - Apple
Apple Events - Keynote September 2017 - Apple




今回のAppleの発表では、新型iPhoneやiOS11、そしてLTE対応のAppleWatchが登場するのではないかと言われています(ほぼ間違いなく)。

特にiOS11では、

 ・ファイルシステムの導入
 ・新しいドックの導入
 ・本格的なマルチタスク化
 ・ARKitという拡張現実を簡単に実現できるようになる
 ・Siriの機能向上
 ・AirPlayの進化


などなど、かなり盛りだくさんに進化が見られるようです。

iOS 11プレビュー - Apple(日本)
iOS 11プレビュー - Apple(日本)








checkmark.png 2.iOS11では、動作しないアプリの通知

さて、そんな注目度の高いiOS11ですが、残念なことに32bitネイティブなアプリは、動作しなくなります。すでに、32bitアプリに関しては、立ち上げるとこのような警告文が表示されたりしているのではないでしょうか?

2017091201.png



iOS10.3.3では「このAppはiOS 11では動作しません」と明確にiOS11で動作しない旨が、明記されるようになってしまいました。どうやら、18万以上のアプリが動作しなくなるようです。まさにAppleによるアプリの断捨離ですね。

もうすでに、AppStoreでは32bit系アプリは、表示されなくなっていて、ダウンロードもできなくなっています。




checkmark.png 3.iOS11で動作しないアプリを確認する方法

とはいえ、現状のiOS10に入っているアプリに関しては、削除しない限りは、今は使えています。しかし、iOS11にアップデートすると、それらは一切使えなくなってしまうのです。これは、ゆゆしき自体ですよね。

では、どれが32bit系アプリなのか確認したいですよね?
これらは、以下の手順で調べられます。

設定 → 一般 → 情報 → App

で確認できます。

2017091202.png

2017091203.png

2017091204.png

2017091205.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 もう手に入らないアプリが多くて困る

正式にiOS11にアプリ側が、対応してくれるのが一番ですが、残念ながらすでにアップデートが停止やしばらくなかったり、64bit対応の新しいアプリをすでにリリースしていたり(古いバージョンのを使いたい)という感じで、このままいけばかなり困ってしまうことが予想されます。
ほとんど起動していなかったアプリならば、まだ諦めもつきますが、これが毎日起動していたアプリならば、ダメージは甚大なんですよね…。さて、どうしたものか。
Windowsみたいに、互換モードみたいにエミュレーションしてくれる機能を盛り込んでくれると、ありがたいのですけどね。





SEO
loading
情報管理LOG