FC2ブログ
| TOP |   前のページ現在のページ次のページ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

使いづらいiTunesを使わずにファイルを転送するいくつかの方法

2018081000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
iTunes使ってますか?
私は、この頃めっきり使わなくなってしまいました。
だって、重い上に直感的でなく使いづらくないですか?
初期のiTunesのワクワク感ももはや失われて久しいですし。というわけで、できるならばiTunesを使わないで過ごしたいと思っています。そこで、iTunesを使わずにファイル転送などをやれるならやろうということをしています。今回は、iTunesなんかよりよほど良いファイル転送方法についていくつか紹介していきます。


  
【 使いづらいiTunesを使わずにファイルを転送するいくつかの方法 】  

 1.iTunesがひたすら使いづらい

 2.iCloudドライブを使う

 3.クラウドストレージを使う

 4.DocumentsのWi-Fi転送を使う







checkmark.png 1.iTunesがひたすら使いづらい

まずは、iTunesに対する文句から。

皆さんは、iTunes使ってますか?

私は、上でも書いたように、しばらくiTunesを使っていません。

2018081001.png


iTunesって、とても使いづらくないですか?

CD一枚焼くにしても、素人さんだったらどうやれば良いか全く理解できないはずです。ましてやiPhoneやiPadなどのアプリにファイルを転送するとか、直感的になど到底ムリレベルなぐらいに、

非直感的操作感

だと思わざるを得ない感じだからです。
昔から使い続けている人だったら、「こうかな?」ぐらいに想像を働かせて使うことはできますが、そうではない人には、無理目な相談というものです。

初期の頃のシンプルにして、誰でも分かりやすいUIからほど遠く遥か銀河の彼方に来てしまった感はありますよね?

2018081002.png




checkmark.png 2.iCloudドライブを使う

というわけで、iTunesを使わずにファイルを転送する方法の1つ目は、iCloudドライブを使う方法です。

iOS11になってから、ファイルという概念が導入されましたよね。以前は、アプリ毎にデータを入れなくてはいけなかったのを、WindowsやMacOSと同じようにファイルはファイル。アプリは、アプリと区別できるようになったのです。

そういうわけで、これを使うと、ファイル転送が捗ります。

まずは、iCloudにブラウザでアクセスしましょう。

iCloud
iCloud





iCloudのアカウントでログインすると、このように画面が出てきます。
その中にiCloud Driveというアイコンがあるので、それをクリック!

2018081003.png



そうすると、なにやら見慣れた画面が出てきますね。Keynoteならば、Keynoteのフォルダに直接データを入れれば良いし、PDFだったら対応するアプリのフォルダに入れればOKです。もしも、そういうのがなければ、新しいフォルダを作成してもOKです。
今回は、新しいフォルダを作成してみましょう。

2018081004a.png

2018081005a.png



新しいフォルダを開いて、その中にファイルをドラッグ&ドロップで入れます。これは、通常のファイルを扱う感覚と同じで直感的ですね。
今回は、エクセルとパワポ、そしてPDFを入れてみました。

2018081006.png



iPhoneの「ファイル」アプリからアクセスしてみましょう。

2018081007.png



ブラウズからiCloud Driveを開いてみましょう。

2018081008.png



ちゃんと「実験」というフォルダできていますね!
そこをタップして開きます。

2018081009.png



ちゃんと3つデータが入っています。

2018081010.png



ちなみに、PCでファイルを入れたらリアルタイムでファイルが転送されてくるので、めちゃくちゃ便利!

2018081011.gif



試しにPDFを開いてみます。PDFだったら直接開くことができます。

2018081012.png



共有Extentionから他のアプリに送るのもできますね。

2018081013.png



エクセルやパワポの場合は、タップすると該当のアプリが立ち上がります。



checkmark.png 3.クラウドストレージを使う

まあ、これは一般的なやり方ですよね。
やりかたについては、もはやいちいち説明しなくても良いかと思います。

私は、現在のところ、Googleドライブ、Dropbox、OneDrive、Box.netの4つを主に使っています。

使用頻度としては、

Googleドライブ>Dropbox>>>OneDrive>Box

みたいな感じですね。




checkmark.png 4.DocumentsのWi-Fi転送を使う

最後は、DocumentsというアプリのWi-Fi転送を使う方法です。
Documentsとは、万能ファイル管理アプリです。無料なので、入れておいて損はありません。



このDocumentsが、つい最近アップデートでWi-Fi転送というのができるようになりました。これによって、Documentsによるファイル管理に隙がなくなったと言えます。
これについては、過去記事でも書いているので、参照してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

まずは、PC側のブラウザでこちらにアクセスします。

Wi-Fi Transfer
Wi-Fi Transfer




すると、こういうQRコードがついたサイトが出てきます。ブックマークすると良いですよ。





次にiPhoneまたは、iPadのDocumentsで「サービス」をタップ。





「Wi-Fi転送」という項目をタップ。





バーコードリーダーが起動するので、先ほどのPCのブラウザに表示されているQRコードをスキャンしましょう。





すると…このように接続されます。





PC側からiPhoneのDocumentsに入っているデータが見えます。PCからデータを送る場合は、「アップロード」というボタンをクリックします。




そして、送りたいファイルを指定すると…ちゃんとiPhone側に転送されます!





Documentsに送ることができれば、あとは共有Extentionから自由に他のアプリに転送できます。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 iTunesは、歴史的使命を終えたのかもしれません

ファイル転送などを担っていたiTunesというソフトは、もはや歴史的使命を終えつつあるような気がします。Appleもそれほど力を入れているように見えないしね。iOSのバックアップなども、iCloud上でできてしまえることを考えると、あとはiTunesストアのみぐらいしかないような気もしてます。しかし、それさえもiOSからできてしまえるので、iTunesの役割がいかに微妙かが分かりますね。
とはいえ、なくなってしまうともったいないような気もするので、もう少し延命してもらいたい気もしますけどね。


31年ぶりの新刊というパワーワード!!



Kindle月替わりセールからオススメ本を選んでみたよ

2018080900.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
8月になってから少し経ってしまいましたが、Kindleの月替わりセールからオススメ本をセレクトしてみました。Kindleの月替わりセールって玉石混交なんですよね。でも、読むと面白い本は、けっこうあったりするので安い時に購入して、どんどん読んでしまいましょう!





checkmark.png Kindle月替わりセールからオススメ本を選んでみたよ


ルポ 消えた子どもたち 虐待・監禁の深層に迫る

先月ニュースになった痛ましい事件がありました。
しかし、ニュースになるのは、ほんの一握りで実際はニュースにもならず消えてしまう子どもたちは多いのです。この本は、NHK特集でも取り上げられた児童の虐待について書かれた本です。テレビでは取り上げられなかった多くの事例と、どうしてそのような琴が発生してしまったのかということを当事者も含めて深掘りしています。
ここに書かれているのは一例ですが、実際にはもっと軽度な虐待も含めて、もっと多いのだろうなと思わされます。なお、巻末に虐待を発見したときにどうすべきか?ということも書かれていますので、参考までに。




「学力」の経済学

情報管理LOGでは、何度も取り上げさせていただいている本です。
先日、大阪の市長さんが、全国学力テストの結果を受けて「万年最下位でいいと思うなよ」と学校の管理職や教職員の人事や給与にテスト結果と連動させて反映させるなどという愚かしいことを言っていましたね。




こういう愚かな人は極端な例なのですが、それでも日本の教育行政というのは、基本エビデンスなき思いつき政策が多すぎます。この著者の中室牧子氏は、そういう科学的な論証無しに、教育政策を行うことについて非難しています。この本では、子どもの学力を上げるには、どうすれば良いか?ということについて、経済学的手法を用いて分析し解説しています。もうそろそろ、日本の行政もこういう発想になっていかないかな?と思ってしまいます。




不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100

実は、この本は1992年に刊行された古めの本です。
しかし、最近話題の行動経済学や認知心理学などと深い関わり合いがある内容になってします。人間が陥ってしまいがちな認知的なバイアスには、どのようなものがありどういう傾向があるのかについて丁寧に事例を挙げながら解説しています。これを読むだけで、自身の思考が陥りがちな問題について、かなり知ることができるはずです。

【併せて読みたい】








定本 黒部の山賊

山岳ものとか割と好きなんですよね。なので、ちょっと渋いセレクトですが、これも入れておきます。北アルプスの最奥部における山賊などにまつわる数々のお話です。けっして作り話などではなく、実際にあった話なので、それ自体でも驚きます。実際に山賊が近年までいたという事実にもさることながら、山小屋での生活など興味がそそられる内容が満載です。以前は、山小屋のみでしか手に入らなかったという名著が、Kindleでも読める幸せ。



ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難

同じく山ものです。
このヤマケイ文庫ドキュメントというのは、シリーズ化されておりたくさんあります。
山における事故は、どうして起きるのか?ということに絞り、科学的かつ具体的な事例をもとに解説しています。
最近は、山に気軽に登る人が増えて活況がありますが、しかし「山は山」なんですよね。つい忘れがちになってしまう山の怖さについて、しっかりと再認識させてくれる良本です。ちなみに、この本は、山の事故において最も多いとされる気象の変化による遭難や事故について書かれています。夏山は、楽しいですが、ぜひともこういう本も読んで、しっかりと心の帯をきつく締めて楽しみたいですね。




パワー・クエスチョン 空気を一変させ、相手を動かす質問の技術

この本も何度か情報管理LOGで紹介させていただきました。
この本は、単なる質問術の本ではありません。質問という行為を通して、問題の本質をえぐり出したり、相手の意図を深くまで知るために行うのが、「質問」であるということなのです。ただ単に意味のない質問を繰り返し、相手の時間を奪うよりも、きちんと本質に切り込んでいくことができる1つの質問ができる方が、何倍もましなのです。そういうテクニックや考え方について書かれています。




未来に先回りする思考法

まさに巻頭に書かれているこの文章がこの本をよく言い表しています。

「実際に空を飛ぶ機械が、数学者と機械工の協力と不断の努力によって発明されるまでには、百万年から一万年かかるだろう」 ニューヨークタイムズにこのような社説が載ったのは、ライト兄弟が人類で初めて空を飛ぶわずか数週間前のことでした。

今に生きる私たちも、この話を笑うことはできないでしょう。

iPhoneが発売されたとき 「赤外線がないなんて流行らない」「おサイフケータイが使えないなんて不便」 と多くの人が言っていたことを、 Facebookが日本に進出したとき、 「実名性のSNSは日本人の気質には合わないので普及しない」 と多くの「知識人」が言っていたことを、私たちは都合よく忘れています。 人間は本来、未来を見誤るものなのです。

Amazon.co.jp: 未来に先回りする思考法 eBook: 佐藤航陽: Kindleストア


私たちは、未来を誤って捉えがちなのは、なぜなのか?
そして、一握りの成功している企業や人は、なぜ未来を見通すようなことができているのか?

その考え方の一端を知ることができる本です。
単に「生存バイアスなんじゃないの?」と言ってしまうのは簡単ですが、そうとも言い切れないよなと思える考え方が多数載せられています。批判するのは簡単ですが、まずはその考え方に触れてみるのも悪いことではないですよ。




やってはいけないデザイン

最近この手のノンデザイナーのためのデザイン本って増えてきましたよね。
でも、悪い傾向では無いと思っています。少なくとも今まで素人同然だった人が、デザインを意識してできるようになるというのは、一つの技術なんですから。実際に素人であっても、チラシの作成やプレゼンを作成しなくてはいけない場面というのは、多いはずです。その時に使える実践的な知識として知っているのと、知らないのとでは、結果は全く違ってきます。そして、やってみると分かるのですが、プロのデザイナーは、やはりプロのデザイナーなのだということです。
まずは、素人から抜け出すための実践的な本して読んでみましょう。

【併せて読みたい】




電気代500円。贅沢な毎日

この本は、節約本ではありません!
むしろ、節約本として読んだら大変な事になってしまいます。むしろ、極端な暮らしの例として読むのが正解なのではないでしょうか?しかし、この方の生活の有り様から、自分の生活を見直してみるヒントはたくさん感じられるはずです。

なぜ、それを使わなくてはいけないのか?
なぜ、それを買わなくてはいけないのか?

そういう当たり前だと思っていた日常を問い直すための本なのだと思います。極端だけどね。でも、面白いです。




封印作品の謎 テレビアニメ・特撮編

最後は、テレビで一度放送されながらも「問題作」として二度と世に出ることがなくなった作品について丁寧に調査したルポタージュです。私の年代では、「ウルトラセブン 12話」が、封印作品にあたりますね。
これについては、この記事を読むと分かりやすいかもです。

『ウルトラセブン』第12話は、封印すべき作品だったのか? “アンヌ隊員”に聞いた
『ウルトラセブン』第12話は、封印すべき作品だったのか? “アンヌ隊員”に聞いた




この著者は、元新聞記者ということで、だからこその丁寧な調査なのだということが理解できるはずです。単なる色物本というくくりで考えてはいけない本です。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 古くても良い本は、良い本

毎日めまぐるしく移り変わる情報に晒されていると、古い情報は良くないという気持ちになりがちになってしまいます。しかし、本当に良い本というのは、時代を経てもやっぱり良い本なんですよね。むしろ時間が経った方が、きちんとふるいにかけられて良いモノだけが残っていたりします(歴史に埋もれてしまう良本もかなりあるけどね)。
刊行年が古いから読む価値なしなどと性急に判断しないで、まずは目を通すというのがあるべき本読みの姿かもしれません。


iPhoneに手書きキーボードを標準の機能だけで追加する方法

2018080800.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日は、Google翻訳を使って読み方の分からない漢字を手書きで入力する方法について書きました。今回は、さらにiPhoneの標準の機能のみで、漢字を手書き入力する方法についてです。


  
【 iPhoneに手書きキーボードを標準の機能だけで追加する方法 】  

 1.読み方の分からない漢字を手書き入力したい

 2.iPhoneに手書きキーボードを追加する

 3.実際にやってみる







checkmark.png 1.読み方の分からない漢字を手書き入力したい

最近は、音声入力も大分浸透してきたみたいで、私の周りでもやる人が増えてきました。私は、LINEの入力とかだるいときには、音声入力でやっていたりします。

こんな風に自分の頭の中の文章を入力するのには、iPhoneの場合、音声入力や通常のキーボードなどで入力できます。しかし、他の人が書いた文章などを引用したりするときなどに読み方の分からない字があったときには、かなり難儀してしまいます。

例えば、前回取り上げた

繊芥

という漢字ですが、「せんかい」と読みます。
しかし、通常のキーボードでは、変換候補にすら出てきません。




うむむ。
そこで、前回はGoogle翻訳アプリを使って手書きで入力するというワザをご紹介いたしました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

しかし、もっと簡単な方法はないものかと色々探ってみたらありましたよ!
しかも、iPhoneの標準の機能の範囲でできるではありませんか。




checkmark.png 2.iPhoneに手書きキーボードを追加する

というわけで、さっそくやってみましょう。

1.設定→一般→キーボード
「設定」→「一般」→「キーボード」でキーボード設定を開きます。

2018080801.png

2018080802.png



2.キーボードの追加
「キーボード」をタップ。

2018080803.png



そして、「新しいキーボードを追加」をタップします。

2018080804.png



3.「中国語(簡体字)」を選択
一覧の中から「中国語(簡体字)」を選択します。私の場合は、推奨キーボードに出ていますが、そうでない場合は、一覧から選んでください。

2018080805.png



4.「手書き」を選択
色々ありますが、その中の「手書き」を選択してください。

2018080806.png



これで準備完了です!




checkmark.png 3.実際にやってみる

では、実際に使ってみましょう!
キーボードの地球アイコンを長押しすると、キーボード選択になるので、そこで簡体手写(中国の簡易漢字で表記されてます:画像参照)と書かれているキーボードを選択します。

2018080807.png



手書きパットっぽい画面に変わります。

2018080808.png



ここに手書きで入力してみましょう。まずは、「芥」という字。
間違いなく、サクッと入力できます。

2018080809.png



情報管理LOGの「情」でやってみましょう。
これも、あっさりできてしまいます。

2018080810.png



数文字分だったらどうでしょうか?
二文字だと…できますね。

2018080811.png



三文字だったらどうだ!
あっさりできた!

2018080812.png



見て分かると思いますが、相当汚い字でも余裕で変換できますね。素晴らしいです。
ちなみに、漢字、アルファベットはOKですが、ひらがな、カタカナは、変換不可です。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 標準のキーボードならば便利!

PCだとATOKに手書きキーボードが入っているので、どうしても読み方が分からない場合は、これでやることも多かったのですが、iPhoneだと面倒なんですよね。そういう意味では、標準のキーボードで実現できるという点では、大いにありですよね。




iPhoneで手書き文字を変換するならば、Google翻訳が使えるよ

2018080700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんは、読み方が分からなくて変換に難儀したことってありますよね?
そういう時は、どうしていますか?色んな方法が考えられますが、その中でも最近自分の中でヒットしているのが、Google翻訳を使うという方法です。

えっ、なぜにGoogle翻訳??

と思う人もいると思われますが、まあ読んでみてください。


  
【 iPhoneで手書き文字を変換するならば、Google翻訳が使えるよ 】  

 1.読み方が分からない文字を変換に困る

 2.手書き文字変換アプリでは?

 3.Google翻訳を使う方法







checkmark.png 1.読み方が分からない文字を変換に困る

皆さんは、こういう経験はないでしょうか?

これ、打ち込みたいけど、なんて読むの?

とか

読み方が分からないので、検索したいけど、そもそも読み方が分からないから変換できない…。

などなど。

つい最近読めなかったのは、これですね。

繊芥

「せんかい」と読むのですが(読めなくはないのだろうけど)、iPhoneのATOKで変換しても
出てこなかったのですよね。そのため、意味も調べられないという。

2018080701.png



ちなみに、Google様のキーボードアプリであるGboardでもこんな感じ。

2018080702.png



そして、iOS標準のキーボードでもこんな感じ。

2018080703.png



でも、ちゃんと辞書で調べると、こうやって意味が出てくる…。うむむ。そもそも「芥」という字は、「かい」で打っても変換されないし。

…みたいな経験ありますよね?




checkmark.png 2.手書き文字変換アプリでは?

手書き入力アプリでは、MetaMoJi Corporationのmazecというアプリが有名ですよね。ちょい高いのが玉にきずなんですけど。



こんな感じで、いい加減な書き方をしても、高精度に変換してくれるというスグレモノです。まあ、これ1本あれば大丈夫でしょう。ぐらいの信頼度はありますよね。

なので、手書き文字入力アプリをお探しの方は、これをキーボードアプリに設定すると、万事解決となります。

2018080704.png



checkmark.png 3.Google翻訳を使う方法

とはいえ、ありきたりでは面白くないので、軽くて無料で使えるGoogle翻訳を使って実現してみたいと思います。これ、裏技的なんですが、意外に使えるのですよ!

Google翻訳というアプリは、これです。




これ自体、めちゃくちゃ面白いアプリなので、入れて損無しですので、この機会に入れちゃてみてください。
過去記事でも取り上げていますので、こちらも参照してみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


Google翻訳で手書き文字入力するためには、

日本語から日本語

にします。ちょっと裏技っぽいですよね?

言語のところをタップすると、

2018080705.png



翻訳する言語選択の画面になるので、ここで日本語を選ぶのです。

2018080707.png



そして、ペンのアイコンをタップすると、手書き入力になります。あとは、文字を指で書くだけです。
かなりいい加減な文字でも認識してくれるのは、さすがGoogleといったところですね。

2018080708.gif



翻訳された文字は、この部分を長押しすると、クリップボードにコピーされるので、他で利用するのも楽ですね。

2018080708.png


ちなみに、「繊芥」の意味は、こんな感じです。

2018080709.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Google翻訳は、スゴアプリです

Google翻訳は、海外に行く予定がなくても入れておくと何かと使えるスゴアプリだと私は思っています。特に過去記事でも書いたように、カメラで英語の文字を捉えるだけで、その場で翻訳してくれるのは、未だに未来感あります。

とはいえ、手書きで文字入力する方法は、実はこれだけではなかったりするので、これについては、明日も続きます。




「映像研には手を出すな」を今さらながら激推ししたい

2018080400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
マンガ大賞2018で第9位を受賞した「映像研には手を出すな」ですが、皆さんがお読みになりましたか?

私は、遅まきながらも先月、全巻購入し読みました。そして、久し振りに激推ししたい作品だと思いました。というか、もっと早くに読めばよかったと思うぐらいでした。期を逸した感満載ですが、あえて今さらながら、この作品について語って観たいと思います。



  
【 「映像研には手を出すな」を今さらながら激推ししたい 】  

 1.登場人物と舞台設定

 2.「映像研に~」は、スクールオブロックだ!







checkmark.png 1.登場人物と舞台設定

まずは、登場人物から。2巻までの主な登場人物は、女子高生3人しかいません。そして、この漫画は、(2巻までは)3人を中心に進んでいきます(3巻からは、4人…かな?)。
まず一人目は、浅草みどり。
とにかく小さいころから設定を描くことにのめり込み、ことあるごとに空想を膨らまし、それの設定を描きまくります。でも、人前に出たり、人と関わるのが苦手なタイプ。

2018080401.png




二人目は、金森さやか。
浅草の同級生でお金にうるさく、姉御肌的な部分がある。あとで触れますが、人心掌握術に長けているところがポイント。そして、背が高い。

2018080403.png
2018080404.png



三人目は、水崎ツバメ。
財閥令嬢で、さらにカリスマ読モという非の打ち所のないお嬢様。親と同じく女優を目指せとずっと言われています。しかし、彼女がやりたいのは、アニメーションを作る(というより作画)こと。

2018080402.png



このかなり個性的な三人が、高校で映像研をつくり、アニメーションの作成に打ち込んでいくというお話なのです。
ちなみに、舞台となる高校は、こんなところにあります。建て増しにつぐ建て増しで、構造が複雑すぎる建物になっています。

2018080405.png




checkmark.png 2.「映像研に~」は、スクールオブロックだ!

他でも指摘している人も多いのですが、この三人の組み合わせというのが、絶妙なんですよね。役割分担と言うべきか。

浅草さんは、監督兼演出的役割を果たします。

2018080406.png



水崎さんは、作画兼演出的、そして広告の役割を果たします。

2018080411.png



そして金森さんが、プロデューサー的役割という実際の映像制作においても重要な三本の柱をちゃんと割り振っているのですよね。

2018080408.png



それぞれにスペックは十分に高いものの、それを十分に生かし切りまとめあげるためには、各々が各々を必要とするというのが、この「映像研に~」の特徴なんです。だから、彼らは「いつから友達なの?」という問いに対して「仲間です」と答えるのです。

2018080409.png



スクールオブロックという映画を観たことはあるでしょうか?




まあ、ハチャメチャな映画で最高に楽しいのですが、ザックリとあらすじだけを書くと、子どもたちが偽物の先生によって、ロックを学び、クラス全員でロックミュージックコンサートを披露するというものです。この映画の重要なところは、クラス全員が演奏家ではないというところなのです。衣装を担当している者もいれば、マネージメントをやる者もいるし、照明や演出を担当する者もいる、ところなのです。

実際の音楽の現場だって、そのように細分化され、それぞれの立場によって音楽に関わっていることから考えると、ハチャメチャなストーリーのように見えますが、実はとても理に適っていると思うのです。

最初のうちは、お互いの存在が未分化な状態だったのが(唯一の例外が金森さんなんだけど)、次第に制作を通して関わっていく中で、自分の立場や役割を自覚していくというのは、なんだか気持ちよいのですよね。

これは、金森さんに言われて、ピンチのためにやる気を失いつつあった浅草さんをたきつける場面。こういうのも実際のプロデューサーの仕事としてありますよね?

2018080410.png



どんなに天才的な才能があれども、それを活かす人がいなければ腐ってしまうこともあります。お互いの不足を補うのではなく、お互いに活かし合っているからこそ良いモノができてしまうという制作の現場のリアル感がこのマンガの醍醐味なのです。

私の好きな台詞は、水崎さんのこの台詞です。
どうして、それを表現しなくてはいけないのか?その内から湧き出るものが、この台詞に凝縮されています。

2018080407.png




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 というわけで激推し作品です

最初は、ちょっとだけ抵抗感があったのですが、読んでみて180度態度が変わりました。それぐらいインパクトが大きい作品でした。ネット上の批評文なども読みましたが、マンガの台詞の入れ方など技法的な部分への言及が多く、内容に踏み込んでいるものが少なく感じたので、あえて書いてみた次第です。
そういうわけで、まだ私と同じでなんとなく避けていた人は、今すぐ読んでみましょう!

ちなみに3巻からは、映像作りの要素として欠かすことのできない音響が加わってきます!これまた面白い!



SEO
loading
情報管理LOG